So-net無料ブログ作成

映画「ディア・ドクター」 [映画]

2009年公開の映画「ディア・ドクター」を観た。

第33回日本アカデミー賞でなんと10部門受賞している。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

ただ単に井川遥が出ているというだけで観たのだが、肝心の井川遥は最後の方しか出て来ない(笑)(が、重要な役で相変わらず、いい顔していた)


先日の武田教授(さんまのホンマでっかTVなどご出演の物理学者)の音声ブログでも言っておられたが、医師は本来、修理工であって、患者の人生設計の手助けをするだけである・・・と。例えば、血圧に関しても本来は年齢+90が血圧目安であった(年齢と共に血圧も高くなる、若い頃は血管も柔らかいので血圧も高くないが、年齢と共に血管も硬くなるので、そりなりの圧が必要となる為)のに、いつのまにやら、年齢に関係なく一律130と線引きして降圧剤を飲まされる。

ここで受診者に決めてもらわなければならない。決めるのは医者では無い。人生設計をする受診者本人なのである。

降圧剤を飲めば長生き出来るかもしれないが、認知症などのリスクも伴う。

ぽっくり死ぬので良ければ降圧剤は処方しない。それを患者本人に決めてもらうべきであると・・・。


例えていうならば、身長160センチの人もいれば身長180センチの人もいる。平均身長が170センチだから、身長180センチの人は足を10センチ切りましょうね!と言うのと同じである!・・・と。

確かに人それぞれの適正血圧というのがあるのだろう・・・それに見合った医療というのがあってしかるべきである。うちの母も市の健康診断で「血圧が高いから病院に行って下さい!」と市の職員が自宅まで訪問して来てから言われて病院に行くべきか迷っている。私はこの話をして、本人に考えてもらっている。「そうよね!ちょっと前まで年齢+90だったよね!」「何でこうも変わったのかしら?」と聞くから・・・私は「薬で儲けたいだけ!」と答えた。


鶴瓶主演ということで笑いながら観れるのか?と思いきや、非常にシリアスな内容で、武田プロフェッサーのおっしゃる、一人の人や周囲の人の人生に関わる非常に重たい内容で、ある程度ネタバレレビューを見た上でも、何故かドキドキハラハラさせられた。アカデミー賞10部門受賞も納得の作品である!映画のエンディングで流れる曲は、流れからいって、てっきり鶴瓶が歌っているのかと思ってしまいました。→https://www.youtube.com/watch?v=nprKaLsk4jY

ディア・ドクター [DVD]

ディア・ドクター [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/01/07
  • メディア: DVD

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」 [映画]

第40回日本アカデミー賞で6部門を受賞した映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を観た。ちなみに受賞は以下の通り。【優秀作品賞】【優秀監督賞】【優秀脚本賞】【最優秀主演女優賞】【最優秀助演女優賞】【新人俳優賞】

それを知った上で期待して観たが、「文句無し」の期待以上の作品だった。


湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD
余命2ヶ月と宣告された銭湯の女将さんのシリアスな闘病記か!?と思いきやコメディのような・・・しかし熱いドラマで何度も泣ける、とにかく不思議な映画だった。
熱い情熱を持った、厚い人間味のある、篤い人情と暑い空間の銭湯。これらが段々と少なくなる中で、人知れず悲しみを背負って生きている人に観てもらいたい。
母というか女は強し、男は弱し・・・。
我が子を含めた他者の為に私たち人間は生きている。
誰かにおススメしたくなるし、もう一度観たくなりました。


映画「キツツキと雨」 [映画]

沖田修一監督作品「キツツキと雨」を観た。

キツツキと雨 通常版 [DVD]

キツツキと雨 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD

今まで氣にはなっていたが、コメディ映画という分類にあまり興味が無かったが、「モヒカン故郷に帰る」や「南極料理人」の世界が非常に面白く、評価の高い作品でもあり、監督繋がりで観ることになった。


主役はジャケットにある田舎の木こりの役所広司と気弱な映画監督 小栗旬という有名俳優のみかと思いきや、山崎努や伊武雅刀他実力俳優が脇を固めている。ゲラゲラと笑うことは無いが「クスクス」とか「ニヤニヤ」といった笑いが散りばめられている。今まで私が借りなかったのは「はぁ?ゾンビ映画?」という理由だけなのだが、そのゾンビ映画が役所広司はじめ、舞台となる村全体を変えることとなるし、製作するスタッフから俳優まで、最後は監督までも変えてしまう!という恐るべし想定外の展開なのである。


これぞ!日本映画!これぞ沖田修一の世界!とでも言うべきなのかもしれない。エンドロールで流れる星野源の主題歌「フィルム」まで驚かされる。


人間って結構いいもんだなぁ・・・と素朴に感じた不思議な作品でした。



映画「南極料理人」 [映画]

沖田修一監督作品のコメディ映画「南極料理人」を観た。

南極料理人 [DVD]

南極料理人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/02/22
  • メディア: DVD
沖田修一ワールド全開といったところだろうか?
と、言っても沖田作品は「横道世之介」と「モヒカン故郷に帰る」のみだが、シュールな笑いありの分かる人のみにわかるといったところだろうか。
物語はひょんなことから南極観測隊に加わることとなる海上自衛隊の隊員(料理人)を取り巻く八人のお話。皆究極の単身赴任であり、その中でいかに「食べる」ことの大事さや「食べる」ことに付随するちょっとした問題などが微妙に可笑しいのだ、私も農業というある意味食に関わる仕事に従事しているが、「食べる」ことの「楽しさ」や大事さを気づかせてくれた。気象学者、医師、車両担当、報道担当など約400と数十日、日本に帰れないのだから、食べることや家族との繋がりがいかに大事か。究極の遠距離恋愛の為、彼女に新たな恋人が出来、失恋の失意の中、電話を毎回取り次いでくれた交換手の女性に恋するのも分かる氣がする。そんないろんなスパイスが含まれるのが沖田修一ワールドなのだと・・・「横道世之介」「モヒカン故郷に帰る」の延長線で感じた面白い作品でした!

映画「モヒカン故郷に帰る」 [映画]

映画「モヒカン故郷に帰る」を観た。
モヒカン故郷に帰る [DVD]

モヒカン故郷に帰る [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD
映画「横道世之介」の監督というだけで(「横道世之介」は超オススメです)借りてみた。

コメディなんだが、スパイスが効いて心があったかくなる不思議な世界観の映画だった。


物語は、東京で売れないデスメタルバンドのボーカル永吉(松田龍平)、名前は矢沢永吉ファンの父(柄本明)が付けた。彼女(前田敦子)が妊娠したのをきっかけに故郷の離れ小島(広島)に二人で帰る。そこにある・・・普通にありそうだが、有り得ないような話で笑わせてくれる。が、親子の絆・嫁姑の良い関係・夫婦になるとは・地元には必要な頑固じじい・親たちの友達との関係・死別とは?いろいろと考え・感じさせてくれる。これこそが沖田修一監督の世界なのだろう。「南極料理人」にも興味が湧いてきました。


俳優つながりで映画を選ぶのもいいが、監督つながりもいいなぁと感じた余韻の残る不思議な映画でした。


ご参考までに、映画.comの取材に答えた前田敦子のインタビューも併せて読むと、沖田修一ワールドが垣間見れます→ http://eiga.com/movie/82074/interview/