So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「スターウォーズ/ジェダイの帰還」 [映画]

1983年公開映画「スターウォーズ/ジェダイの帰還」(エピソード6)を改めて観た。

1983年というと私が中学1年生。映画館で観たのを思い出す。当時、TVでエピソード4と5を観て、この6を観たのだろう。当時、「ジェダイの復讐」だった。何故、帰還なのか30年の時を越えてやっとわかった。

最近、エピソード7を映画館で観て、エピソード1→2→3→4→5→6と観終えて、やっと話が分かった(笑)。

地球上(地下・海中含め)には約50種類の宇宙人が存在しているらしいが、まさに映像として教えてくれている。

改めてジョージ・ルーカスは宇宙人からメッセージを受け取ってストーリーを書いたとしか私的には考えられない。

そして、このエピソード6の最後に、既に全員亡くなったジェダイマスターのヨーダ・師匠のオビワン・父のアナキンが息子と娘を見守るシーンが印象的だった。

私たちには見えないが、ご先祖さまが今も見守ってくれていることを教えてくれているからだ。

私が1歳の頃亡くなった祖母、6歳の頃亡くなった祖父が今も見守ってくれているかの如く・・・。

「○ちゃん!がんばれ!」・・・と。

いやぁいい映画だった。

今年、12月にはスピンアウトエピソード(3と4の間の物語)が公開されるらしいので見ようと思う。

映画って知らないことを目の当たりに教えてくれるので本当に勉強になります!

(アニメのクローンウォーズシリーズも観たいのだが、いつ行っても貸出中。スターウォーズ人気再燃しているんだね!私みたいに宇宙のことやご先祖様のことに気付かせてくれるので、社会現象としてはいいことである。)

「フォース(内なる力)を信じよう!」

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

多種多様な考え方 [社会]

昨日は月に一度の子供との面会日。

私は協議離婚が不調に終わり、調停離婚で裁判所から月に一度の面会が公式(笑)に認められている。

娘がbacknumberのCDが欲しいというので・・・「買ってあげてもいいよ!でも、父さんなら・・・CD購入3000円の予算があるなら、レンタルで300円で済まし、残りの2700円を別のものに使う。3000円あったらレンタルでCD10枚分のたくさんの音楽を聴くことだって出来るし、残りの2700円で本を買ったり、友達と美味しいものを食べたり出来る。ただし、どうしてもCDを所有したいなら買うしか無いけどね~。」

娘「レンタルでいい!」

毎月、ヘビメタ専門誌BURRN!を買うのだが、毎月全世界で発表されるニューアルバムの紹介ページがある。毎月50枚ぐらい発表される。3000円×50枚で150,000円分。自分の給料を毎月ヘビメタCD代に15万円分つぎ込むご主人が居たら、即離婚した方がいい(笑)。ラジオで毎月漫画購入代に10万円使う男性が告白していたが、アホちゃうか?と感じたが50歩100歩であろう。

私はAppleMusicを月々980円で契約しており、なんとこの毎月ニューアルバム50枚がほとんど聴き放題なのだ!CD関係者には申し訳ないが、背に腹は替えられない。これでCDも買わなくなった。それまで毎月買っていた予算を別のものに使っている。

子供たちに考え方は一つでは無い。多種多様な考え方を示し、自分はどう選択するのか考えさせるのも教育のひとつであると感じた。

しかし、I Love HeavyMetal.  I Love MICHAEL KISKE.(元HELLOWEENボーカリスト)

昨日発売のマイケル・キスクがゲスト参加しているアルバム(しかも初回限定版を予約注文までして)をコレクションとして買ったことは娘には言えなかった・・・。

Ghostlights



ゴーストライツ(ボーナス・ディスク付初回盤)

ゴーストライツ(ボーナス・ディスク付初回盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マーキー・インコーポレイティド
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: CD


BURRN!!(バーン) 2016年 02 月号 [雑誌]

BURRN!!(バーン) 2016年 02 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2016/01/07
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界で何が起こっているのか? [社会]

久々に面白いニュースを聴いた。

5年前ぐらいまでよく聴いていたこのお二人だが、日経平均が年初から1ヶ月で3000円も下落した真の理由(新聞が言う理由では無く)を知りたくて、久々にのぞいて観た。

相変わらずのブっ飛んだ内容に驚くが、私が有料で入手している全く別のソースと似た話をしているので納得である。

新聞・TVは「表」のニュースとするならば、「裏」ニュースがあってもおかしくない!と思ったぐらいが賢明であろう。その両方を知って自分が中庸(ニュートラル)であるように心掛ける、ぐらいが踊らされない生き方が出来る。

心臓の悪い方はお聞きするのはご遠慮下さい↓

「国家非常事態対策委員会」

https://www.youtube.com/watch?v=LxIUCwZfv1k

手のひらで踊らされない生き方を心掛けましょう!


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジミー・ベイン死去 [社会]

ジミー・ベインが先日の1月24日に亡くなった。享年68歳。

デビッド・ボウイは知っているが、ジミー・ベインを知らない人は多いだろう。

そりゃぁ、そうだ!

ヘビー・メタルバンドのベーシストだからだろう。

LAST IN LINEというバンドで2月にデビューする予定だった。68歳でヘビメタデビュー?

(厳密に言うと、ライブバンドとして来日もしているのだが、CDデビューが2月3日) 

 


ヘヴィ・クラウン【初回限定盤CD/DVD(日本語字幕付き)/日本盤限定ボーナストラック収録/歌詞対訳付き/日本語解説書封入】

ヘヴィ・クラウン【初回限定盤CD/DVD(日本語字幕付き)/日本盤限定ボーナストラック収録/歌詞対訳付き/日本語解説書封入】

  • アーティスト: ラスト・イン・ライン,ヴィヴィアン・キャンベル,ジミー・ベイン,ヴィニー・アピス,アンドリュー・フリーマン
  • 出版社/メーカー: SMD itaku (music)
  • 発売日: 2016/02/03
  • メディア: CD

私は現在45歳だが、68歳ぐらいまで、それぐらいの気概で生きていきたいものだ!

ジミー・ベインはリッチー・ブラックモアに見出されてリッチーがディープ・パープルを辞めて作ったバンド「レインボー」のセカンド・アルバムに参加(1976年)。当時、28歳。


Rising

Rising

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polydor / Umgd
  • 発売日: 1999/04/27
  • メディア: CD

 

その後、レインボーのボーカル:ロニー・ジェイムス・ディオと共にDIOを結成。LAST IN LINEはセカンド・アルバムのタイトル名。ブンブン唸(うな)るベースで結構好きだった。

ディオが亡くなり、黄金期メンバーが集まり、ニューバンドを結成して、亡くなる4日前にはマイアミでライブも行っている。

 https://www.youtube.com/watch?v=_rrhoy5-XZo

DIOの名曲「WE ROCK」ちなみに人指し指と小指を立てて拳を上げるのはメロイック・サイン。いわゆる悪魔のサインである。肩車されている子供までやっている(苦笑)。↓ 

https://www.youtube.com/watch?v=fplIpmn46do

We Are The Worldに対抗(?)共感して、ヘビメタ界も集まり「STARS」というチャリティ曲を作る。この作曲者がジミー・ベイン(とDIOのギターのヴィヴィアン・キャンベル)である。結構というかかなり好きな1985年の曲である。 

https://www.youtube.com/watch?v=qZktrrqT1A0 

人生には3つの坂があると言う。

上り坂、下り坂、そして「まさか!」

私たちもいつ突然死するか分かりません。

今を大切に生きていきましょう!シェーッ!


Holy Diver

Holy Diver

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分なりのルーティーン [社会]

昨日、大関琴奨菊が日本人力士として10年ぶりに優勝した。

10年ぶりというが、1年に6場所あるから、約60場所振りということである。

もしも・・・今後10年日本人優勝が無いとしたら、10年後まで生きて見れないという高齢相撲ファンも居る。それだけ凄いことなのである。ある格闘家が言っていたのを思い出すが、いろいろな格闘技の中で相撲が一番強い格闘技だと。それゆえに、門戸を世界に開いた為、世界の怪力たちや業師たちが集う修羅場となり、日本人の精神面を含む弱さをこの10年間見せつけられてきた。

昨日は瞬間視聴率も29%と高く、私も久々にTVにかじりついて観ていた。

琴奨菊が優勝した瞬間、大関のお父さんがおじいさんの写真を手に号泣するシーンにもらい泣きした。

優勝インタビューにも感動した。

そこで出た「ルーティーン」という言葉。


web辞書によると・・・http://www.weblio.jp/content/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3

「決まった手順」「お決まりの所作」「日課」などの意味の英語。たとえば「ルーティンワーク」は、業務上、毎回決まって行う作業を指す。コンピュータプログラムでは特定の処理を実行するための一連の命令群をルーチンと呼ぶ。野球では先発の打順を「先発ルーティン」などと言う。最近では、スポーツの試合のここぞという場面で、集中力を高めたりゲンを担いだりする意味合いで行われる選手独自の儀式的な所作を、ルーティンを呼ぶことも多い。


有名になったのは、ワールドカップラグビー日本代表で有名になった五郎丸歩氏のポーズだろう。

発音も昔は「ルーチン」と言っていたが、今では「ルーティ~~ン」である。

自分の中での「ルーティーン」というのが大事なのかもしれない。

私の中でのルーティーンと言えば、毎朝の神棚の水交換参拝、仏壇で線香先祖供養だろうか・・・。

食事のルーティーンと言えば、ヨーグルト、甘酒、豆乳、コーヒー、玄米。ほぼ毎日同じものである。1日30品目摂らなくても生きていけると実感している。

今後も益々「ルーティ~ン」を大事にしようと思った10年ぶりの日本人力士優勝である。

皆さんの「ルーティ~~ン」は何ですか?

ラグビー日本代表 五郎丸歩 〜桜のエンブレムを胸に〜 [ 五郎丸歩 ]



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感