So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ「私という運命について」 [ドラマ]

久々に面白いドラマを観た。実は、観たごとに記事を書いている訳ではなく、面白くなかったドラマや映画は記事にはしていない。blog=何かを読んで感じて動く一つの手段というかツールだろうから。面白くなかったものを記事にして同じ2時間(映画なら2時間が相場)を無駄に人生を過ごして欲しくない。今回は5時間ものだ!

人生には流れがある。その川の流れを自分でせき止めることも出来る。その際は、後から振り返ってみて「あれは失敗だった!」ことに気付く。

2014年wowow放送の5話完結ドラマ「私という運命について」。原作は直木賞作家の白石一文氏、脚本は「最後から二番目の恋」の岡田惠和氏、出演は永作博美、江口洋介、宮本信子。塩見三省がいい役してた!

1994年のバブル崩壊後の社会から2001年の9.11のテロ、そして中越地震までの10年を、二人の運命的な男女を通した物語。恋愛、結婚、離婚、死別、癌、出産、家族、仲間・・・運命。いろいろなテーマがあり、考えさせられる。

洋画も観たいのがたくさんあるのだが、邦画や日本のドラマが面白く、なかなかたどりつけない程。

元嫁が永作博美似だったので感情移入してしまった(笑)。

1億2千万人いれば、それぞれの私という運命についての物語がある。自分の人生の流れを最後まであきらめずに生きていきましょう!

私という運命について DVD-BOX

私という運命について DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初マイハイボール [社会]

「ハイボール」が好きなお客さんが、いろいろ試したけど「トリス」のハイボールが一番美味しいと言っていた。

といっても350ml缶の既製品の飲み比べらしいが。

痛風患者にとっては、ビールよりも蒸留酒であるウイスキーが身体にいいというのは知っていたが、私は若い頃、先輩に連れられて行くスナックで出されるウイスキーの水割りが美味しいと思えず、私にはウイスキーは身体に合わないものと思いこんでいたというか、食わず嫌いのような、飲まず嫌いのようなものだった。

先日、30%OFFセールで「トリス」のウイスキー700mlが700円程度で売っていた。アルコール度数40%なのでロックでちびちび飲んでもかなり持つなぁ・・・と思って買ってみた。ラベルには「おいしいハイボールの作り方」も書いてあったので、早速やってみた。といってもレモンは無いので、うちに成る「ゆず」や「ダイダイ」を日替わりで使うのだが、ハマってしまった。夏場ならドンピシャかもしれない。

  1. まずはレモンを軽くしぼる。
  2. ジョッキに氷を山盛り入れる。
  3. ウイスキーを注ぐ。ウイスキーとソーダ(炭酸水)の比率は1:4がおすすめ
  4. 冷えたソーダは氷をあてずに静かに注ぐ。
  5. マドラーは縦に1回のみ。

と書いてある。まだ1週間だがもう瓶の半分も無くなっているほどだ。

どうせ死ぬのなら、楽しいことや美味しいものを味わった上で死にたいものだ。食わず嫌いや飲まず嫌いの思考は改めようと思う。世の中まだまだ知らないことがたくさんありそうだ! 



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「インフェルノ」 [映画]

トム・ハンクス主演の映画「インフェルノ」を観た。

http://bd-dvd.sonypictures.jp/inferno-movie/#!/

インフェルノ (初回生産限定) [DVD]

インフェルノ (初回生産限定) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」も衝撃的だったが、今回は人口削減をテーマにした謎解き。

人口爆発を問題視する大富豪がカルト的カリスマとなり、自ら開発した殺人ウィルスをばら撒こうとする。それを阻止しようとする謎解き名人の教授。誰が敵で誰が見方なのか、最後の最後まで分からない仕掛け。

人類は本当に地球にとっての癌なのだろうか?

人類が増え続けたせいで、絶滅した動物や種もあるのも事実だろう。

人類が増え続けてきたのは、地球外生物のエサになるためなのかもしれない・・・というSF映画もある。

日本の人口は1億2千万人。日本はこれから人口増加ではなく、減少に転じる。約7千万人になるという。江戸時代が確かそれぐらいだったから、文明は無くとも、恐らく幸せだったに違いない江戸時代のように、日々生きているだけで喜びを感じながら生活することになれるのだろうか?江戸時代の職人は・・・まずは他者のために物を作り働き、家族や自分の飯の種として稼ぎ、後は自分の楽しみ(酒なのか、趣味なのか人それぞれ)をゆっくり愉しむ。そんな時代だった様子。

今はどうだろう・・・妻や子供に暴力をふるう男もいれば、子供にも食べさせないで自分だけの楽しみを追っかける女もいるという。子供同士でいじめ合い、それに先生や親も大人も見てみぬふり。本当にスマホ文明社会が幸せなのだろうか?

世界規模は人口増加。昔の日本のように江戸時代→明治時代→大正時代→昭和時代→平成時代と経過したように成長発展人口増加していく国もあれば、日本にいれば便利だが人口減少。何か矛盾しているようで矛盾していない。謎解きならぬ、頭の体操のようで面白い。 

何が幸せかは人それぞれ。それでいいのだ!(バカボンパパ)

※映画は日本のサスペンス映画ばりに謎解きの仕掛けが多く愉しめました! 


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

主婦の洗剤の法則 [社会]

主婦の洗剤の法則というのがあるらしい。

昨日まで、毎日毎日洗剤を2滴垂らして食器を洗っていたが、ある日、洗剤を1滴垂らして使用したところ・・・汚れの落ちが同じだったことから、その主婦は翌日から1滴使用に生まれ変わるのだとか。日進月歩の人間の進化発展の判り易い例なのだとか!これは「未来はきっと明るくなる」という証でもある。

これと似た体験を昨日したのでご報告です!

私は社会人になってからというもの、ヒゲそりは電器シェーバーを使用していました。約1万円相当の外国製の品物で替え刃も1回あたり約3千円とバカにならない代物でした。ある日替え刃を買わずに、ホテルの一室に置いてあるような手剃りのカミソリでヒゲを剃ることにしました。それから半年が経過しました。

電器シェーバーを使っていたそれまでは「髭剃り」は男の義務のような感覚で、気持ちいいとか良くないとか感覚はありませんでした。が、手剃りに替えてからは、まず、顔を保湿し、石鹸で泡立て、手剃り、洗い流し、そして保湿・・・と、剃り終った時は「気持ちいい!」に変わっていったのです。まさにデジタルの無感動から→アナログの感動的な感覚へと変化かもしれません。 

で、今回言いたいのは・・・安っぽいカミソリ(1枚刃)でもそれなりに手剃りが 気持ち良かったのですが、先日半額セールで5枚刃という手剃り用髭剃りを100円で購入しました。早速、使ってみました。そしたら自分の中で革命が起こりました。かさぶたがスルっと剥がれ落ちるような感覚というか、ヒゲ剃りだけに、ヒゲがツルっと剥がれ取れるような感覚とでも言いましょうか。これなら1枚刃20円で5個入り100円よりも5枚刃1個入り100円を使い続けるぞ!というような決意のようなものを感じました。

今まで50年近く何をして生きてきたんだろうか?というぐらい、知らないことを知る喜びでした。

女性なら脇の下なども剃られるのだと思います。男性に限らず、女性も5枚刃でのカミソリを使ってみてはいかがでしょうか?

未来はきっと明るくなる!そう信じて何かを替えてみるのもいいかもしれません。でも決して、旦那さんや奥さんを替えないで下さいね!子供の未来が明るくなるとは限りませんから… 


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生きている命をいただく [社会]

蕎麦(そば)は畑に種を蒔くと2ヶ月半もすれば収穫出来るそうです。それだけ生命力の塊だということです。今回新しい発見があったのでお知らせします。

米は早い種類で9月には収穫(稲刈り)します。そして3ヶ月後の12月には稲の切り株を掘り起こして土に返します。いわゆる「荒起こし」という作業があります。その稲の切り株も腐って発酵して次の稲の肥料になるのです。

しかし、私も50歳前になり、男性更年期障害とでもいうのでしょうか?寒くてやる気が起こらず、その「荒起こし」の作業をせず、田んぼを放置していました。

するとどうでしょうか?

今は2月ですから5ヶ月間放置した田んぼでは、昨年の稲の切り株から次の稲が生え、ひざの高さぐらいまで伸び、次の米が実っているのです。二期作というやつです。(厳密には違います。二期作はもう一度苗を植え直します)

※ちなみに二毛作(にもうさく)というのは、同じ耕地に二種類の違う作物を栽培し収穫することです。蕎麦も米もそれだけ、生命力・・・生きる力を持っているのだ!と。

しかも、ひざの高さの新しいワラと米が次の田んぼの米作りの肥料となってくれるのです。ただ寒いからと放置していたのが、結果オーライとなりました。

しかし、10月に収穫した田んぼからは何も生えていなく、切り株のままでした。

この1ヶ月の違いが大きいのだとも氣付きました。勉強やスポーツやクラブ活動でも、あきらめず、最後のラストスパートが実力を最大限発揮するのと似ているかもしれませんね。最後まであきらめずに!

先日、ワン・オク・ロックの新しいアルバムを聴きましたが、その中の歌詞にも「全ての事には意味があって」とか「回り道にも意味がある」とか言っていましたので腑に落ちた出来事でした。ただ単に寒いからサボっていただけなのですが、意味があったのでしょうか?

余談ですが、今から8年前、広島の小さなライブハウス(といっても2百人収容)でワンオクのライブを観たことがあります。酸欠で女の子が次々と外に運び出されるのです。それだけ物凄いライブパフォーマンスでした。このバンドは売れるだろうなぁ・・・と当時感じましたが、今や世界的規模のバンドにまで成長し、ドームやスタジアム級の数万人規模のバンドになりました。もう手の届かない存在になってしまい、新しいアルバムも世界を意識した曲作りで、日本発信のバンドとして応援するべきなのですが、少しだけ残念な気分でした。

ところが、Vo.のタカの弟ヒロのバンドをyoutubeで観て完全にノックアウトされました。8年前にワンオクに出会った時と似た衝撃を受けました。

バンド名は「MY FIRST STORY」もう既にご存知であれば申し訳ないのですが、森昌子の子育て本つながりで最近知ったもので。ワンオクよりもメタル色が強く、メタル好きな私としてはド・ストライクでした。https://www.youtube.com/watch?v=u10U7BHQQ2Y

私自身に言い聞かせる今回の結論です!『寄り道や回り道にも意味がある!全ての事に意味があるんだ!』

ANTITHESE(通常盤)

ANTITHESE(通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディーズレーベル
  • 発売日: 2016/06/29
  • メディア: CD



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感