So-net無料ブログ作成
検索選択

日本文化の素晴らしさ [社会]

今年一年閲覧下さり、ありがとうございました。

先日観た「THE MANZAI」や「M-1グランプリ」で改めて「日本独自の文化」の素晴らしさを実感しました。

私自身は、今年初めて漫画(コミック)の素晴らしさに触れ、日本のアニメへの関心も深まった次第です。

明日、みんながお参りするであろう、神社(神道)という文化も含めて・・・不思議な国:ニッポンですね。

私は米農家なので、玄米食の素晴らしさを今後も発信して行きたいなぁ・・・と感じています。

M-1で優勝した漫才「銀シャリ」ならぬ「金シャリ」の素晴らしさをもっと日本人や世界の人へ!私のブログが出来ることはそれぐらいです・・・。野菜の直売でもお世話になっている職場でも同僚らに「玄米」のことばかり言うので「玄米の伝道者か?」と言われています。

「玄米の伝道者」として今年最後に言いたいことは・・・「玄米とカレーの組み合わせは最高ですよ!」

(どこが日本文化やねん!?)でも、カレーライスは日本で独自に変化した料理なのでお許しを・・・。私は玄米カレーで年越ししたいぐらいです!

どうぞ皆様良いお年をお迎え下さい。(グリーン玄米カレー最高!) 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今生きているだけでラッキー [社会]

娘と今年最後の面会日、「来年の手帳を買おう!」と娘の好きな雑貨屋に行った。

物凄い数の手帳がある中で、私は今年のが使い勝手が良かったので似たものを探していたが無かった。

で・・・目に飛び込んで来たのが表紙に

「I'M SO LUCKY.」

「I'M LIVING NOW,TODAY,THIS YEAR.」

とあったのでそれに決めた。

今年、私の新卒入社会社で同期の女の子が乳癌で亡くなった。享年47歳。幼い子どもを残して・・・無念だろうが、それも天命。

「私はとても幸運だ!」

「私は今年の今日、そして今、生きている!」

これを日々意識していくしかない。「生きているだけで丸儲け」や「生かして頂いて 有り難う御座います」という名言と同じで気に入った。

更に嬉しかったのは、娘も数ある手帳の中から私が選んだ手帳と色違いのを選んだことだ。

彼女が8歳の頃、離婚してしまったから9年経過しても寂しいのだろう。「父さんのとお揃いで一年間繋がっていられる・・・」と感じた。

やはり・・・子どもが大人になるまでは、子どもの人格形成のためにも、離婚はすべきでは無い。(経験者談)

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい事に挑戦!そして次世代へ継承! [社会]

18歳の息子が楽器のベースを買ったというので、断られるのを覚悟で「父さんと二人でスタジオに入ろう!父さんがドラムを叩く!」と言った。ちなみに私はドラムなど叩いたことは無い。しかし、ドラムの講師もしているという高校時代の同級生に「初心者にどんなことを教えてるの?」と聞いたことがあるのだが、至ってシンプルで・・・「ひたすらリズムキープの練習をさせる」のだとか。それなら私にも出来そう?だ。「歳だから出来ない!」というのはもうやめにしよう!orやめにしませんか?

面会日の待ち合わせに息子はベースを持ってきた。彼が好きなバンド:SCANDAL(スキャンダル)の「会いたい」という曲を演りたい!と私が提案し、車の中でその曲をリピート再生。彼はスタジオに入るのも初めてで・・・映画「TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ」でアンプの電源が入ったまま、シールド(コード)の抜き差しをしてならない!シールド(コード)は八の字に巻くとか・・・なぜなら主人公はそれが元で地獄に行くはめに(笑)、次の人たちのために機材は元通りに、とか後片付けもあるので演奏は5分前に終了とか基本的な注意事項を説明。全ては初めが肝心である。

親として、私がこのブログで言いたいのは、子供のしつけは親の責任。子どもにとっては全てが初めてなのだから、どう対処するべきか、親かジェダイマスターからしか学べない…ジェダイマスターが居ない現在(笑)、親か学校の先生からしか学べない。昔は地域の人からだったが、今はもう知らない人から声を掛けられたら(しつけしようとしても)子どもたちは逃げるしかない世の中なのだ。

それと・・・親は皆が福山雅治のような何でも出来る人間ではない。ギターもヘタだし、ドラムも叩けない。しかし、ベースをやりたい息子がいれば、リズム隊のパートナーとしてドラムがヘタでも親が挑戦してもいいではないか!子どものためには親として全力を尽くす。子どもの運動会で走れなくても全力で走ってこけるお父さんが私は好きだ。ちなみに・・・私はこけなかったが靴が脱げてそのまま走り、観客に笑われながらも完走。後で先生が脱げた一足の靴を持ってこられ「がんばりましたね!」とお褒めの言葉をいただいたのが、「子どもたちや観客のために」という補足があったみたいで(と勝手に解釈しているが)嬉しかった。自分のためでは無い。自分のためなら脱げた段階で靴を取りにいったかもしれない。

それにしても・・・両手両足別々の動きをするドラマーがいかに難しい存在か!よくわかった。ドラムを叩ける人は尊敬に値する生き物である。それだけ変態的楽器である。1回限りのつもりで用意したドラムスティックを息子に「ドラマーの気持ちがわかるためにいる?」と聞いたら、自分でも叩いてみたいらしく「要る!」と持ち去った。人の気持ちを知るにはいい機会になったと思う。お父さんが無理にでもがんばったドラムというものが理解してもらえたのかもしれない。

ちなみに今回の課題曲:SCANDAL(スキャンダル)の「会いたい」はこんな曲です!→https://www.youtube.com/watch?v=Q9GaFd8tjVw

次がもしあるとするならばSCANDALの「HARUKAZE」にしたい! https://www.youtube.com/watch?v=Na1nNsYX9ro

25年前に音楽をかじった人間として、我が子にも大切な何かを残せた氣がする。

我が子や他人にも先輩として何かを伝えていきましょう!

※ジェダイマスターも弟子のパダワンに、そのパダワンも未来のジェダイ候補の子どもたちに伝えていっている訳ですから・・・これが宇宙の法則なのかもしれません。 


SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』(Blu-ray Disc)

SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』(Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: ERJ(SME)(D)
  • メディア: Blu-ray


Greatest Hits

Greatest Hits

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/05/12
  • メディア: CD


SCANDAL SHOW

SCANDAL SHOW

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2012/03/07
  • メディア: CD


TEMPTATION BOX(初回生産限定盤)(フォトブック付)

TEMPTATION BOX(初回生産限定盤)(フォトブック付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2010/08/11
  • メディア: CD

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

THE LAST CHRISTMAS [社会]

WHAM!(ワム)の「ラスト・クリスマス」は私が中学生の頃のヒット曲である。

MTV全盛の頃で、映像を観て初めて「ラスト」は最後では無く、「去年の」という意味を知った。去年のクリスマスは恋人同士として過ごしたのに、今年のクリスマスは別れてもう違う・・・。栄枯盛衰に近い内容であると思った。

今回の記事は、その「去年の」という意味では無く、THEが付いたら意味が変わり「最後の」という意味のものである。

ローマ法王が「今年のクリスマスはラストクリスマスになる。」と発言したのは2015年であると記憶している。

正確にはフランシスコ1世(第266代ローマ教皇)が2015年に次のように発言しておられるようである。

「現在の人類は、もはや末期的状況にあり、このままでは来年は見るも無残な有様となるでしょう」

「各地で戦争が続いています。世界は飢え、焼け焦げ、混沌へと向かっているのです。もはやクリスマスのお祝いなど、今年で最後になりそうです」

「平和への道が拓けない限り、日々増え続ける罪のない犠牲者たちのために涙を流さなければなりません。そして許しを請うのです。神やイエス様とともに涙を流すのです」

・・・ということは今年のクリスマスは来ないということになるが、そうかもしれないし、そうではないかもしれない。イギリスの女王も「ラストクリスマスが近い」と発言しているようなのだ。ということは、今年のクリスマスがこれで最後という感覚が一番ベストな楽しみ方である。

もしこれが本当なら、来年何か劇的なことが起こるとみるべきなのだろう。

もしかしたらローグ・ワンの最後のようなことなのかもしれない。

ローグとは「はぐれたもの」とか「ならずもの」を意味する。今回がスピン・オフの第1弾ということも掛けてあるのだろうが、「コードネーム:はぐれもの第1部隊」という日本語意味かもしれない。劇場で2回観た映画というのは「ラスト・サムライ」「アバター」「男たちの大和」だが、今回もそれに次ぐもう一度劇場で観たい作品のひとつである。

まぁ日々「今日が最後かもしれない!」という悔いの無い生き方をしていれば、何ということはない。 

明日のザ・ラスト・クリスマスを楽しみましょう!


ラスト・クリスマス

ラスト・クリスマス

  • アーティスト: ジョージ・マイケル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/11/17
  • メディア: CD


ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラック

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: CD

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女の利口より男の馬鹿 [社会]

母から「女の利口より男の馬鹿」について調べてくれ!と言われて調べた。ある集会に参加した時に男性同士が会話しているのを聞いて・・・男性同士が「うんうん」と納得しているのに、自分は意味が全く理解出来ないので???それも一年前の出来事。母はスマホもパソコンもインターネットも使えないので私に聞いてきた。すぐに調べると・・・

意味:男の馬鹿の方が、女の賢さよりもましであるという意味。要領の良い女性は、始末に負えないもの。と出てきてすぐに教えた。

一年間胸につっかえていたものが取れたのは良かったが、インターネットをする人とそうで無い人との差がこんなにもあるのか!?と改めて思い知らされた。母(74歳)より年上の人でも難なくスマホやネット利用している、うちに何十年も前から付き合いのある・気軽に出入りしている便利屋さんもおられるから、その例をとって、いつも母に言うのだが「年齢の問題」では無い。「やる気」の問題だ!と。

そんな事よりも・・・調べていて、それよりも面白いものを見つけたので貼り付けておきます。私自身もじっくり熟読したい!のでメモとして貼り付けます→「女性に関することわざと現代の女性」

https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/38899/20160122115732301122/ReportJTP_15_1.pdf

これは男性陣にとっては・・・めちゃくちゃ勉強になりそうな予感がします(笑)!今年一番というか人生で一番のヒットかもしれません!なんせ「ことわざ」というのは先人たちの膨大な経験上の知恵な訳ですから・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感