So-net無料ブログ作成
ドラマ ブログトップ
前の5件 | -

ドラマ「この声をきみに」 [ドラマ]

秋口から始まったNHKドラマ「この声をきみに」(11月17日放送終了)が今、思い出してもいいドラマだった。http://www.nhk.or.jp/drama10/myvoice/

来春にはDVD化されるので見逃した方は是非観てもらいたい。

出演は、竹野内豊、麻生久美子、柴田恭平、杉本哲太、片桐はいり他。

大学の数学教授である竹野内豊が、話下手で授業が面白くないという評判で、学部長から「話し方教室」へ通うことを命ぜられる。理系脳なのか?自分の世界にどっぷり浸かり、家庭でも全く面白くない男に妻からも愛想をつかされ、同じ時期に子どもを連れて家を出ていかれる。

平均視聴率は4%だが、そんなことは関係なく面白かった。

人はいいことばかりではなく、挫折を経験しながら、生きていく。そんな中でたくさんのことを学びながら、心を成長させていく。大の大人が、体はもう成長しないが、心は死ぬまで成長させる必要があるんだろうなぁ。学び、気付き、悟り、変化し、行動していく。

何か大きなショッキングなことがあれば、それは同じ人生の中で生まれ変わるチャンスなのだ!

それが、私の場合、離婚であった。

でも、10年前の離婚を振り返って、その後の子供たちとの面会、離婚しなければ出会えなかった人たちとの新たな出会い。なので・・・今ではいい思い出だ。


話変わって、さんまのホンマでっかTVご出演の武田教授のお話によると・・・ご自分が知り合った未婚の男女2・3組で出会いの場を設ける「ラビット会」(教授の身近な人同士のお見合いの場)を行っておられるらしいが、人気なのは①バツイチ②40代③子持ちとのこと。

私のことか?と思ったが・・・女性のことであるとのこと。

①バツイチ・・・離婚を経験し、反省している。

②40代・・・いろいろな経験をしている。

③子持ち・・・子供を産める人であるのと、子供を持つ親としての安心感がある。


どうか、離婚したからといって、卑屈にならず、バツイチ子持ち女性の方は安心して下さい!


このドラマでも、大の大人がいろいろなことを経験して成長していくのである。


勧善懲悪ものでドキドキハラハラの紆余曲折ものの「陸王」もお薦めだが、いろんな辛い経験をした大人にしか分からないヒューマンドラマ「この声をきみに」は私の中では、今年一番のドラマだ!


この声をきみに DVD-BOX

この声をきみに DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラマ「L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語」 [ドラマ]

2012年 BeeTVで放送された沢尻エリカ主演のドラマ「L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語」のL編を観た。

恋愛に奥手な絵瑠(える)はフレンチレストランのシェフ、年下の男の子にグイグイ押されて、その一途さに負けて恋に落ちる。

今回記事にしたかったのは・・・劇中でエリカ様演じる絵瑠が、好意を寄せていた男性に料理を振舞った際、相手の男性がその美味しい味に出会って「今日はいい日だなぁ!」「神様ありがとう!」と天を仰ぐシーン。

私もこのブログ「今日もいい日だなぁ」も目標としていた累計閲覧数を本日通過し「神様ありがとう!」と天を仰いだから世の中に偶然は無いのかもしれない(笑)。

ご覧いただいた皆様ありがとうございます。

小悪魔で自由奔放な絵夢(えむ)編も楽しみである。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラマ「とんび」 [ドラマ]

内野聖陽主演ドラマ「とんび」全10話を観た。(堤真一のNHK版もあるが私が観たのはTBS版)キャッチコピーは「どうしようもなく不器用な父が、ただ一つ、僕を精一杯愛してくれた30年の物語―。」どうやらNHK版とは時代設定が現代寄りになっているのだそうだ。

とんび [DVD]

とんび [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2012/07/24
  • メディア: DVD


私は「北の国から」のようなヒューマン・ドラマが大好きだ。私の中で、それに次ぐ作品となった。

親を知らずに育ったヤス(内野)が、相手も親を知らずに育った美佐子(常盤貴子)結婚し、旭(あきら:佐藤健)が生まれる。ヤスも美佐子も家庭とはどんなかも分からずに精一杯育てる。それを全力で応援する会社の同僚や幼なじみやお寺の和尚や近所の女将さんたち。古き良き昭和の香りがプンプン漂う内容だ。

NHK版はDVD化されていない為、オンデマンドで観るしかないが、そちらの方が先に放送され、その結果他社も追随したということは・・・初期版も価値がありそうである。

私の息子も来年二十歳。社会に飛び立っていく。まさにとんびがタカを育てた物語である。

http://www.tbs.co.jp/TONBI/


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラマ「パーフェクト・ブルー」 [ドラマ]

2010年WOWOW製作・宮部みゆきみゆき原作ドラマ「パーフェクト・ブルー」を観た。

今現在、春の選抜高校野球が甲子園で行われているが、甲子園の切符をかけた決勝戦で完全試合による優勝をしたエースが殺される。彼の家出中の弟に容疑がかけられる。

元刑事の探偵親子が彼を捜索するのだが、大手製薬会社まで含めた様々な疑惑が交錯してくる。

完全試合を達成したエースは少年野球時代から製薬会社から無償提供されていた「パーフクト・ブルー」というドーピング検査薬を開発するためのスポーツドリンクを飲まされていた。彼だけでなく、弟含むチーム全員が飲んでいたのだが、副作用を発症する選手も出てきて、社会復帰できない苦しみを味わっている。子供たちがモルモットにされて、それを公表しようとするジャーナリスト、製薬会社社員、隠蔽しようとする社長・親・・・。

私たちは「モルモット」にされているのでは?と痛風薬を毎日飲みながら感じることもある。食事によるプリン体の影響は2割と分かってきているのに、プリン体食品を控えるように言われ、薬を死ぬまで飲まされる。

いきなり死んでしまうと、せっかくのカモがいなくなるから、出来るだけ長生きさせて薬や診療報酬で儲ける。痛風や糖尿病や高血圧が一番好都合なのかも。そんな世の中の裏側を垣間見たようなドラマでした。ドラマは当然フィクションです。 

パーフェクト・ブルー [DVD]

パーフェクト・ブルー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2010/11/23
  • メディア: DVD



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラマ「私という運命について」 [ドラマ]

久々に面白いドラマを観た。実は、観たごとに記事を書いている訳ではなく、面白くなかったドラマや映画は記事にはしていない。blog=何かを読んで感じて動く一つの手段というかツールだろうから。面白くなかったものを記事にして同じ2時間(映画なら2時間が相場)を無駄に人生を過ごして欲しくない。今回は5時間ものだ!

人生には流れがある。その川の流れを自分でせき止めることも出来る。その際は、後から振り返ってみて「あれは失敗だった!」ことに気付く。

2014年wowow放送の5話完結ドラマ「私という運命について」。原作は直木賞作家の白石一文氏、脚本は「最後から二番目の恋」の岡田惠和氏、出演は永作博美、江口洋介、宮本信子。塩見三省がいい役してた!

1994年のバブル崩壊後の社会から2001年の9.11のテロ、そして中越地震までの10年を、二人の運命的な男女を通した物語。恋愛、結婚、離婚、死別、癌、出産、家族、仲間・・・運命。いろいろなテーマがあり、考えさせられる。

洋画も観たいのがたくさんあるのだが、邦画や日本のドラマが面白く、なかなかたどりつけない程。

元嫁が永作博美似だったので感情移入してしまった(笑)。

1億2千万人いれば、それぞれの私という運命についての物語がある。自分の人生の流れを最後まであきらめずに生きていきましょう!

私という運命について DVD-BOX

私という運命について DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ドラマ ブログトップ