So-net無料ブログ作成
検索選択

ROCK YOU [精神世界]

新聞を読んでいて面白い記事を目にした。

『ROCK』(ロック)という英語には、思いっきり楽しむ、心揺さぶられるという意味があるらしい。(40年生きてきて初めて知った[あせあせ(飛び散る汗)]

私は『ROCK』というジャンルの音楽は大好きであるが、心(魂)が揺さぶられるから好きなのかもしれない。

あなたは自分を思いっきり楽しんでいるだろうか?

江戸っ子ではないが『宵越しの銭は持たねぇ!』の如く、『宵越しの命はいらねぇ』というのは極論だが『いつお迎えが来ても結構』的な生き方をしているだろうか?

何故ならいつお迎えが来るか誰にも分からないからである。

いつも不思議に思うのだが、眠りについて次の日、目が覚める。これって奇跡のような出来事だと。

寝て目が覚めない(永遠の眠り=死)も日々あり得るのである。

ということは今の瞬間瞬間を思いっきり楽しんで生きていないと・・・いつお迎えが来るか分からないこの奇跡のような人生がもったいない。

『宵越しの後悔は持たず』に今を思いっきり楽しもうではないか!

Rock you!

 

※Long Live Rock'n'Roll↓を演奏する内の二人は既に亡くなっている。

http://www.youtube.com/watch?v=Rcg_IkyCK00

Long Live Rock 'n' Roll

Long Live Rock 'n' Roll

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal/Polygram
  • 発売日: 1999/04/27
  • メディア: CD

DCF_0005.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何のために生きる? [精神世界]

私達は何のために生きているのだろうか?

これは死ぬまでのテーマかもしれない。

でも、ふと答えのようなものを滅茶苦茶忙しいなかで感じた・・・

『人は食べるために生きている!』

至極当然であるが真実かもしれない。

アンパンマンの歌にもある真理・・・『食べなければ死んでしまう!』

食べるために働く。

食べることができることは『感謝』である!

食物(動物・魚・野菜)があることに感謝!

それを加工してくれる人に感謝!

それを料理してくれる人に感謝!

食することが出来ることに感謝!

・・・ということは・・・感謝する経験のために生きているのかもネ!

 

生かしていただいて、有難う御座います!

-4d523.jpg


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

結果より過程 [精神世界]

私は以前『結果』しか見られない(評価されない)会社に約10年存在した。

今、思えば面白い会社であったが、『結果』より『過程』の方が大事なのでは?と今(当時も思っていたが)は思う。営業会社で歩合制だから致し方ない。

『結果』は既に『過去』である。

『過程』は常に『今』である。

 

人間はいつか『死』を迎えるのである。

その『死』という結果だけを見ればただ虚無な感じであるが、その人が生きた『過程』というのはもの凄く山アリ谷アリの起伏ある(気持ちのこもった)人生である。

他人というものはある1点しか見ていないものである。

それも仕方ないことである。

その瞬間しか接点がないからである。

でも私と共にいるもう一人の私は四六時中一緒にいるので嘘がつけないし苦楽を共に生きている。

日々考え悩み行動し、反省し、感謝もし、また繰り返す。

その過程を手出しは出来ないが、ずっと見守っているのである。

その過程の『行動』や『思い』が宇宙空間に発するエネルギーとして大事だと思う。

 

残り少ない限られた人生、良い行動、良い思いを発信していこうではないか!?

 

昔流に言うと『お天道様(おてんとさま)が見ている』であるが・・・

今流に言うと・・・

やはり、『内在神』が見ているであろう!

-d4bbf.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

物はなくても豊かな心 [精神世界]

私の母が毎朝、NHKの連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』を見ている。

http://www9.nhk.or.jp/gegege/

漫画家、水木しげる氏夫婦の物語である。

母が言うには『懐かしい』『あの頃を思い出す』『物やお金は無くてもがんばって生きていた時代』だという。

私が質問してみた。

『その頃、自殺する人っておった?』

母『聞いたことないし、今みたいに年間3万人とかいう時代では無かった。』

私『関東では1日に一人の計算で飛び込み自殺があるらしいよ!』

~友人が書くブログで『電車が止まり足止めをくらった』という内容の記事から調べたことがあった。

私が小学校の頃、近くの線路で置石のいたずらがあり、その頃先生から聞いた。

電車を止めると何千万というお金をお父さんやお母さんが払うことになる!と。

今では億の単位ではないだろうか。

電車自殺する人はそんなことすら考える余裕もないのだろう。

また、轢くはめになる運転手はトラウマになるとか、肉片を処理する人たちもしばらくはご飯が食べれないとか。その現場を見ないまでも足止めを受ける何万人の人たちの迷惑など。

母『今は物はあっても心が貧しいねぇ・・・』

その通りである!

私が思うに・・・神様はそんな貧しい心の人をリセットする時が来るのではないだろうか?と。それが結局のところ私が研究してきた『2012年』なのかもしれない。

DCF_0005.JPG


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

自分に恋すること [精神世界]

職場の若い女性が年下男性に恋をしているおノロケ話を楽しみに聞いている。

毎回、聞く度にそれが片思いであろうが、誰かに『恋』することは大事だなぁと思う。

『ラブ[黒ハート]ラブ[揺れるハート]』オーラなるものを発し、仕事も張り切ってくれているから微笑ましい。

彼女にとっては『過去』でもなく『未来』でもなく、まさに『今』を生きているのではないだろうか?

 

毎年3万人を越える自殺者があるが、『恋』をしていたらそんな数にはならないのではないだろうか?

失恋が原因でということだってあるかもしれないが、たとえ失恋したとしても『自分自身』に恋してたら『こんな素敵な私を振るなんてなんてかわいそうな人なの!』と切り替えが出来ないものだろうか?

ここで『自分自身』に恋をする運動を起こしたいぐらいだ!

私も自分が好きになれない時があった。

いろいろなコンプレックスがあった。

引きこもりの時があった。

どん底の時代があった。

しかし、ある友人からお洒落や髪型などのアドバイス、ブログについてや先祖供養に至るまでいろいろな意見交換をしてくれた。

そして『自分自身』が好きになっていった。

今の『自分自身』を好きになれば、過去も変えられることがわかった。

後悔ではなく『今』に至るまでの無くては氣付かない重要な回り道だったということ。

 

自分の中にはもう一人の自分がいる(二重人格という意味ではなく)と考えると・・・

そのもう一人の自分を好きになるとか、楽しませるとか、喜ばせるという感覚だろうか?

そのもう一人の自分とは内在神にも通じるので、大いなる存在とも通じるのである。

自分に恋をすると、自傷(自殺)行為も減ると考えるのは私だけだろうか?

DCF_0005.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感