So-net無料ブログ作成
検索選択

LED照明 [社会]

私が勤めるお店が店内全てLED照明に変わって1ヶ月。

非常に心地よい明るさであり、電気代も削減できるというのが大きい。

そこで私の部屋もLED照明に変えた。

今まで20Wの電球を2本点灯させていたから合計40Wの電力を消費していたが・・・

今後は何と4.7Wで済む。今までよりも88%も電気代削減できる。

暖房費ゼロ円に続いて電気代も節電。

コストカッターの私の挑戦はまだまだ続く。。。


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

一代交配 [社会]

皆さん、一代交配という言葉をご存知だろうか?

私は生まれて42年目にして今年初めて耳にした。

それは・・・

種を植えても一代しか出来ないのである。

実になった種を植えても来年出来ないのである。

アメリカでは家庭菜園を禁止する法律もあるらしい。もう自由の国アメリカではない!

これは何を指すのか?

それは種業者を守るものであり、それよりも自然界・人間界の破壊である。

一回買った種で毎年毎年作ってもらっては困るということである。

だから品種改良(遺伝子組み換え?)で1回のみの種が出来たという訳である。

しかしこれが自然なことなのだろうか?

私たちが食べているものは次の種が生えない植物を口にしているのである。

あなたが子供を生んで、その子は既に最初から子供を産めないとしたらどうだろうか?家は絶える訳である。

このような作物が人間により自然界で作り出されているのである。

恐ろしい世の中になったものである。

農業に従事してわかる世界の裏である。。。

DCF_1217.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

活き活きと生きる [社会]

私が勤める職場には、60歳前後の女性が二人おられる。

私は42歳になるが、その女性を同窓会に連れて行っても通じるのでは?と思うこともある。

昨日そのお二人と話をしていて共通点に気付いた。

お二人ともこの職場とは別の場所でも働いておられ、しかも趣味と実益を兼ねているようなお仕事である。

私が感じた活き活きと若く見える秘訣の共通点として・・・

  • 働くということ
  • 若い人と接する仕事であるということ
  • 趣味と実益を兼ねているということ
  • 自分の意思でそれをしているということ
  • 生涯現役という考えであるということ
  • 仕事や物事に対して素直であるということ
  • オシャレであるということ

を挙げることが出来る。(私の言う冗談にも素直に笑ってくれることも付け加えておこう)

健康で生涯現役であれば、年金制度も健康保険制度も要らなくなる。

それだと、公務員も病院も要らなくなるから困る人も出てくるだろう。

そのために病気を作り出す食品や成分が日々生み出されるのである。

それはさておき、兎に角、活き活きと生き行きましょう!


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瞬間冷凍だったのか? [社会]

温暖な気候に住んでいたマンモスがシベリアから発見され、その胃袋から発見された種を植えると花が咲いたという話を以前聞いた。

この話から種が生きていたということは・・・マンモスは瞬間冷凍したのでは?という話である。

今回のこのニュースはそれを思い出した。

シベリアが温暖な地域だったこと、瞬間冷凍したということ・・・まさに、映画「デイ・アフター・トゥモロー」の世界である。

デイ・アフター・トゥモロー [DVD]

デイ・アフター・トゥモロー [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

2ヶ月間雪に埋もれた中から人間が生きていたというニュースもあったが、今年はその瞬間冷凍の年の始まりなのであろうか?

シベリアといえばM6.8の地震があったが大丈夫だろうか?

http://quakes.globalincidentmap.com/


nice!(0) 

湯たんぽの注意事項 [社会]

7年前に買ったプラ製の湯たんぽが壊れた。

寝ている間にキャップの部分からお湯が漏れ、この年でおねしょしたのか?と焦るほど。

今年の厳冬でも暖房費ゼロ円で過ごしてきたが、それはやはり湯たんぽのおかげである。

前からブリキ製の方が良いと言われていたのでそれに変えた。

ブリキ製の方が当然、熱伝導がいいので布団の内部もより暖かい!

ここで、今シーズンの湯たんぽでの事故経験で注意事項をメモしておこう。

先ほどのプラスチック製のキャップの不具合(お湯の圧力に弱い)もそうだが、一番困ったのは、低温やけどである。

今回新品にして初めて気付いた(絵入り注意事項付録)のだが、湯たんぽは足とかから離して使用とのことである。布団内部を暖めるものであり、足を暖めるものではないようだ。

今シーズン2回ほど湯たんぽによる足の裏が低温やけどになった。ちゃんと専用の布袋に入れて使用していたのだが・・・

水ぶくれになり、まともに歩けないほどだった。

それ以降は靴下を履いて寝ることにしていた。靴下を履いて寝るのも冷え性防止のためにもいいもんだという副産物もあり。

今なら湯たんぽもシーズンオフ価格になっているから次の更なる冬や電力不足(節電)のために購入をおすすめするが、くれぐれも低温やけどに注意である。歩けないほど辛いものはない。。。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感