So-net無料ブログ作成
検索選択

アナログ→デジタル→アナログ、社会は復古する [社会]

私たちは、試行錯誤の上、生きているようなもんだ。

先日の「米を研がない」では無いが、「米を研がない」→「米を研ぐ」→「米を研がない」に戻るように(?)、音楽の世界も「アナログ」→「デジタル」→「アナログ」に戻りつつある。レコードの復活やハイレゾがその証明かもしれない。

そもそも波のような波形(アナログ)をアナログに似た波形(1と0を使って)にボコボコ(カクカク)した波形のようにして、デジタル処理して人間が勝手に不要と思われるものを削って便利さを追求。しかし、それではどうも満足を得られないので、やっぱりアナログに戻る。

クラシックコンサートをホールで聴くのがいまだに無くならないのは、究極のアナログの世界を楽しみたいからであろう。私も来月開演される、お寺であるアコースティックライブを楽しみにしているぐらいだ。やはり、その場でしか味わえない空気感というか心地よい波長というものを求めているのだろう・・・。

さんまのホンマでっかTVで有名な研究者「武田教授」(中部大学)の音声ブログ【科学と命17:2万Hz】も興味深い→http://takedanet.com/archives/1062727057.html

この科学と命シリーズは是非いろんな人に聴いてもらいたい内容です。

2万Hz以上の音を人間は心地よいと感じるらしく、森の中ではその2万Hzが出ているという研究結果があるというのだ。

しかし、CDはその聞こえない領域の2万Hzをカットしているので、結局LPレコードに戻る人が居るというのだ。 

私は海岸沿いの山の中腹に住んでいるので、波の音を聴くのも森林浴も可能だ。もっと積極的に活用すべきだった。

昨日の映画「イン・ユア・アイズ」もテレパシーがテーマだったが、今後「テレパシー」についても科学的な研究が進むことだろう。目には見えない・耳では聴こえないけれども・・・そこに存在する何か。それに気付くか、無駄だと考えるかはあなた次第です[パンチ] 

CDでは味わえない2万Hzの世界をもっと積極的に楽しみましょう! 


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」 [映画]

2014年アメリカ映画「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」という映画を観た。

予告編→https://www.youtube.com/watch?v=8cr0e7ilZSk 

脚本家があの独創的な世界「トイ・ストーリー」の脚本家で、SF恋愛ファンタジーという不思議な感じでオススメコーナーに置いてあった。

アメリカは広く、方や北東部のニューハンプシャー州(ニューヨークの更に北でカナダに近い)に住む女性と、方や南西部のメキシコに近いニューメキシコ州に住む男性との恋物語。なんと時差が2時間もある。

二人は小学生の頃、不思議な体験をする。女の子が雪山でのソリ遊びで止まらずに木に激突する大怪我をするのだが、男の子も授業中、急に目の前に雪山を滑走する場面が見え、女の子の激突と同時に教室内で倒れ、意識を失う体験をするのだ。

それから時は流れ、女の子は病院の院長夫人として何不自由ない優雅な生活をしていた。

男の子は賢いが、幼馴染の悪ガキに利用され、犯罪に加わり自分だけ捕まり、現在は仮釈放中で車の洗車場で働く日々。

そんな中、ある日突然、男性の目の前には院長夫人の視界が映し出され、院長夫人の目の前には男性の視界が映し出される。ニューメキシコは暑くても、ニューハンプシャーは雪が降っている。それぞの寒さ、暑さや匂いまでも感じることが出来るのだ。そして口に出してしゃべることで会話も出来る。鏡を通して観ればお互いの顔や姿が観れることも。お互いに美男美女。だんだんと惹かれあっていく。しかし、周囲にとってみれば「ひとり言」なので、奇妙な光景であり、洗車場主からも怖くて雇えないと解雇。院長からも浮気や統合失調症の疑いで精神病の独房のようなところへ入院させられることになる。

そこで、男性が警察に追われながらも助けに行くという純愛物語。

今年大ヒット中のアニメ「君の名は。」も時空を超えたラブストーリーであり、やはり設定が面白い。音楽が誰が演奏するとか誰が歌うとかよりも「メロディ」が全てであるのと同じで、映画やアニメ(漫画)はやはり「設定」が全てなんだろうなぁ・・・。

科学では分からない事多数らしいが、その内、「テレパシー」についても解明出来る日が来るかもしれない。

親子レベルなら「相手が何を考えているか」分かるかもしれない。しかし、夫婦レベルでは「全く分からなかった。」だから私は離婚した。でも映画やドラマやアニメの設定は赤の他人の男女が「テレパシー」で惹かれあうのが常だから、やはり無いものねだりなのかな?でもそんな事を言っていたら世の男女は惹かれ合わないから、やはり「惹かれる」何かがあるのだろう。こんな冷めた事を書く時点で私は引かれているのかもしれないなぁ。

映画は「こんな美人な女優さんがいるんだな!」と目の保養にもなり、ストーリーも単純に面白かったです。さすがにトイ・ストーリーの脚本家ですネ!人間の才能はきっと枯れないのだ! 

主演女優:ゾーイ・カザン→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%83%B3 


イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち [DVD]

イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米を研がない [健康]

私は玄米食です。白米を食べる人の気が知れません・・・というぐらい玄米が好きだ。

ここ数ヶ月、「米を研がず」に炊いているが、これにより益々玄米の美味しさが増した気がする。

「毎日豆乳」という機械(約1万円)を使って自家製豆乳を作るのだが、大豆(自家栽培)を一晩水に浸けておく作業がある。すると小さなパチンコ玉ぐらいの大豆が翌朝には倍ぐらいの大きさのまさに枝豆ぐらいの大きさに膨らんでいる。これにヒントを得た。

玄米を丸一日(約24時間)水に浸けておくのである。すると大豆のようには大きくならないが、少し膨張している。ということは水を含んでいるので、研いで傷を付けて糠の一部を捨てるのでは無く(玄米党にとっては糠を食べたいのである)、研がずに炊いてもやわらかくなるのでは?という仮説に基づいてのことだ。玄米は水に浸けることで毒素が出るので、何度か水交換が必要で、その浸けたままの水で炊いてはいけない。

そもそも「米を何故研ぐのか?」である。

精米のことを農家では「米をつく」というが、昔は杵(きね)のような棒で米を上下に叩いて(ついて)米の表皮の糠(ぬか)を剥がしていた。江戸時代後期、この「米をついた」白米がはやり、田舎でも江戸に憧れてピカピカ光る「銀シャリ」が流行りだしたのだそうだ。

それと精米すると「甘み」が増すから、玄米よりも美味しく感じたのだろう。

しかし、精米が現代のように機械化されていなく精度も高くなく、糠を落とすために「研ぐ」のと、ゴミも混じるから研ぐことで一石二鳥となった。

結論から言うと・・・現代の技術ではそもそも「研ぐ」必要がないのである。

「米を炊く時はこうするのよ!」と母や義理の母から教わったとかであろうが・・・そもそも江戸時代後期以降の話である。

それまでは玄米で研がずに食べていたということになる。(←これは私の推論)

ということであれやこれや(何時間浸けるのが最適なのか?)試したところ丸一日(約24時間)がマイベストとなった。

玄米を10時間水に浸けると発芽玄米になるらしいから、発芽済み玄米といったところだろうか?

ジャガイモも芽は毒素があり食べてはいけなから、もしかして発芽済み玄米は毒素を含んで危険な状態なのだろうか?

まぁフグも肝に毒があり、肝が一番美味しいらしいから、それで死んでも本望ということで食べていたらしいから、私がこの「発芽済み玄米」を食べても本望である。

玄米をやわらかく食べたい人なら従来通り「研ぐ」必要があるが、私のように玄米特有の皮がはじける「プチプチ感」が好きなものには、やわらかい必要が無いのだ。といって硬い訳でもなく、そのために24時間浸けているのだから。 

ダンボールに入っているクッション材:プチプチを潰すのが好きな人は「玄米食」に向いているかも!? 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画興行収入ランキング [社会]

映画「君の名は。」が何と・・・「もののけ姫」を超えるペースなのだとか。当初、私の観た感想では「崖の上のポニョ」と「風立ちぬ」の間ぐらいか!?との予想だったが、それを大きく上回る結果となりそうだ!これをキッカケに新海誠監督の過去作「秒速5センチメートル」にスポットが当たればいいなぁ・・・と思う。「言の葉の庭」にもスポットを!

「君の名は。」を観たという息子に「それなら・・・新海監督の『秒速5センチメートル』を観てみて!」と薦めて、実際に観たらしいが・・・「よくわからんかった・・・」という感想をもらった。感じ方は親子でもそれぞれ。私は10回ぐらい観たが、君の名は。の主人公声優の神木君は30回観たと言っていたから、よっぽど好きだったのだろう。私の場合「いいよ~!」と押し付けてしまう癖があるが、感じ方は人それぞれである。 

ここで過去邦画歴代興行収入ランキングベスト10と総合ランキングを残しておきます。というのも「君の名は。」が気になり毎回これをチェックしており、今どの辺なんや?といちいち調べるのを省く自分のメモとして・・・。公開年と併せて懐かしさをお楽しみ下さい!邦画:宮崎駿強し!洋画:ハリーポッター強し!いまだ観ていないもの多数。まずは観るべきなのか?

 

  1. 千と千尋の神隠し 304億円 2001年
  2. ハウルの動く城  196億円 2004年
  3. もののけ姫     192億円 1997年
  4. 踊る大捜査線THEMOVIEレインボーブリッジを封鎖せよ!173.5億円 2003年
  5. 崖の上のポニョ  155億円 2008年
  6. 風立ちぬ      116億円   2013年
  7. 南極物語      100億円 1983年
  8. 借りぐらしのアリエッティ 92.5億円  2010年
  9. 子猫物語      91.8億円  1986年
  10. 天と地と      85.8億円  1990年
洋画
  1. タイタニック          272億円  1997年
  2. アナと雪の女王         259億円 2014年
  3. ハリー・ポッターと賢者の石   203億円 2001年
  4. ハリー・ポッターと秘密の部屋  173億円 2002年
  5. E.T.             163億円 1982年
  6. アバター            156億円 2009年
  7. アルマゲドン         142億円 1998年
  8. ジェラシック・パーク      141億円 1993年
  9. ラストサムライ         137億円 2003年
  10. ハリー:ポッターとアズカバンの囚人135億円  2004年

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

音楽「竹原ピストル」 [音楽]

今、話題(?)の・・・というか私の中で話題の「竹原ピストル」氏にハマっている。

あるブログで「LIVE in 和歌山」という歌詞の素晴らしさを知り、youtubeで検索した結果、ハマってしまいました。あと・・・ある方のブログでご紹介のあった吉本新喜劇の黄色いスーツを来たヤクザのあんちゃんの「いいよ~」もお気に入りでございます(笑)。ブログというのは素晴らしい世界です!私も何か良いことや役立つことをお知らせ出来るように、その末席というか一端を担っていければ幸いです。

※私は自称メタラー(ヘビーメタルが好きな人たち:METALerという日本語の造語)だが、長渕のギター一本の時代の頃が私の音楽のスタート時期でその頃の彼が今でも大好きです。)

「LIVEin和歌山」→目の前の髪の長い女性が最前列に居られ、そのファンさ加減に非常に好感が持たれます。https://www.youtube.com/watch?v=IglkpAaV02s&list=PLr24ODac6SSINlZHshxQOARQ5lmK4L4Sr&index=17

「よー、そこの若いの」→https://www.youtube.com/watch?v=G9YgNxMB9Uo

どうやら、玉置浩二の目に留まったらしい→https://www.youtube.com/watch?v=mJLtjVDu9Tg

今田・東野とライブトーク→https://www.youtube.com/watch?v=2lS7t7Nigyc

中島みゆきカバー「ファイト」→https://www.youtube.com/watch?v=hO9gx3Vj84Q

3.11はライブで福島で被災したらしい→https://www.youtube.com/watch?v=LqwOd8mnITg 

youtubeには「竹原ピストルを一日中聞きたい。」というコーナーもあるので激しく同意です!

お笑いの天才:松本人志が自身の映画作品に起用したという「さや侍」も観たくなりました!

追伸:彼の前身バンド:野狐禅まじウケました→ https://www.youtube.com/watch?v=trvSg5JIacg


 


さや侍 [レンタル落ち]

さや侍 [レンタル落ち]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD


父から娘へ~さや侍の手紙~

父から娘へ~さや侍の手紙~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日: 2011/07/06
  • メディア: CD

BEST BOUT

BEST BOUT

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2014/10/22
  • メディア: CD

 

 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感