So-net無料ブログ作成

Bless You [社会]

愛なんて いつも 残酷で もう 祈る価値ないよ~♪

http://www.youtube.com/watch?v=rNB9MW-xnWI

レンタルショップで毎回流れていて、一押しの曲だとはわかった。YUIの新曲かな?と思った。

衝撃的な歌詞とエッジの聞いたリフで押し込まれる心地良さ。

家入(いえいり)レオ。なんと17歳現役高校生による作詞作曲とか!

http://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/

http://www.uta-net.com/song/134098/

9月7日(金曜日)なんばHatchで開催されるJumpin' Jack 2012に参加することに決めた!

http://www.namba-hatch.com/schedule.html

親の反対(半ば勘当)を押し切って上京して歌の世界へ。なお更応援したくなったよ!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B6%E5%85%A5%E3%83%AC%E3%82%AA

頑張れ家出したけど、家入(いえいり)レオ!


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自然の生命力 [社会]

今年の春、以下の田んぼに蓮根(れんこん)を植えた。

120412_1201~001.jpg

当初、こんな感じで目が出ていたのが・・・

120527_1106~001.jpg

今ではこんなに繁殖している。

120818_1615~001.jpg

地中では、かなり増えていると思われる。冬の収穫が楽しみである。

120818_1616~001.jpg

自然界の生命力、繁殖力、生きる力ってすごいんだなぁ・・・

大事なもの(地中の蓮根)って目に見えないんだなぁ・・・。でも目に見える形で私達に知らせてくれている。

世の中も同じかもしれない。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠距離恋愛のコツ [社会]

遠距離恋愛というのは自分を強くしてくれるのではないだろうか?

同棲というのはしたことがないが、身の回りで破局した例を聞くと、あまり近すぎてもよくないのかもしれない。

「じゃぁ結婚はどうなの?」という話になるが、結婚の破局=離婚だから、結婚する前に腹をくくらないといけない。よくよく相手を見極めないといけない。私の場合、転勤を機に結婚を決断したが、遠距離を通じてお互いを見つめる時間も必要だったかもしれない。(既に離婚済)

ネットコラムで「遠距離恋愛のコツ」なるものをみつけたが、遠距離に限らず、恋愛のコツのような氣がします。

恋をしている人もしていない人も参考になるのでは?

http://news.mynavi.jp/より以下転載


恋をしたことがある方なら多かれ少なかれ経験があるでしょう、遠距離恋愛。例によって、好きになった人が遠距離でなかなか会えない。もしくは、現在付き合っている人がいるんだけど、急きょ相手が遠くの大学に進学することになった。あるいは、仕事の都合で恋人が県外に転勤することになった。そんな時、あなたならどうしますか?

遠距離恋愛は近距離恋愛よりも障害が多くつきまとうだけに、今回はたとえ遠距離になってもこれをおさえれば恋愛が長続きする6つのポイントのご紹介から、タイプ別として遠距離恋愛に向いている人と向いていない人の特徴まで触れていきます。どうぞ、参考までにご覧くださいね。

1.計画的に貯金をしている人、日々稼いでいる人は向いている
まず、遠距離恋愛はお金がかかります。電車、バス、飛行機等の交通費代、車ならガソリン代。学生であれば、金銭面の問題はなおのことでしょう。

また、会いに行く相手が一人暮らしであれば宿泊代には困りませんが、実家暮らしであればご両親の目があります。理解が得られれば問題ありませんが、場合によっては宿泊代も考えておく必要があるでしょう。

ほかにも、デート代やイベント代。この辺りはカップルに応じてよりけりですが、お金の出費を踏まえて、計画的に貯金をしている方や日々稼いでいる方は遠距離恋愛に向いている人と言えるでしょう。シビアな話ですが、恋愛にはお金がかかるのが現実ですよね。

2.年齢が高い人は向いている
学生や年齢が若い方は、日々の生活による気持ちの変化が多くあります。社会的に見てまだ経験値が浅いこともあり、例によって体の関係を重視してしまったり、ほかの異性に目移りしてしまうこともあるでしょう。

ある程度の年齢に達した方であれば、結婚を視野に入れて交際が進みますので、気持ちにも余裕が生まれ、たとえ遠距離でも長続きする可能性は高いと言えます。年齢が若い方は遠距離恋愛に向いていないとは言いませんが、ある程度の覚悟を持って付き合った方がいいのは確かですよね。

3.寂しさを自分で克服できる人は向いている
恋人と会えない時間をどう過ごすのか、これは意外と重要です。というのも、遠距離恋愛のメリットとしてマンネリ化になりにくいことが挙げられるからです。頻繁に会えない遠距離だからこそ、いざ恋人に会える瞬間はかけがえのないものですよね。

その時のためにも、自分の時間をいかに充実させられるか。恋人と会えない時間がお互いの魅力を一段と高められる、と思えば普段の生活にもメリハリが生まれ、意欲的に自分を成長させることができるでしょう。いうなれば、寂しさを自分で克服できる人は遠距離に向き、できない人は遠距離に不向きと言えます。

4.心の余裕を持てる人は向いている
相手の顔が見えないからとはいえ、その度に浮気を疑っていては続く関係も続きません。例えるなら、さみしがり屋な方や嫉妬(しっと)深くて独占欲が強い方といえば分かりやすいでしょうか。不安に思う気持ちは分かりますが、恋人を束縛すればするほどお互いのためになりませんし、ふたりの関係もつらく苦しいものになってしまいます。

よって、好きという気持ちは必要に応じてコントロールしなければなりません。相手の浮気を恐れるよりも、相手をどう気持ちよく過ごさせてあげるのか、といった心の余裕を持てる人が遠距離には向いていると言えるでしょう。

5.マメな連絡を怠らない人は向いている
遠距離ともなれば、相手と連絡を取り合うことが必須になります。メールに電話、最近ではSkypeを使ったビデオ通話もあるでしょう。なにより好きな人からのメールや電話は素直にうれしいですから、相手がどんな顔をして、いま何を考えながら何をしているのか。

寂しい時や悩みを相談したい時でも、恋人からの連絡ひとつで救われることもあるでしょう。恋愛において最も基本的なことですが、マメな連絡を怠らない人は遠距離においても長続きする可能性が高いと言えます。たとえ忙しくても、ちょっとした時間にメールと電話をすることを心がけましょう。

6.将来のことをきちんと考えられる人は向いている
遠距離恋愛を続けていると、次のステップとして同棲ないし結婚があります。今まで距離が離れていただけに、「できるだけ恋人と一緒にいたい」と思うのは遠距離だからこそ感じる強い望みですよね。

しかし、近距離と違って遠距離は相手の部屋に頻繁に行くことができません。よって、いざ同棲を始めたらお互いの生活スタイルの違いで、「こんなはずじゃなかった……」と別れてしまっては今までの苦労が水の泡になってしまいます。

そうならないためにも、お金はかかりますがお互いに部屋を借りるか。もしくは、同じ住まいのなかでおのおのの部屋を確保するなど。いうなれば、遠距離を続けたその後について話し合うことは、関係を続ける上で大切なことです。

というのも、遠距離恋愛はいつかは終わりを迎えるものですから、将来設計をすることでふたりのビジョンが定まります。よって、将来のことをきちんと考えられる人が遠距離恋愛を長続きさせる、と言えるでしょう。どうせ付き合うなら、いい意味で遠距離を終わりにさせたいですよね。

■遠距離恋愛のコツは、焦らず地道にゆっくりと
遠距離は、恋愛をする上で多くの制限があります。例えば、恋人の具合が悪くなった時や、恋人がつらく悲しがっている時。近距離ならばすぐに駆けつけることができますが、近距離はそれができません。

ましてや、ふたりの仲がうまくいかなくなった直接の原因が「距離」なら、別れてしまうのも致し方ないことではあります。

しかし、言い換えれば遠距離と近距離の差は、「距離」だけです。ふたりが本当に愛し合っている仲なら、愛情の深さに距離は関係なく、遠距離が長続きするのもふたりの付き合い方次第と言えるでしょう。

端から「遠距離はムリ!」と投げ出す方には難しいですが、お互いが「遠距離でもいい」と考えているなら、それだけでうまくいく可能性はグッと高くなります。遠距離だからといって焦らず、地道にコツコツとふたりの気持ちを確認していくことが遠距離を長続きさせるポイントで一番大切なことです。

(文/柚木深つばさ)


近距離恋愛 [DVD]

近距離恋愛 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生存欲求 [社会]

8月上旬の2週間、車中泊の放浪の旅をした。

窓を開ければ風が通り、防犯上も問題なさそうな場所を選び、フルフラットになるシート(こんな時の為にその車を選んだ)で快適に寝れる!と思いきや、初日、蚊にさされまくり、熟睡出来ず。次の日からは香取線香を購入したので熟睡。基本的にはどこでも寝れる鈍感な体質なのだが、毎晩の熟睡に自分でもびっくり。

8月後半はバイクの放浪の旅を計画していたが、これは断念。

バイクでも寝袋を持っていたらどこでも寝れると思っていたが、車の場合はロックがかかるから身の危険は避けられる。しかし、バイクでの野宿は全てむき出しなので無防備である。

以前、広島勤務時代の話になるが、酔っ払って公園で寝てたら、スーツの内ポケットに入れていた財布を盗まれた経験がある。(そこまで飲むなよ!という話でもあるのだが)

今回、人間の基本的生存欲求を改めて感じた。それは2つしかない。

  1. 食べることが出来ること。
  2. 安全な場所で寝れること。

アフリカやアジアの子供たちはこれすら出来ない環境に居る。日本はなんて素晴らしい国なんだろうか。これさえ満たされれば他は全て贅沢な悩みなのである。

他にも排泄の欲求や種の保存の欲求などあるがそれは二の次である。

日本ではサラリーマンの場合、最初に税金や社会保険を引かれるから、この辺が世界で唯一社会主義が成功した所以でもあるのだが。

山口県内最大の道の駅で寝泊りした時にも驚いた。

駐車場にはたくさんのキャンピングカーや個人専用バスが私と同じように車中泊している。

そんな大きな車、当然お金がある人だろうし、お金があるのならホテルや旅館に泊まればいいのにと思うが、敢えてそれが彼らにとっては贅沢な遊びなのだろう。

もしかして私がしていることは贅沢な遊びなのかもしれないと感じた。

そんな私は、ひょんなことから8月後半から2週間、今度は青春18きっぷで、山口から東京そして大阪まで鈍行電車の旅をすることになった。

目的地は東京ドームで行われるAKB48、前田敦子在籍最後のコンサート!(笑)

なのでまたまたブログ更新はそれ以降出来なくなります。

時間をたっぷり使ったお金では買えない贅沢な旅をしてきます!


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アセンション(上昇)は起こるのか? [社会]

2012年問題というのがある。

例えば、2012年12月22日で太陽観測に長けていた古代マヤ人の長期暦が終わっているとか。

聖書の暗号というのがあり、解読すると2012年12月に大災害が起こるとか。

太陽系全体が宇宙空間の質量を持った帯状の電磁波の雲(フォトンベルト)の中を通過するのが2012年12月であるとか。その際、電気は一切使えなくなり、太陽も出ないので暗黒(極寒)の3日間を人類は経験するとか。

地球自身が人間により傷つき、地球の回復の為に次元が5次元に移動するのが2012年12月であるとか。

こういった内容を2000年頃から調べていたが、ここ5年間はすっかり現実の生活に忙しく、そんなことは忘れていた。

しかし、時間が出来たお陰でかなりその関連の本を読むことが出来た。以下はその一部である。

私なりの現時点での結論はこうである。

  • 意識のアセンション(上昇)は3.11から始まっている。
  • 2012年問題に絡めてわざと問題を起こそうという勢力がある。
  • 太陽異常の影響を確実に受けることになる。
  • アセンション(上昇)するかしないかは、私たち自身の選択による。

変化しようとする人は変化するだろうし、変化を望まない人は現状維持となるのではないだろうか?

3.11の地震、津波、原発爆発、その後の物流ストップを目の当たりにしているのに、何も変わらない人もいる。そういった人にとって2012年は大した問題ではない。現状維持で精一杯だから意識改革とか変革とか意識の上昇とか言っても「どこ吹く風?」なのである。

2012年問題は、何かがおかしい、とか、このままではいけない、とか、変化しようとする人にとっては大きなチャンスなのである。

もしも、何も起こらなくても、自分の意識が変わって(上昇して)いるので、新たな生き方が出来るのである。

あと4ヶ月。信じるも信じないもあなた次第である。

ベールを脱いだ人類起源 さあ、宇宙人の声を聞きなさい(超☆わくわく)

ベールを脱いだ人類起源 さあ、宇宙人の声を聞きなさい(超☆わくわく)

  • 作者: 中丸 薫
  • 出版社/メーカー: ヒカルランド
  • 発売日: 2012/07/26
  • メディア: 単行本



激論!アセンションで何が変わるのか!?

激論!アセンションで何が変わるのか!?

  • 作者: 中丸 薫
  • 出版社/メーカー: 青志社
  • 発売日: 2012/07
  • メディア: 単行本






アセンション—地球大変動が2012年必ず起こる (驚愕の未来を乗り切る予測と知恵)

アセンション—地球大変動が2012年必ず起こる (驚愕の未来を乗り切る予測と知恵)

  • 作者: 中津川 昴
  • 出版社/メーカー: マキノ出版
  • 発売日: 2011/11/15
  • メディア: 単行本


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感