So-net無料ブログ作成

インターンシップ [社会]

インターンというと病院における研修医を真っ先にイメージするが、実習生という意味であるらしい。

うちの息子は高専に通っており、新入生の年度からはインターンが必須科目らしいが、息子入学時はインターンは選択科目で取ろうが取るまいが自由だったようだ。でもこのインターンというのは企業側の話を聞くと非常に重要な様子で「息子さんも絶対に受けた方がいいですよ!」とアドバイスをもらった。

というのも、恐らく4月に入って、学校の就職担当者よりインターンの説明があったそうだ。ボヤボヤしていた息子も悪いのかもしれないが、将来行きたい企業にインターン希望を出したところ、選考で落ちたのだそうだ。理由を聞くと「先着順」だったのだそうだ。結果論であるが、最初に「先着順で決めます!」とアナウンスすると・・・その直後から殺到し、あの新年あけて1着を目指してダッシュする若者のように猪突猛進する若者に溢れ(今時そんな争奪戦もいいのではないか!と思うが)混乱してしまうからの冷静なアナウンスだったのだろう 。

ボヤボヤしていた息子は悪くない。それを察知出来なかった親の私が悪いのだ。就職に関しては毎年、就職担当教員により変わるらしい。そこまでは情報入手していたのだが、「先着順」とは予想外だった。成績順とかならまだしも・・・。

その後、息子はインターンは必須単位ではないので行かない!と言っていた。

ショックやむ無し!とは思ったが、「インターン」が次の役に立つからどんな企業でも絶対に行く方が好ましい!と私なりの持論で案内して、「言うべきことは言った」だから、それでインターンに行かなくても私的には後悔は無い。実は言うべきこともいわずに、後悔することが多々あるのだ。迷った時は言うべきである。

その約二ヶ月経過後・・・息子は自らの意志でインターン先を決め、約1週間研修を終えたそうだ。

その企業を聞いて調べると・・・中小ながら、県内の素晴らしい世界に向けて活躍している輸出企業であった。

教訓・・・子育てや企業内においても「言うべきことは言う!べし」あとは・・・野となれ山となれ! 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「捨てがたき人々」 [映画]

ジョージ秋山氏原作の映画化作品「捨てがたき人々」を観た。

 


捨てがたき人々 [DVD]

捨てがたき人々 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

ジョージ秋山氏といえば、漫画「浮浪雲」を第1巻から20巻?ぐらいまで読んだことがあり、武士時代の物語だが、エロティックあり、必殺仕事人的天誅あり、達観した世界観があった。なんと今も連載中で今現在107巻まで続いているという・・・才能ある人って枯れることが無いんだろうなぁ・・・

その息子:秋山命がプロデュースした暗部にスポットをあてた作品「捨てがたき人々」はR18指定の作品である。

私は大森南朋出演作品にハズレ無し!と感じているのと(大河ドラマ「龍馬伝」の彼は凄かった、映画「キャッチボール屋」も大好きな作品)紹介文に「人は何故生きるのか?」という文言に惹かれた。

人間というか動物の三大欲求①食欲②性欲③睡眠欲の②にスポットを当てた作品といったらいいだろうか?

先日読んだ漫画「まだ、生きている…」が①食欲にスポットを当てたのと真逆な作品だが、衝撃的な内容だった。理解出来ずに3回観たが、今も自問自答している「私は何故、この世に生を受けたんでしょうか?」「私は何故、本名(○○○○)なんでしょうか?」 

今日は月に一度の二人の子供との面会日。性欲が無ければ二人の子供も生まれていない。食欲も大事、性欲も大事、睡眠欲については私なりの考えを今度書きます。人間として動物として避けて通れない内に秘めた大事なものである。

以下は〔映画(捨てがたき人々)作りの舞台裏〕 です→

http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=6986

http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=6987

http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=6988 


捨てがたき人々 上 (幻冬舎文庫)

捨てがたき人々 上 (幻冬舎文庫)

  • 作者: ジョージ 秋山
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/02/07
  • メディア: 文庫


捨てがたき人々 下 (幻冬舎文庫)

捨てがたき人々 下 (幻冬舎文庫)

  • 作者: ジョージ 秋山
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/02/07
  • メディア: 文庫

 


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホテル業界も大打撃になるのでは? [社会]

某俳優がホテル従業員に対する強姦致傷容疑で逮捕された事件を聞いて・・・娘を持つ私としては「ホテル業界に就職したい!」と娘が言えば「NO!」と反対するかもしれない・・・と思った。ということはホテル業界としても人材難になる可能性も秘めた大打撃になるのでは?

本人の出演作の撮り直しとか母親の出演自粛とかTVを観ない私からすればどうでもよくて。日本人のたった一人の一行動で日本の世界が悪い方向へ変わる可能性だってある。日本人全員が常に綱渡り人生なのである。上手くバランスを取りながら綱の上を歩いているだけで、転落したら真っ逆さま。

友人に超有名ホテルに就職したことがある人間が居るから、今回の事件のこと今度聞いてみよう・・・。

本人は量刑に反映するから絶対に否定するだろうけど、計画性があると思うけどなぁ・・・宿泊客のコメントからすると美人でスタイルの良い女性だったのだとか。真実は闇に葬られる。けど、あの世に行けば、彼は断罪させらられる。この世とあの世でセットと考えれば辻褄が合うのでそれでよし! 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログ始めて10年 [社会]

私、ブログを始めて10年に至り、一大決心をしました!(笑)

nice!受付とコメントを開始します!コメントに対する回答も日々していきます! 

当初のブログ(2006年8月18日開始)を自分自身で改めて読み始めて・・・

コメントを停止した背景は・・・ブログ開始したら・・・真っ先に「Takako」さんという方がアメリカ?から応援コメントをいただきました。それなりに答えておりました。次にnaonaoさん(東京在住の明治大学ご卒業、女性ながら一人で世界をバックパッカーで旅行した経験のある聡明な女性)からコメントをいただきました。 そしたら、私のブログコメント欄で私の記事を通してお二人のバトルが始まったのです!「精神世界」を当初(笑)うたっていた私にとっては「私の提起」に対し「感じ方」は自由と静観しておりましたが・・・バトルの激しさが増すにつれ、「問題提起」した私に原因があると思い、コメント欄は差し控えることとしました。

あとniceについてはnaonaoさんが672の記事に対して6302(2016/8/28現在)に対して2642記事に対して889のnice!しか無いのに悲観してnice!勝負ではなく、記事勝負に打って出ようと思ったからです。実は888の末広がり数で止めて置きたかったのですが、タッチの差でnice!が入り889と今現在なっております(笑)。

しかし、隔絶された田舎社会(農業社会)に飽きが来て、ブログ開設10年の節目を迎え、コメント欄とnice!(少ないほど結構:M気質なものでそこに喜びを感じます!)を復活させます!

どんなご批判にも耐え得るM気質ですから(笑)

これからの10年も(まだやるのか?)よろしくお願いいたします!

会ったことも無い東京在住のnaonaoさんのおかげで今まで続けることが出来ました!本当にありがとうございました!

(私山口在住、これぞ!ネット社会の面白さです!) 

 


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミック「まだ、生きてる…」 [コミック]

本宮ひろ志氏の2007年の漫画「まだ、生きてる…」①②を読んだ。

本宮ひろ志氏といえば、「サラリーマン金太郎」や「俺の空」が有名らしいが、いずれも読んだことがない。

コンビニに陳列しているコミックで面白そうな表紙(原始人みたいな格好)と裏表紙の解説(離婚し、家族も退職金も年金も無い中で老後、山の中で生きていく・・・そんな内容だった)に惹かれ、読んでみた。

コツコツと真面目に定年退職まで働き続けた経理一筋のしょぼくれた男。退職金が振り込まれると同時に、妻と娘と息子に全財産を持ち逃げされ、所持金は1万6千円。故郷の田舎で死のうとロープを買って山奥へ。自殺は成功したかにみえたが、目が覚める。そこから「死ぬまで生きる」と決意し、自給自足の生活が始まる。

昔、おじいちゃんに育てられた時、鹿の家族と出会った時の言葉を思い出す。「ナベ・カマ持たねえで所帯はって子供育てて・・・苦労とも思ってねえ」「人間が一番バカじゃ」「食うだけじゃあきたらず、戦争までおっぱじめて殺しあってのぉ」この一節に私は何だか救われた氣がする。

最近、私の同級生が小さい子供を残して亡くなった。私たちは何のために生きているのか?自問自答している。

寿命にはいろいろとある。80や90歳で亡くなり「大往生」と言われることもあれば、胎児でお母さんのお腹の中で亡くなる場合だってある。その命の寿命(いわゆる天寿)を全うしたのだろう。

前記の小さい子供を残して亡くなった同級生と比べれば、私なんかはまだ幸せだ。離婚したとはいえ、二人の子供もそろそろ一人で生きていける年齢になってきた。ここまで見届けてこれたのだから・・・。子供が就職して、結婚して、子供を持ち・・・その頃まで生きて見届けたい!それは今の時点では欲に値するのだろう。

この漫画の主人公:うだつのあがらなかったサラリーマン:岡田憲三のように山の中でひっそりと暮らし、文明という社会には属していないが、地球の背中で暮らす生き物としては立派な社会の一員である。「食べることのみ考えて、死ぬまで生きる」結局のところ・・・人間も動物なんだからシンプルに生きたのでいいのかもしれないなぁ・・・。

今年は益々コミックにハマリそうである。深い世界観があるし、映画と違って、自分のペースで自分の頭で考えながら読み進むことが出来るので脳の活性化にもなるのではないのかな?

これは決して、愚民化政策の3S(Sports・Screen・Sex)にハマるのとは一線を画していると思うのは私だけだろうか?


まだ、生きてる… (ヤングジャンプコミックス)

まだ、生きてる… (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 本宮 ひろ志
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/07/19
  • メディア: コミック


まだ、生きてる… 2 (ヤングジャンプコミックス)

まだ、生きてる… 2 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 本宮 ひろ志
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/08/19
  • メディア: コミック

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感