So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ふたりの桃源郷」 [映画]

映画「ふたりの桃源郷」を観た。まさにリアル「北の国から」だった。そんな現実の話が遠い北海道では無く、私の住む山口県にあったとは!?

http://www.kry.co.jp/movie/tougenkyou/

以下はチラシを転記します。


夫婦とは、家族とは?”生きること”の原点がここにある。

誰もが自分や家族に重ねずにはいられない。25年間の貴重なドキュメント。

山口県のローカル放送局・山口放送が、ある夫婦と彼らを支える家族の姿を足かけ25年にわたり追いかけたドキュメンタリー。カメラが静かに捉え続けた、電気も水道もない山で暮らす夫婦と、離れて暮らす家族の姿は、多くの人々の心を掴み、再放送を望む声が局に寄せられるなど大反響を呼んだ。山口県内および日本テレビ系列「NNNドキュメント」で長きにわたり放送され、「第4回日本放送文化大賞 テレビ・グランプリ」ほか数々の賞を受賞した伝説のシリーズ、待望の映画化!

山口県岩国市美和町の山奥で暮らす田中寅夫さん・フサコさん夫妻。二人が、電気も電話も水道も通っていないこの山で暮らすのには、ある理由がありました。山は、戦後まもなく一からやり直そうと自分たちの手で切り開いた大切な場所。高度経済成長期に大阪へ移住し、三人の子供たちを育て上げた寅夫さんとフサコさんでしたが、夫婦で還暦を過ぎた時、「残りの人生は夫婦で、あの山で過ごそう」と思い出の山に戻り、第二の人生を生きる道を選んだのでした。畑でとれる季節の野菜、湧き水で沸かした風呂、窯で炊くご飯・・・かけがえのない二人の時間に、やがて「老い」が静かに訪れます。山のふもとの老人ホームに生活の拠点を移した後も、山のことが心から離れない二人。離れて暮らす家族の葛藤と模索。そして夫婦亡き後、残された家族に<芽生えた>ものとは-?そこには、現代における”幸せの形”のヒントがありました。


ナレーションは、ドラマ「北の国から」純役の吉岡秀隆。

農家の私としても非常に考えさせられる内容だった。二人が生きる為に自分たちが食べる野菜を作る。

タバコも吸うし、ビールも飲んでおられたし、車も運転され、耕運機で畑を耕しておられたから、ガソリン代も掛かるが・・・夫婦で年金合せて6万円でやっていけることに感動した。(そこに感動すんのかい?!) 

お二人は93歳まで長生きされるのだが・・・農家が長生きなのを証明している。土に触れ、自然に触れることで、微生物や大自然から鋭気を養うのかもしれない。病気を患い、一旦老人ホームにお世話になるのだが、朝から晩までTVを見ているとボケるとご本人が言っていた。今の日本を象徴しているかもしれない。

当初、2週間限定上映の予定が好評につき、延長している。県内のある映画館では週間ランキング1位を獲得していたほど。全国では東京と名古屋のみらしくDVD化されるのかも不明だが、機会があれば是非観て欲しい映画である。

便利な世の中の今だからこそ、新しい”幸せの形”があります。ドラマ「北の国から」を初めて観た時のような衝撃がありました・・・。こんな夫婦に私も成りたかった(過去形 笑)。 

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「orange-オレンジ」 [映画]

映画「orange-オレンジ」を観た。

http://orange-movie.com/

https://ja.wikipedia.org/wiki/Orange_(%E6%BC%AB%E7%94%BB) 

https://www.youtube.com/watch?v=nwhkIfS8b6E

原作は累計発行部数600万部、全国書店員が選んだおすすめコミック2016では第6位、映画で主演の二人(土屋太鳳と山崎賢人) が日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。

この映画は学生をやっている子供たちに観てもらいたいし、原作が読みたくなりました。 

予備知識が全く無く、ジャケットを見ると・・・「高校生向けの映画」なのかな?と思いきや、大人向けの映画であることが後半分かってきた。大人になったからこそ分かる後悔。後悔を取り除けば未来が少し変わる。やはり、実践あるのみ!なのだ。

ネタバレになってしまうので多くは語れないが、何か小さなことでも「良かれ!」と思うことを実践することで未来を良い方向に変えていきましょう!いい映画だった・・・。もう1回観たくなった。


orange-オレンジ- DVD通常版

orange-オレンジ- DVD通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


orange(1) (アクションコミックス)

orange(1) (アクションコミックス)

  • 作者: 高野 苺
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2013/12/25
  • メディア: コミック


orange(2) (アクションコミックス)

orange(2) (アクションコミックス)

  • 作者: 高野 苺
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2013/12/25
  • メディア: コミック


orange(3) (アクションコミックス(月刊アクション))

orange(3) (アクションコミックス(月刊アクション))

  • 作者: 高野 苺
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: コミック


orange(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

orange(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

  • 作者: 高野 苺
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/02/20
  • メディア: コミック


orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))

orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))

  • 作者: 高野 苺
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/11/12
  • メディア: コミック

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の漢字は熊か? [社会]

先日、地元でクマの目撃情報(6月17日発表、周南署)が出た。

〔6月17日、周南市大潮の国木ヶ原橋付近国道315号沿いで、体長約1.2メートルのクマ1頭が国道付近から東側の錦川方向に進行するのを、車で通行中の人が目撃したもの。負傷者なし。〕
 
秋田では人食い熊も出て、田舎だけでは無い、神奈川県相模原市の住宅街でも目撃されたのだとか。熊は全速力で走ると時速50キロだなんて、人間は誰も逃げ切れない・・・。
 
周南市には熊毛という地名の鶴の越冬で有名な場所もあり、熊が居ても不思議ではない。
 
昔から熊は神の化身とされてきた。熊が付く地名は神さま事と関連がある。熊野古道しかり。
 
その神が人間の行いに業を煮やし、a熊(悪魔)に豹変しているのかもしれないなぁ・・・。 

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世知辛い世の中で [社会]

世知辛い〔せちがらい、意味:世渡りがしにくい、暮らしにくい、勘定高くて抜け目がない、せこい〕

語源・由来:「世知」は、本来仏教用語で「世俗の知恵」を意味し、日本では「世渡りの才」も表すようになり、さらに「勘定高い」「せこい」といった意味でも用いられるようになった言葉。世知辛いの「辛い」は「世知」を強めたものであるが、「世渡りの才」に対して「辛い」で「世渡りがしにくい」という意味になったのではない。「勘定高い」という意味の「世知」を強めた「辛い」で、世知辛いの本来の意味は「勘定高くて抜け目がない」である。「暮らしにくい」「世渡りがしにくい」という意味は「世知辛い人(勘定高い人)が多い世の中は暮らしにくい」という意味から派生した用法である。〔語源由来辞典より〕

かのニューヨークタイムズ紙で東京都の知事の記事で「This is sekoi-too sekoi」という一文が載せられたそうです。

「サムライ」とか「オタク」とか日本を代表する日本語として「セコイ」が認定されたかもしれない記念すべき事件であった。日本で一番豊かな都道府県の代表が汚名を残したものである。

そんな世知辛い世の中で、先日、スーパーで20代のレジ女性から話し掛けられた。普通、常連でも無い限りレジで声を掛けられることは無い。せいぜい「レジ袋ご入用ですか?」ぐらいでは無いだろうか?実は双方に心の余裕が無く(レジ担当は急いで処理しよう!買い物客は早く移動しよう!)セカセカしているからではないだろうか?

私が、米麹(こめこうじ)をレジに持っていくと・・・

その若い女性は「甘酒ですか?」と聞いてきた。

びっくりした私は「そうなんです!自分で作るのが楽しいんですよ!」と笑顔で答えると・・・またまた会話が繋がった。

「塩麹を作られる方もおられ、何を作られるのかな?って思って・・・」とお客さんが買うものから想像を膨らませている様子。

他人のことはどうでもいいような、世知辛い世の中で心がほっこり温かくなる出来事でした。

私も人の事に関心を持っていろいろと聞いてみたくなりました・・・。 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オタクにならない方法 [社会]

私の最近の記事は「映画」「漫画」「アニメ」である。はっきり言ってオタクである。元はヘビメタオタクだった。でも、最近は聞いてないなぁ・・・。どうしたことか!?

私の息子は高専に通っている。同じクラスの同級生が5人留年したのだとか。で、先輩だった人が数人留年で同じ学年に。それに耐え切れず中退する人もいるのかもしれない。何故、こんなことが起こるのか?高専卒業生ブログを読んでいてわかった。オタク化するのだとか。

オタクにもいろいろとある。

アニメオタク、漫画オタク、アイドルオタク、鉄道オタク、パソコンオタク、ゲームオタク、高専生に私のようなヘビメタオタクは居ないようだ(笑)。

オタクになると学校に来なくなるらしい。いわゆる引き篭もりというやつである。また、学校に来ていてもゲームや漫画を読んで授業どころでは無い人も居るのだとか。より専門性の高い人間に有りがちな、偏った方向に進むことがあるのだろう。オタクは突き詰めるという点では研究者や技術者に向いているらしいが、学生の身分でこれでは親がかわいそうだ。高専は就職率100%。息子が通う高専は就職希望者120名に対し、求人企業が約3000社。親としては嬉しい限りだが、中退や引き篭もりは親としても不本意である。

そこで、前述のブロガーが見てきた一般人が「オタク化」する様を解説していたが・・・その道(アニメ・漫画・アイドル・鉄道・パソコン・ゲームetc)に詳しい人とは関わらない方が得策だという結論だった。

何故かというと・・・初心者が、その道の先駆者の人と知り合うと・・・これを読め!とかこれを観ろ!とかこれを聴け!とか無料で貸し出され(プレゼントされ)かじる。 

次には自分でレンタルや購入等でかじっていく。となると、有料となるのでアルバイトとかして稼いでいく。稼ぐとお金が手に入るので自由に使っていく。この自由の仕組みにハマッて学校に行かなくなるケースにまで発展する。故に単位や出席が足らず留年。大学の仕組みと全く同じである。

ここで自問自答している本題なのだが・・・「世界から猫が消えたなら」にもあったのだが、もしも映画に関心が無かったら、映画に詳しい親友とも親友にも成れなかった訳だし、映画好きな元彼女とも出会えなかった訳である。だから、好きなものを否定するのは「本末転倒」「言語道断」なのでは?

私も音楽を通して素晴らしい友人とめぐりあえた!死んであの世に行っても自慢できる大切な財産である!

でもこの財産を留年するから付き合いをやめなさい!とか、音楽そのものへの関心をやめなさい!とは言えない。 

私の二人の子供、息子は車、娘はファッション、この関心事の火を親自ら消すことは有り得ない。私が20代の学生当時ヘビメタでロン毛でも親から否定されなかったのが幸いしている。

「好きにしなさい!」これが我が家の家風である。

父の日に思う・・・。自由に生かしてくれて本当にありがとう!わが子にも好きに自由に生きて欲しい! 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感