So-net無料ブログ作成

映画「向日葵の丘 1983年・夏」 [映画]

現代と30年前の過去が交錯する素敵な映画「向日葵の丘 1983年・夏」を観た。

 http://himawarinooka.net/

1983年・夏・・・私は中学2年生。キャッチコピーの通り「懐かしい80年代の青春が甦ります!」

メイキング映像30分も併せて観ることをおすすめします。 

高校時代の映画研究部、一生懸命大人を巻き込んで最後の文化祭の為にがんばって映画を製作するも報われず、その出来事から、30年間故郷とも親友とも疎遠になっていたシナリオライターの多香子(常盤貴子)。しかし、余命あと少しと知った親友と再会するために帰郷する。30年も経れば、いろいろなことが変わっているし、無(亡)くなっている。その現実を目の当たりにしながら、お蔵入りの8ミリ映画の上映会を行う。 

 映画なんて必要ない!という堅物の親父も出てくるが、本当にそうだろうか?

私は辛い時、映画やドラマや音楽に救われた。誰も救ってはくれない。自分の力で這い上がらないといけない。誰も自分の替わりにトイレには行ってくれないのだから。そんな時、ヒントになるのが映画やドラマや音楽ではないだろうか?もしも必要ないのなら、とっくに無くなっているはずだ。 

それにしても、80年代ってどうしてこんなに懐かしいんだろう?きっとマイケル・ジャクソンの「スリラー」とか観たくなりますので事前に貼り付けておきますネ。

 https://www.youtube.com/watch?v=4V90AmXnguw

10代としての青春はもう二度と戻って来ないが、今が青春と思えば、いつでも後悔の無い人生を楽しむことが出来る。

過去のわだかまりを変えるのも今にかかっています。未来は白紙、上書き更新が可能なのが人生。

常に人生をやり直して生きましょう! 

向日葵の丘 1983年・夏 [DVD]

向日葵の丘 1983年・夏 [DVD]

  • 出版社/メーカー: オデッサ・エンタテインメント
  • メディア: DVD

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「アホハライド」 [映画]

ホンダWING、もとい、本田翼を最近追っかけていて、彼女主演の映画「アオハライド」を観た。

http://www.aoha-movie.com/ 

アオハル(青春)とRIDE(乗る)という言葉を掛け合わせた造語で「青春に一生懸命乗っていく」という意味が込められているらしい。原作は「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」の第3位らしい。

無邪気で明るい子供だった私の息子。小4で(小1~小4までの年少チーム)キャプテンを務めていた。責任感があり、クラス担任の先生からも「将来クラスや学年を引っ張っていく存在」とまで言われていた。

しかし、その年に離婚を決意。少し早い思春期が始まっており、離婚経験者の話を聞くと・・・「思春期中の離婚は子供の転落人生になる。荒れ(グレ)るか引きこもりの二つのパターンが多い」とのこと。息子の将来を思い、離婚を決意した。

離婚後、再婚して苗字も変わり、息子の卒業アルバムを学校の許可を得て、拝見したが、苗字のところにシールが貼られていて、息子も辛かっただろうなぁ・・・会員制のアミューズメント施設に入る際、更新時に学生証の提示が求められ、新しい苗字で会員証を作ることを拒否して、それ以降そこにも行かなくなった。 

東出昌大演じる田中洸(こう)→馬渕洸が息子とダブって見えて泣けた。

離婚後、笑顔を見せず、同級生とも距離を置き、好きだった双葉(本田翼)とも本音で話さない。

洸は何も打ち込むことが無く、似た境遇の成海(高畑充希)が唯一の拠り所。しかし、仕方ないが屈折した青春時代を過ごしているところに双葉と4年ぶりに再会。歯車が元に戻り始める・・・。

私の息子はその後も野球を続け、高校最後の試合はたまたまTV中継があった試合。PL学園(清原と桑田がいた当時)と甲子園で決勝戦を戦った宇部商の名将:玉国(たまくに)元監督が解説で、息子の守備やバッティングにお褒めの言葉をいただいたのが親バカだが、自慢の息子である。野球が息子を救ってくれた。草葉の陰から練習を見たことがあるが、私には見せない笑顔だったのが救われた。

※「親バカ」という表現を使ってよく思い出すのは・・・「あなたがこの子の親バカにならないで誰が親バカになるっていうの?」という言葉を掛けてくれたことだ。「親バカ」でいいんだ!・・・と。

少女コミックだけど、息子の離婚当時の心境を知るためにも読んでみようかな? 

離婚経験者は語る:子供が思春期中の離婚は絶対にしない方がいいですよ!ではどうするべきか!?耐えるべし! 

 


アオハライド DVD 通常版

アオハライド DVD 通常版



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「江ノ島プリズム」 [映画]

映画「江ノ島プリズム」を観た。

http://enoshimaprism.com/ 

ドラマ「恋仲」の主演三人(福士蒼汰、野村周平、本田翼)がそっくりそのまま、似たような配役で演じてた3年前の作品。

病弱な同級生(野村周平)が高2の冬、死んだのは自分のせい(彼の自転車を借りたため、無理に彼を走らせた)と思い込み、過去を引きずる主人公が、何度もタイムトラベルして彼が死ぬ前日に舞い戻って、何度もやり直すパラレルワールド物語。

過去を変えると未来まで変わってしまう!その危険性を顧みず、友人の死や好きな幼馴染の気持ちを思い、失敗しながらも何度もタイムトラベルをやり直す恋愛ファンタジー。

でも観るものも、主人公本人も最後にどんでん返しを受ける、涙の物語でもあった。

ドラマ「恋仲」好きな人はこちらの作品も見ることにより、全く別の物語だけど、三人をもっと好きになります!

最近、ホンダWINGもとい、本田翼を追っかけている自分がいます。音楽でいうヘタウマというやつかな?演技の一生懸命さが伝わってくるのをみて、自分も人生の演技をがんばろう!って思わせていただいております(笑)。 


江ノ島プリズム [レンタル落ち]

江ノ島プリズム [レンタル落ち]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラマ「恋仲」 [ドラマ]

ドラマ「恋仲」全9話を観終えた。

http://www.fujitv.co.jp/koinaka/cast/ 

「恋仲」とかまさに恋のライバルの話である。

幼馴染のあかり(本田翼)と葵(福士蒼汰)と高校時代転校生の苗字が蒼井(野村周平)の三人の恋愛模様。

予備知識無いままで観たので、この展開今後どうなるんや!?とドキドキハラハラで大どんでん返しの最終話を迎えた。(さすがドラマである。面白おかしく最後まで引っ張る展開にまんまとハマッてしまった)

最後は涙を流しながら、二回続けて観てしまった程。

結果を気にせず、思いっきり後悔しない人生を生き切ること!

そんなことをこの青春ドラマから学んだ。

実はこの三人、映画「江ノ島プリズム」でも似た関係を演じており、それが今回の起用につながったのかな? 

私は40代後半だが、生きている限り常に青春真っ只中!ぐらいの気持ちで思いっきり、今の人生を楽しみましょう! 

(本田翼ってお父さんがバイク好きで、ホンダWING(ホンダのロゴマーク、本田宗一郎はバイクエンジンをいずれ飛行機に発展させたかった。ホンダはその夢を叶えている。)から命名したのだとか。本田翼だけで無く、そんなお父さんも好きになりそうだ!) 


恋仲 DVD-BOX

恋仲 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

江ノ島プリズム [DVD]

江ノ島プリズム [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD

 

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポケモンGO [社会]

先日、twitterやfacebookの便利さの記事にしたが・・・

以前、ETCの危険性の話を聞いたことがある。ETCを利用することにより、いついつどこを通過し、どこにいることを管理されている。故にETCは使わない方がいいと。しかし、今現在、ETCを使わないレーンは人が切符を切るのかと思いきや、清算は機械に変わっている。人間が淘汰された形である。いずれレジとかも人が必要なくなるのだろう。

ポケモンGOについては全く関心が無かったが、身近に危機が迫っている感じである。

というのも、GPSで管理され、ビッグデータに送信され、個人行動が管理される可能性があるというのだ。

ETCは車管理、車の所有者が何人乗せようと一台の管理下だったのが、今度はスマホにより個人個人の管理になるのだとか。

まぁ有り得なくも無い話である。

そればかりでなく、グーグルマップのような公道からのビューではなく、私的場所(家や会社など)建物内部の情報まで管理されてしまうというのがミソなんだとか。

twitterやfacebookなどアップした時の情報だけだったのが、今度はGPS情報や画像情報を駆使されて搾取されていく。恐ろしい時代に突入している。

便利や楽しい裏側にはそれ以上の何かがあると思った方がよいのかもしれないにゃぁ・・・。 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感