So-net無料ブログ作成

コミック「僕だけがいない街」 [コミック]

マンガ大賞3年連続ランクイン「僕だけがいない街」を読み始めた。

映画になっているのも知っている。アニメもあるのも知っている。

でも、ここ最近「原作」という素材そのものの面白さに気付いて、今回は「原作」から入ろうと思った。

「原作」が面白いから、「ドラマ」化したり「アニメ」化したり「映画」化しようとしたりするのだろう。「これならいける!」みたいな感じで・・・。

あまり、サスペンス(殺人事件)などは好きでは無いのだが・・・○○大賞に選ばれる作品というのは「面白い」のは事実だからかじってみよう。

重大な事件や事故が起こる直前にもう一度タイムスリップする体質を持つ漫画家志望の(デビューはしているが、食えずピザ屋の配達でアルバイトしている)青年にまつわる物語。

一度経験した場面をもう一度追体験する(本人は「リバイバル」と呼ぶ)ので、しかも事件や事故が起こるのが前提なので、それを防止する為に(本人は面倒くさいから嫌なのだが)何か違和感が無いか探す。そして、その「違和感」を取り除くことで事件や事故が起きるという未来を変えるのだ。その特殊能力を持つ彼にも忘れ去りたい過去があった・・・。

いやぁ実に面白い。時々記憶喪失になり、自分という人間を数秒で追体験する無駄な能力を持つ私もこのマンガを参考にして、もっと世の中のお役に立てるかもしれない。

最近特に感じる「デジタル」から「アナログ」化、「出来合いのもの」から「自分で作る」、「与えられる」よりも「自分からつかむ」、「アニメ・映画・ドラマ」よりも「原作」・・・という大きな流れがある。

私の場合、全巻借りて一気に読んでしまう性格なのだが、それだと楽しみも一気に終わる。「終わりたくないよ~」というもう一人の自分が居るので一巻ずつ借りて読むことにした。そうしたら、少し未来が変わった氣がした。 

日々、少し先に何かちょっとした楽しみがあるというのはいいもんだ。 

 


僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース)

僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: 三部 けい
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2013/01/25
  • メディア: コミック


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アニメ「だれかのまなざし」 [アニメ]

新海誠監督6分44秒のアニメ作品「だれかのまなざし」を観た。

 https://www.youtube.com/watch?v=dSKPjZyiCs8

今月の子供との面会日に娘は来ない。

そんな時は・・・「大人の階段昇る君はまだシンデレラさ~幸せは誰かがきっと運んでくると信じてるね♪」 H2Oの「想い出がいっぱい」の歌詞をいつも思い出す。

先日より「原作の方が断然面白い」を検証するべく原作本を読み始めた。といっても漫画だが・・・

新海誠監督のアニメ映画「秒速5センチメートル」も何度も観た。原作をコミック化した作品を読んだのだが、映像では味わえない感動を得た。自分の脳を使った想像力が膨らむのだ・・・。まさに最近はやりの人工知能のように独自で世界を拡げていけるのだ。アニメという音や声や映像というものを押し付けられるのでは無く、自分で創造していけるのが楽しい。

「頭文字D」のように48巻まで読まなくても、2巻で完結というのがまた嬉しい。

新海誠監督の新しい作品「君の名は。」が8月に上映を控えているということで楽しみが増えた。

http://kiminona.com/

自分の中で世界がどんどん拡がっているのがわかる。宇宙が膨張を続けているように、私たちの中の小宇宙も拡がっているんだなぁ・・・。


秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンKC)

秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンKC)

  • 作者: 清家 雪子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/11/22
  • メディア: コミック


秒速5センチメートル(2) <完> (アフタヌーンKC)

秒速5センチメートル(2) <完> (アフタヌーンKC)

  • 作者: 清家 雪子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/04/22
  • メディア: コミック


秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コミックス・ウェーブ・フィルム
  • メディア: DVD

 

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「駆け込み女と駆け出し男」 [映画]

第39回日本アカデミー賞受賞作品(優秀主演男優賞・優秀助演女優賞)映画「駆け込み女と駆け出し男」を観た。

実在した幕府公認の縁切寺(鎌倉:東慶寺)を舞台にした井上ひさし原作「東慶寺花たより」でラストサムライ出演の原田眞人監督(ラストサムライで使われたお寺が出てくる)作品。

私が観ようと思ったきっかけは・・・大泉洋出演作品に「ハズレ無し!」と理不尽な現代社会(未だにある男尊女卑家庭:田舎には未だに現存、てか、うちの実家がまさにその典型的例)に物申す!為に(といってもブログだけの仮想世界であるが)江戸時代に政府公認の妻からの縁切り可能な寺があったことを知り、他者を知り、我を知る意味で借りてみたのだ!

まさに「大泉洋出演作品にハズレ無し」である!アカデミー賞受賞がそれを裏づけている!

(私の少ない鑑賞歴でも・・・「龍馬伝」「スープカレー」「グッモーエビアン」「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら」「探偵はBARにいる」「UDON」「アフタースクール」だけだが、全て満足作品です!)

男と女に関する問題は今も昔も同じなんだなぁ・・・ 


駆込み女と駆出し男 [DVD]

駆込み女と駆出し男 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD


東慶寺花だより (文春文庫)

東慶寺花だより (文春文庫)

  • 作者: 井上 ひさし
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/05/10
  • メディア: 文庫

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マンガという生活 [社会]

最近ハマッた映画(というかアニメ)に「心が叫びたがってるんだ。」がある。ネット批評を垣間見ると・・・映画>小説>コミックというものだった。人の感性は人それぞれで・・・私が網羅した結果は、映画>コミック>小説であった。といってもコミックは後追いで今も執筆中なので物語の途中ではあるのだが。

コミックって面白いなぁ・・・と46歳にして初めて感じた。

声優の声も無いし、音声もBGMも無いし、時間の制約(動画だと見逃したり、聞き逃したりもある)も無いから、行間を自分なりに考えることも出来る。マンガのストーリー(原作)を通して、BGMも自分で流しながら、まさに自分なりの映画が出来上がるのである。

そこでコミックに親しんでみようとコミックレンタルに足を運ぶと・・・「マンガ大賞2016」なるコーナーがあった。http://www.mangataisho.com/index.html

17歳の挫折した女子高校生が、バイト先の店長(45歳、バツイチ、子持ち)に恋心を持つというコミック大賞7位の「恋は雨上がりのように」 を借りて読み始めた。

有り得ない設定?おじさん好き女子も居るというから有り得るのか?

というより、人を好きになる気持ちは不変だから、キュンキュンしてしまいます♪

大賞にランクインするのもわかるなぁ・・・来月は新刊も出るらしいから楽しみである。

(先日観た映画「海街 diary」もマンガが原作なんですね~マンガから映画化というのも多数あるから、気に入った映画→マンガ、マンガ→映画もありかな?!・・・と。)ここ最近、数作、原作と映画を両方観て比べることがあったが、やはり原作の面白さを上回ることは難しいと感じる。といっても冒頭のネット批評の件と同じく、感じ方は千差万別である。

最近、タブレットで観るマンガ無料アプリも含めて、「マンガ」という世界に浸っている46歳男性、バツイチ、子持ちである(笑)。 


恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 眉月 じゅん
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/01/09
  • メディア: コミック


恋は雨上がりのように 2 (ビッグコミックス)

恋は雨上がりのように 2 (ビッグコミックス)

  • 作者: 眉月 じゅん
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/04/10
  • メディア: コミック


恋は雨上がりのように 3 (ビッグコミックス)

恋は雨上がりのように 3 (ビッグコミックス)

  • 作者: 眉月 じゅん
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: コミック


恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)

恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)

  • 作者: 眉月 じゅん
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/01/12
  • メディア: コミック

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「海街 diary」 [映画]

日本アカデミー賞受賞作品、「そして、父になる」是枝裕和監督作品「海街diary」を観た。

http://umimachi.gaga.ne.jp/

今日から上映される映画「海よりもまだ深く」http://gaga.ne.jp/umiyorimo/鑑賞チケットを母の日プレゼントにしたから、是枝作品が氣になっていた。

「やっぱり、日本人(日本映画)っていいなぁ・・・」というのが感想である。

外国人から見たら、日本人・中国人・韓国人・台湾人・モンゴル人…外見上区別がつかないかもしれない。外国映画で日本人役で韓国人や中国人が出ていて違和感を感じるが、作り手の外国人は気にならないのだろう。最近の相撲を観ていて違和感を覚えるのと似ているのかもしれない。しかし、外見上は同じでも、遺伝子上は大きく異なるらしい。

死んだ父が残した腹違いの妹と同居することになった四姉妹。

島国の中でひとつの大きな家族として生きてきた日本人。片や大陸で侵略や防御で生きてきた大陸人。親が誰であろうが、お互いを守りながら生きてきたのかもしれない。

湘南という海沿いでゆったりと時間が流れていく。映画鑑賞って贅沢なひとときですね~。「海よりもまだ深く」が益々楽しみになりました。

全ての映画を観ることは不可能だろうが、ひとつでも多く良質な映画を観て死にたい。これがあの世に行く前の私の願望である。神さまから「お前は事実は小説よりも奇なりを体験しとるやないか!」と言われそうだが・・・。

 


海街diary DVDスタンダード・エディション

海街diary DVDスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感