So-net無料ブログ作成
検索選択

新聞を読む子は学力が高い!? [社会]

新聞公正取引協議会という所から新聞折込広告が入っていた。(よく見かける『わたしたちは新聞営業のルールを守ります。』という例のやつである)そこに興味深い内容があったので引用させていただきます。

新聞を読む子は学力が高い!
9.7ポイントの差は、2016年度の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)で出た学力差です。新聞を「ほぼ毎日読んでいる」子は、「ほとんど、または、全く読まない」子より、小学6年生『国語B』での平均正答率は9.7ポイント高かったのです。新聞を読む頻度に比例した正答率の差は、すべての科目で出ています。全国学力テストと同様、新聞を読む頻度が高くなるにつれて、総合読解力の点数も上がる傾向は、経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査(PISA)でも明らかです。2015年のPISAでは、日本の読解力は、前回の4位から8位となり、平均点も低下しました。成績の層をみると、下位のグループの割合が増えている点も気がかりです。読解力向上は依然、大きな教育課題となっています。

とのことである。私なんかは「そうかぁ?」と疑問に感じる。てか、下位グループの割合が増えている点の方が気になった。私は学生時代・・・小・中・高・大と新聞を読んだこともなかった。就職活動の時期だけ「日経新聞」を毎日読んだ程度である。(「じゃけぇ、ダメなんじゃぁ!」前の上司の口癖が思い出される。)私たちの同級生の中で優秀な子は毎日毎日「漫画」ばっかり読んでいた。私の人生経験の中では「漫画」を読む子の方が学力が高い!とさえ感じる。

まぁ、新聞を売りたい側の記事なので、そういうことにしておこう。しかし、下位グループの割合が増えているのは・・・ゆとり教育から、その後修正されているとはいえ、学校教育が下位グループ(出来ない子)に合わせているからなのではないだろうか?私たちの時代(30~40年前)はそうでは無かった。出来ない子は放っておかれた。向上心や努力する力を養わせるためだったのかもしれない。出来ないからといって騒ぐ奴は頭を叩いたり「出て行きなさい!」と先生が愛のムチを打ち付けたものである。


まぁこれから子供に新聞を読ませようとしておられる方に参考になればと思い、私の人生なりの感じた新聞の傾向をメモとして残しておきます。右翼(国家主義というのか全体主義というのか)と左翼(個人主義というのか共産主義というのか)と中立(グローバルというのか、経済主義というのか)に分けて左から右へ行く程その差があるということで・・・

朝日新聞(左翼)→毎日新聞(準左翼)→日経新聞(中立)→読売新聞(準右翼)→産経新聞(右翼)

地方新聞はニュースソース(情報源)にもよりますが準左翼の傾向が高いです。どの新聞を読ませるかによって、その子の思想や将来も左右しかねないので新聞を選ぶ時は慎重に!

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0