So-net無料ブログ作成
検索選択

いろんな境遇 [社会]

昨日、親戚で私の息子と同級生になる男の子のおばあちゃんが亡くなった。享年79歳。

こうして書くと普通に有り得る話に聞こえるけど、実は普通ではない。

その子が幼い頃、お母さんが二人目を出産する際に母子共に亡くなった。

その後は、おばあちゃんが母親代わりに育てていた。私の子供を連れて一度遊びに行ったことがあるが、おとなしいその子もシャイなうちの子と気が合ったのかおもちゃやカードゲームで遊びだしたのを思い出す。あれから10年ぐらい経つ。

身近な大切な二人のお母さんを亡くしたその子のことを思うと心が痛む。

同級生になるうちの子は親が離婚して父親である私とは離ればなれだが、お母さんと一緒に生活している。

離婚の際、どんな理由であれ、子供は母親と一緒の方がいいというアドバイスを受け入れて私が離れることにした。

いつも我が子を不憫(ふびん)に思うが、今回の訃報を聞いて、うちの子はまだマシな方だなぁと感じる。

その子はうちの息子よりも何倍も強い心を持っていると思う。

いろんな境遇を知って、改めて強く生きようと思う11月の暮れである。

DCF_0005.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界は変わるのか? [社会]

昨日は月に一度の子供との面会日だった。

中3の長男がカラオケに行きたいというので久しぶりに親子3人でカラオケに行った。

中1の娘が「We Are The World」を入れた。

私「この曲なんで知っちょるん?(山口弁訳:どうして知っているの?)」と聞くと・・・

娘「今、英語の授業で習ってちょるんよ!(習っているのよ!)」とか。

正直感動した!原曲を聞きながら学んでいるなんて!

1985年、忘れもしない私が高校1年生の時、20世紀最大級のプロジェクトといってもいいだろう、USA for AFRICAというアフリカ救済のプロジェクトが立ち上がり、大事な小遣いでアルバムを買いにいったのを覚えている。

http://www.youtube.com/watch?v=XblpaAyj234&feature=fvwrel

その直前のイギリスのBAND AIDによる「Do They Know It's Christmas?」というアフリカ救済プロジェクトに端を発している。

http://www.youtube.com/watch?v=ZsJn8RCTopc&feature=fvst

ヘビーメタル界でもムーブメントが起こり、重鎮が当時そうそうたるメンバーを集めてアフリカ救済プロジェクトが誕生したほどだ!

http://www.youtube.com/watch?v=qZktrrqT1A0

アルバムや12インチシングルレコードの購入資金が寄付にもなるということで当時素直な私は少ないお小遣いから3枚とも購入した。

世の中が変わると感じていた・・・

しかし、その後27年経った今どうだろうか?

何も変わっていないし、逆に悪くなっているのではないだろうか?その証拠にWe Are The Worldの作曲者のマイケル・ジャクソンは殺されている。

アフリカは豊かになったのか?

世界に食糧を!と歌っているが、飢餓は無くなったのか?貧富の格差は無くなったのか? 

アフリカだけでなくアジア、いや日本も精神含めいろんな意味で貧しくなったのではないだろうか?

当時は、素直に音楽が好きでムーブメントに乗ったが、乗せられただけなのかもしれない。

世の中を見る時は「誰が得をするのか?」という視点でみると少しわかってくることがある。。。

さぁ今度の選挙も誰が本当に得をするのか?をみると面白いと思う。


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

皆に可能性がある [社会]

昨日、午前中農作業を親父と一緒にして競艇の話になった。

私の家は徳山競艇場の目と鼻の先である。

親父は競艇暦50年。それを伝授しようと思ったのだろうか?

午後から誘われて一緒に行くことになった。

午前中のレースで143,690円の高配当レースがあった模様。120通りある中で90番人気の1,436倍。

http://app.boatrace.jp/race/18_20121120.php?day=20121125&jyo=18&rno=04&type=result

出走表を見ると、新人のB2レーサー(A1>A2>B1>B2の順で格付け)が外枠6コースから内枠A1レーサーを抑えての堂々1着。(内回りなので外枠は遠いから可能性は低くなる)誰も買わないから当然高配当が出る仕組みである。でも買っている人もいるのである。

親父曰く「みんなに可能性がある。絶対というのはない。新人でもいつかは1着になる。そこから伸びてくるのだ!」と。

真理をついていると思った。

常に全てのレーサーが1着になる可能性があるし、予想して舟券を買うファンにも平等に当たる可能性があるのだ。

これは世の中にも言える。

すべての人間に可能性があり、絶対こうであると決め付けることは出来ない。

また、人間は死ぬまで伸びる要素がある。

二人とも予想は結果外れたが(笑)、大事な真理を学んだ一日だった。


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

素朴な疑問(農薬編) [社会]

毎日毎日近くのJAの直売所に農産物を出荷しているのだが、その作物の出荷5日前に栽培履歴という農薬の使用状況などを提出している。そこで使用状況が間違っていなかった場合のみ出荷できるのである。

私の場合、農薬不使用にチェックするだけなので毎回簡単にスルーされる。

ところで青果市場に出す場合はどうかというと・・・

そんな農薬の管理などは一切ない。ということはどれだけ農薬を使用していても構わないということになる。

ということは・・・青果市場経由でスーパーに並ぶものは得体の知れない農産物かもしれない。

この秋、白菜をたくさん作ったが、ほとんどが虫に食われて売り物にならない。故にほとんどが自家用である。

でもこれが自然なのである。

虫がつかないように農薬を使用するのだろうけど・・・虫も食わない農作物を人間が食べる。

はっきり言って異常である。

世の中何かおかしくないだろうか?

素朴な疑問であった。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

白いカラス [社会]

島根県に白いカラスが現れたのだとか。

島根といえば出雲の国。神話の国。

そこで現れた白いカラスは神の使いなのか?

世の中に偶然はないとしたら、何を意味しているのか?

人間も突然変異があり得るということなのか?

記事にもある「白」「黒」をつけよ!というメッセージなのか?

環境破壊の結果、突然変異したんだよ!という人類への警告なのか?

島根にも原発があるから要注意ということなのか?

神のみぞ知るということだろう。。。


nice!(0)