So-net無料ブログ作成
検索選択

大事なことは夜行われる [社会]

ラジオで伊勢神宮の遷宮特集があった。

そこで驚いたことがある。大事な神事は夜に行われるのだとか。

昼は人間の世界。日没後の夜は神さまの世界という考えなのだとか。

脚本家:倉本聰氏も出演していたが、彼の北海道富良野を舞台にした代表作「北の国から」の1話でも東京から引っ越してきた息子に「電気がない?」「電気がないと暮らせませんよ!」「夜になったらどうするんですか?」と聞かれ父親は「夜になったら寝るんです!」と答える。

科学の世界でも研究によるデイサイエンスというのと夜の街での情報交換で発見されるナイトサイエンスというのがあるらしい。何気ない飲み屋での会話から奇跡の発見があるという科学者の話である。

また、以前、広島の奥地の村の秋祭りで、神楽を一晩中奉納するお祭りに参加したことがあるが、大人は一晩中飲むのである。楽しかったものだ。 秋祭りだから神さまに収穫の御礼として夜楽しく振舞うのである。日本の大らかさを感じた。

やはり神さま事は夜なのか・・・男女の交わりも夜行われる。そうして新しい生命も夜誕生する。やはり生命の神秘って神さま事なんだなぁ。。。神秘という言葉の通り、神の秘め事なのかもしれない。。。

そんな1300年も20年毎に繰り返されてきた伊勢神宮の式年遷宮。ある噂によると今年の遷宮が最後という話まである。何かの異変により出来ない事態に陥るとか。噂される関西を中心に起こる自然災害の事なのか?兎に角、見守って生き証人になるしかない。。。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「そして父になる」 [映画]

映画「そして父になる」を鑑賞した。

http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/

観終えたひとこと感想は「日本映画ってやっぱいいなぁ・・・。」エンディングに奥ゆかしさを感じた。 

私と同じ世代の福山雅治(厳密に言うと私の1歳年上)。ニクイ程完璧なのだが、人間的に少しダメな部分を演じているのが泣ける。子供の取り違えをテーマにした内容だが、相手の父親のリリーフランキーがいい味を出している。

私は実の子と離婚により離れ離れなのだが、観ていて心をかきむしられるような感覚に襲われた。親と離れる子供の心はもっとすごいのだろう。

二度と会えない親子もあるのだろうが、定期的に会うだけでも子供の心の安定につながっているとも聞く。親にとっても同じことが言える。

子供から見て「産みの親」「育ての親」どちらも大事である。逆に親から見て子供は「血」なのか?「共有した時間」なのか?それも、どちらも大事である。答えはひとつではない。なかなか深い映画だった。

同じ取り違えをテーマにした映画「ポテチ」も違う意味でお薦めしておく。

ポテチ [DVD]

ポテチ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

警戒レベルを1段階引き上げ [社会]

なになに?地震により島が出現とな?!

消えたとされるアトランティス大陸やムー大陸も出現したら。。。 

日本では、桜島噴火、阿蘇山噴火警戒レベルを1段階引き上げ。

静止軌道電子も見たことない状態。http://www.swpc.noaa.gov/rt_plots/elec_3d.html

防災意識を一段階引き上げておこう。。。


nice!(0) 

肥えた土地 [健康]

「酵素」サプリメントの新聞折込広告に目が留まった。


 「酵素」とはタンパク質の一種で人間の体にもともとある大切な成分ですが、年齢と共に減少してしまいます。そのため「良い食事」をとることが大切です。

 食事から酵素をたくさん摂るためには、肥えた土地で育てられたものを、収穫してすぐに食べることです。新鮮なものがおいしいのは、酵素がいっぱい詰まっているからです。ライオンなどの肉食動物が獲物を内臓から食べるのも、内臓が酵素の宝庫だからです。


なるほど!この後は食事から酵素を摂る難しさに続き、サプリメントの薦めとなるのだが。。。

農業に本格参入して1年。肥えた土地と痩せた土地が分かってきた。

肥えた土地というのは黒く、耕すとふかふかのやわらかいじゅうたんの上に居るような感じである。

逆に痩せた土地というのは黄土色で、耕しても耕してもパサパサしており、かたいフローリングの上を歩いている感じである。当然収穫の出来、不出来に関係してくる。この違いが何なのだろうか?現時点では不明だが、「化学肥料」の使用か不使用か?と仮説を立てておこう。

一般の人がスーパーでの野菜を見て、新鮮か新鮮で無いかはわかるかもしれないが、肥えた土地から出来たものか、痩せた土地で出来たものかはわからないはずである。厚生労働省が発表している野菜の成分調査では、50年前と現在では栄養が半分以下という。これはやはり土地が痩せているのが原因ではないだろうか?同じほうれん草でも昔と今では同じ量を食べても栄養が少ないのである。

これならば、私もサプリメントの薦めをしているのと変わらないが、私が着目したのは「良い食事」という点である。数年前から健康な体&思考=良い食事という結論に達しているが、広告は医学博士のコメントだったから間違いないようである。。。

近所の農家の人達が元気なのは、肥えた土地で収穫してすぐに食べているからなんだなぁ・・・。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

50年を感じてみる [社会]

高1の息子との月に1度の面会日。大型ショッピングモール待っている間、「セルフブランド」というフリーペーパーに目が留まった。高校生が大学を選択する際の大学紹介雑誌だったのだが、面白いものが付録されていた。

「50年カレンダー」

http://my100years.jp/

50年カレンダーは「生まれ年から始まる100年カレンダー」の高校生向け特別仕様カレンダー。とか。


キミ達の50年後は、ちょうど巷で言われる”定年”の年だ。

それぞれがさまざまなスタイルで社会の一員として世の中に貢献した50年間をしみじみと感じているだろう。でも若いキミにはあまりピンと来ないかもしれない。

だから、50年カレンダーにこれから訪れるキミのことを書き込んでみよう。

あれもしたい、これもしたい。こんな自分になりたい・・・。

そのために、今、何をすればいい?

そう考えると、漠然としていた未来が、自分の将来だと感じるようになっただろうか?


とフリーペーパーの広告記事にはある。

子供に要るか?と聞いたところ要らないと言われたので自分で使ってみようと思う。

私は現在43歳。50年後は93歳。生きていないだろう。でも10年後の53歳、20年後の63歳、30年後の73歳と今親が生きている年代までは生きているかもしれない。50年先の2062年からやってきた未来人からの書き込みによると、その頃には全ての病気は治療が出来るらしいからもしかして50年先も生きているかもしれない。

私達は日々生きるので精一杯ではあるが、少し先の未来への夢や希望、そして遠い先の未来への夢や希望も大切だ。

子供と2年先の未来の夢(子供が高3:18歳)について話し合った。この事についてはまた今度!

未来の夢や希望が、今を生きるわたし達のささやかな生きる原動力になるのは間違いないと思う。50年というのは少し長いが、せめて10年ぐらいは夢や希望を自分なりに描いて生きていきましょうよ!


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感