So-net無料ブログ作成
検索選択

人生を楽しもう [社会]

120531_1307~001.jpg

42歳にしてライダーになりました。それにしてもバイクというのは楽しい乗り物です。

今後バイク人口を増やす努力を微力ながらして参ります。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

親心 [社会]

親思う心にまさる親心

昨日早速免許の書き換えに行った。42歳にして念願の国家公認のライダーになった。

仮面ライダーの影響なのか、男なら10代の頃バイクにあこがれる年頃を通過する。それで免許を取ったら当然バイクが欲しくなる。車に乗っていると二輪の危険性は十分感じるが、いきなりバイクからの免許だと車に乗る気持ちがわからないから無謀な運転もするのかもしれない。

というのも、免許センターで教習所で一緒に卒業検定を受けた大型バイク取得の19歳の女の子が居た。彼氏と一緒に来ていて、「彼氏もバイク乗るの?」と聞いたら、彼氏の親は仏壇店を経営していて、仏壇を納めるのはバイクで死んだ人が多いから親が許してくれないんだそうな。

それを聞いて、今からバイクに乗る私もゾッとした。

仏壇業界の都市伝説なのか?と思い仏壇店を経営する友人に取材してみた。

「いやぁ・・・そんなことないで~」

「親の代から引き継いで20年になるけど、1件だけやなぁ・・・」

「やっぱり親心なんちゃう?」

奈良県在住の友人と当方の山口県とでは事故率も違うのかもしれないが、それを聞いて納得した。

私も息子を持つが、今の私なら車とバイクセットの免許取得をすすめる。両方の乗る気持ちがわかり広い視野で運転が出来るし、私が20年封印していたバイクへの憧れ、その楽しさを子供にも味わってもらいたいからだ。

一方の19歳の女の子の親御さんはどうか?というと、親もバイクに乗っていて、その影響からか16歳でバイク免許を取得し、ご飯代を削ってでもバイクにお金をかけ、親と同じ大型に乗りたいから今回、車免許と同時に大型にチャレンジしたのだそうだ。

やはり二つの例を聞いて、親の影響は大きいと感じる。

都市伝説を自分で作るのもいいが、親は子供の将来を左右するから、広い視野で子供には接していきたいものだ。


nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

バロメーター [社会]

去年までの私・・・

仕事ギリギリまで寝ていて、起きて即仕事に行く感じだった。目覚ましなしでは起きられない。それでも好きな人と会う時には、目覚ましなしで会う何時間も前に目が覚める。

今の私・・・

目覚ましよりも早く目が覚め、事前準備をし自発的に仕事をする。

この違いは何かというと、去年まではコンビニ業務が100%だったが、今の私は農業70%、コンビニ30%と家庭の事情でシフトしたからである。

好きな人に会うのと同じように自分が育てた好きな農作物を世話したり、それを待っているお客さんがいるというのが喜びである。しかも私の名前入りの出荷物が世の中に出回るのである。私というブランドであり、誇りにもつながる。こういった善循環が今の自発的早起きな私を作り出した。

(逆説的に振り返るとコンビニ業務100%は潜在的な自分としては嫌だったんだろうなぁ・・・)

これにバイクが加わると、朝日を浴びながらひとっ走りしてこようか?という気分になり、更に早起きになるのかもしれない。

昨日もバイク卒業検定合格者同士が話をしているのが聞こえるのだが、「私、19歳なんです。」「えぇ!?若い!」「俺は28」「あの人何歳ぐらいなんかねぇ・・・」と私のことを話している。「30ぐらいなんじゃね?」「年齢不詳よね?」「年か若いかどっちかよね・・・」

「あのぉ・・・おいくつなんですか?」と聞かれた。

「42歳です!」と満面の笑みで答えた。

「まじっすか!?」と目が点になっている感じだった。。。(笑)

まぁ兎に角イキイキワクワクした毎日を送っていると若返るのが自分でもよくわかる。

コンビニ業務の中で、「この人私より年上だろうなぁ・・・」と思っていると財布から免許証がチラッと見える。私の10歳下とわかり、目が点になることもある。

この間は、二十歳かどうか微妙だなぁと感じ、お酒販売の年齢確認で免許をみたら「36歳」という記録更新者まで出現。

服装が若かった。ということは若く見られようと思ったらファッションも大事だということである。

まぁ今日の話は、自発的早起きが出来るか出来ないかが今の自分のイキイキワクワク感のバロメーターではないだろうか?ということである。

子供をお持ちの親御さんなんかは子供をそういう視点で見ても良いのでは?


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

孤独な乗り物 [社会]

昨日、MTバイク(小型125cc以下)教習の卒業検定を受けた。

初心を忘れない為にメモしておく。(受けたことがある人は懐かしくご覧下さい)

  • ミラー確認
  • エンジン始動
  • 右ウィンカー表示-左右確認-発進
  • コース進入
  • ミラー確認-ウィンカー3秒合図-目視-進路変更
  • 踏み切り一時停止-ローギア確認-左右確認-半クラ(シフトチェンジしない)
  • 左右確認-小回り左折
  • 右折(ショートカットしない)
  • 徐行(10㌔以下で走行)
  • 一本橋(幅30センチ15メートル)を脱輪せず5秒以上(大型は10秒以上)かけて渡る
  • 坂道発進(エンストしない)
  • 下り坂(クラッチに手をかけない)
  • S字-クランク(パイロンにあたらず、足をつかない)
  • 急制動(時速30㌔から制動開始地点から8メートルで停止)
  • 一時停止(その後、物影から出る場合、前輪を出して停止)
  • 発進場所に戻る
  • 停止線を超えない
  • エンジンを切って降り、スタンドを立て、ハンドルを左に切る-終了

実際に乗っている時間は10分ぐらいだろうか?

しかし、この10分の為に10何時間も教習を受けて特訓を受けるのである。

当日7人(大型400cc超-普通400cc以下含め)が受けた。

私の順番は一番最後。1時間以上も待たされる。ドキドキの緊張感が1時間も続くのである。

20年前、ライブでステージに上がる前のあの緊張感に似ていた。アンプを通してベースの重低音を聞けば、緊張は吹き飛ぶのだが音が出せない。バイクも同じ。バイクにまたがりエンジン音を聞けば安心するのだが人のを見るだけ。

教習中、右足を付いたり、エンストしたり、標識を見落としていたり、ウィンカーの消し忘れ、目視が早い、交差点左右確認忘れ、停止線超え、一本橋から落ちたり(100点から減点方式で70点以上が合格だが、一本橋脱輪は一発アウトと脅される)と起こりうる失敗を全て経験した。

結果はほぼノーミスで終了。(後で聞いたら一本橋が5秒未満だったらしいが脱輪するよりマシだった)

7人全員合格で皆で喜びを分かち合った。

ハーレーを予約して、ここに来た人もいるし(大型は普通免許取得後でないと取れない)、免許だけを取りに来て買う予定はない人もいる。

私みたいに免許もないのにバイクを先に購入した人はいなかったが(笑)。

バイクは孤独な乗り物である。だから初めて会った人でも仲良くなれるのがよくわかる。

ここで考えてみた。

人間というのも孤独な乗り物である。

自分という肉体を魂という自分が操作して乗りこなすのではないだろうか?

バイク乗り同士がすれ違う際に手で挨拶をするように、人という乗り物同士が会うと挨拶をする。

バイク乗りが自分のバイクを洗車したり修理したりするように、人もお風呂に入って身体を洗い、病院にも行く。

バイク乗りが運転技術を磨くためにツーリングに出かけるように、人も視野を拡げる旅行に行く。

バイク乗りが好きな人を後ろに乗せてタンデムするように、人も好きな人と愛し合う。

こう考えてみると、バイクもいいが、人間もいいなぁ・・・


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チャレンジする人生 [社会]

「もう歳だから」とか「お金が無いから」とか「忙しいから」とか、いろんな理由を付けてあきらめていないだろうか?

お金が無ければ頭や身体を使って合法的に生み出せばいい。

忙しい人に仕事を頼むと暇な人よりテキパキとこなす~出来る人は常に忙しいし何でもこなすのである。

歳は戻せないが努力により若返ることは出来る。

昨日よりも今日、今日よりも明日と何かにチャレンジすることで日々進歩、活性化していく。

外部要因も当然原因としてはあるが、内部要因の方に目を向ける努力をしていきたい。

「日々チャレンジする人生」

何だかカッコイイ生き方だなぁ・・・

120527_1106~001.jpg

生き物は日々確実に成長していますよ!


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感