So-net無料ブログ作成

映画「真夏の方程式」 [映画]

福山雅治主演映画「真夏の方程式」を観た。

テレビシリーズの「ガリレオ」は一度も観たことはないが、映画「容疑者Xの献身」は観たことはある。

物理学者の湯川准教授が事件にニアミスで巻き込まれてはいないが、科学的知識で警察側と協力して推理していくサスペンス。

私は、人が死ぬのが前提のサスペンスものを極力避けてきた人生だったが、どうせ人は一度は死ぬんだし、死ぬために生きているのだから目をそらさずに観ようと思って方向転換。しかも理系にあこがれた人生だったので、このサスペンスは渡りに舟のような内容だった。全てを知って、生きる道を選ぶ。そんな湯川博士のセリフが身に染みた。こんな先生と出会っていれば、赤点三昧だった私の物理嫌いも違っていたのかもしれない。(人のせいにするな!)

柴崎コウとのテレビシリーズもまだ観ていないので楽しみだ。いやぁ実に面白い!

※娘の中学校の同級生が甲子園にレギュラーで出場するらしく、知り合いが甲子園に出るなんて滅多にないチャンスなので応援に連れて行ってきますので、ブログはしばらくお休みします。閲覧頂きありがとうございます(^_^) 

真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション

真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラマ「パーフェクト・ブルー」 [ドラマ]

2010年WOWOW製作・宮部みゆきみゆき原作ドラマ「パーフェクト・ブルー」を観た。

今現在、春の選抜高校野球が甲子園で行われているが、甲子園の切符をかけた決勝戦で完全試合による優勝をしたエースが殺される。彼の家出中の弟に容疑がかけられる。

元刑事の探偵親子が彼を捜索するのだが、大手製薬会社まで含めた様々な疑惑が交錯してくる。

完全試合を達成したエースは少年野球時代から製薬会社から無償提供されていた「パーフクト・ブルー」というドーピング検査薬を開発するためのスポーツドリンクを飲まされていた。彼だけでなく、弟含むチーム全員が飲んでいたのだが、副作用を発症する選手も出てきて、社会復帰できない苦しみを味わっている。子供たちがモルモットにされて、それを公表しようとするジャーナリスト、製薬会社社員、隠蔽しようとする社長・親・・・。

私たちは「モルモット」にされているのでは?と痛風薬を毎日飲みながら感じることもある。食事によるプリン体の影響は2割と分かってきているのに、プリン体食品を控えるように言われ、薬を死ぬまで飲まされる。

いきなり死んでしまうと、せっかくのカモがいなくなるから、出来るだけ長生きさせて薬や診療報酬で儲ける。痛風や糖尿病や高血圧が一番好都合なのかも。そんな世の中の裏側を垣間見たようなドラマでした。ドラマは当然フィクションです。 

パーフェクト・ブルー [DVD]

パーフェクト・ブルー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2010/11/23
  • メディア: DVD



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「笑う警官」 [映画]

2009年角川春樹脚本・監督作品「笑う警官」を観た。

原作は「うたう警官」で2005年「このミステリーがすごい!」で10位、実際にあった北海道警による裏金事件をヒントに書かれている。「うたう」は警察の隠語で「自白する」を意味するがわかりにくいとのことで「笑う」に変更されたとのこと。

今、東京都でも百条委員会というのが行われているが、北海道警の裏金を調査すべく、道議会が百条委員会を設置。証人は嘘をついてはいけないらしいが、誰が証人に呼ばれているのかは明らかにされていない。しかし、証人予定の警官が殺人事件の容疑者に仕立てられ、道警察トップより射殺命令が下る。

射殺命令を受けている逃げている警官より仲の良かった警官に「俺は殺していない。助けてくれ!」とSOSが入る。

助けようとする警官(大森南朋)が指揮する裏チーム対道警との闘いが始まる。

裏切りあり、正義とは何なのか?裏金事件は実際にあったことから、観ている私も人間とか警察不振に陥る場面もあった。

今年に入り、初めてサスペンスの世界にハマってきたが、だましだまされ、人間不信に陥りそうである。

wikiによると監督の角川春樹は東映側に「動員が150万人を超えなかったら映画を辞める」と約束したらしいが、実際の動員は10万人に満たなかったのだとか。それ以降本当に撮っていないから本当に辞めたのだろうか?今後、新たに角川春樹監督作品が現れたら、益々人間不信に陥るかもしれない。

笑う警官 [DVD]

笑う警官 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山口県しゅうニャン市-その2 [社会]

先日、山口県しゅうニャン市であったSCANDALのライブ。

20代の女の子メンバーのtwitterを観ると・・・早速、四人がネコのポーズをとって「しゅうニャン市最高、にゃんにゃん。ネコ飼いたくなった。また来るよ」とあった。(四人それぞれつぶやいているので、四人併せるとこんな感じだった)

これは、しゅうニャン市としては上々の滑り出しではないだろうか?

周南市には箱物(ホールや大型ライブハウス)が充実している。1800人収容のコンサートホール、600人収容のライブハウス、100人規模のライブハウスとアーティストの人気具合に応じてマネジメント側は選択できる。

周南市駅前がシャッター街になったのは、駐車場が有料だからだ。都会では駐車場有料は当たり前かもしれませんが、田舎では郊外型大型複合施設(駐車場無料)に流れ、中心地が寂れてしまったのである。

でも昨日の600人収容のライブハウスは、中心地にある昔映画館だったのを改装してライブホールに改造。どうしても有料駐車場を使わないといけない。私たちが若かった頃は(バスや電車で行って)ライブを観た後は居酒屋で一杯やるのが常だった。ということは昨日はライブハウス周辺にある居酒屋も大盛況だったのではないだろうか。車代行運転も賑わっただろうし、公共交通機関も増えたに違いない。県内各地というよりもtwitterを見る限り全国からの追っ掛けもいるわけだから全国から600人しゅうニャン市に集まるのである。もしも毎日完売できるアーティストが来たら一年365日で22万人が集い(まぁそんなことは有り得ないが)周南市の人口は15万人なので累計でそれ以上の人達がお金を落としていくのである。

実際に周南市に住む私でさえ、昨日のSCANDALのチケットは取れなかった訳であるから。他にもMAN WITH A MISSIONやMY FIRST STORYもこのライブホールでのライブは即日完売だったらしい。

先日観た映画「日々ロック」の中で出てくるセリフ「ロックは世界を変えられる!」ではないが、実際に変えられるかもしれない。後は頭の固い役所の人達がどう采配していくかだけである。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「オー!ファーザー」 [映画]

吉本興業製作・2014年公開・伊坂幸太郎原作・岡田将生主演映画「オー!ファーザー」を観た。

http://oh-father.com/

wiki→

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC!%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC

よしもとだからお笑いとして観てもいいし、伊坂幸太郎だから複雑なサスペンスとして観ても面白いし、父親としての自信を失った時に、信頼回復のヒントとして観ても役に立つ。最後は不覚にもホロリと泣けました…。

母親が四股をかけており、出産当日に鉢合わせた四人の男性。大学教授に体育教師にホストにギャンブラー。どうせ別れるぐらいならということで、四人の父親として一人息子を同居して育てる。

息子に勉強を教える大学教授、ケンカの勝ち方を教える体育教師、女の子との接し方を教えるホスト、大人の世界を教えるギャンブラー。そこである事件に巻き込まれる。一人息子を必死で助ける四人の父親。

さすが、伊坂ワールド。映画「アヒルと鴨とコインロッカー」では衝撃を受けた。その伊坂氏さえも「観終えて、幸福な気持ちになれました。」と残している。私も息子が生まれた日に病院に駆けつけて、保育器に入る息子を1時間もただ眺めていたのを思い出した。

伊坂ワールドは奇想天外過ぎて、相当頭を使うから観るのに勇気がいるから遠ざかっていたが、今年に入りサスペンス慣れした私も伊坂映画化作品にまた触れてみたくなった。

テーマ別、俳優別、監督別、原作者別・・・etc 映画もネットサーフィンのように、自分の中で追っ掛けるテーマがその都度コロコロ変わるから面白いし、飽きない。飽きない=商いの原点かもしれないなぁ・・・。

私たち父親もいつかは死ぬ訳ですから、息子のために思い出の一つぐらい何か残ればいいですね。

オー!ファーザー [DVD]

オー!ファーザー [DVD]

  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • メディア: DVD



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感