So-net無料ブログ作成
コミック ブログトップ
前の5件 | -

コミック「マイガール」 [コミック]

2006年~2010年に発表されたコミック「マイガール」(佐原ミズ 作、新潮社)全5巻を読んだ。

読み始めてドラマ化されたことを知り、少し調べると・・・最後まで完結していない中の2009年製作ということで???で、話題性先行で数字(視聴率)重視で製作したのかもしれない。wikiを見ると・・・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB_(%E6%BC%AB%E7%94%BB) 

嵐の相葉雅紀が連続ドラマ初主演となるとあり、深夜枠でありながら視聴率10%は嵐ファンの賜物だろう・・・しかし、原作との相違点を見ると・・・「なんやそれ!?」と思わせるほど、それぞれに伏線としての大事な意味のあった原作の詳細設定がグダグダに変わっている。

原作でほっこりと温かい気分にさせられて感動しているので、これを観て「ドラマは観なくてもいいや!」と感じた。

今年、コミックという文化に初めて触れて知ったのだが、私が過去観たドラマや映画もコミックが原作であること多数。やはり時間制限や予算の関係で原作を端折る部分が少なからず出てくる。しかも、自分の想像力を使って行間を読み解いていくので、100人が読んでも100通りの解釈とか感じ方があるのだろう。ということは原作より面白いものは無いのではないだろうか?

内容はwikiの通りであるが、死んだ者との思い出も大事にしつつ、現実には居ない今、生きる者だけで未来を作っていかなければならない。皆が少しだけ前に進もうとする姿が勉強になる。辛い経験をたくさんしても・・・人より早く経験しているだけから「ついている!」と言い切る駐在のおまわりさん(これは最終話近くで描かれているから、恐らくドラマでは存在しないのだろう)の言葉にぐっときた。

そういう意味では「離婚」「別離」「転職」「痛風」といろんな辛いことも痛い(痛風は本当に痛い)こともあったが、私は人より早く、多く経験しているだけで「ついている!」のだ(笑)。

私のガール・・・は小学校2年の時に別離・離婚となったが、こんな感じで日々一生懸命生きてきたのかもしれない。彼女も今や高校2年生。人の痛みや小さな幸せが分かる女の子に育ったことだろう。 

この佐原ミズ女史はこれが漫画デビュー(会社員として働きながら、土日漫画家としてこの作品を書き上げた)らしいが、他の作品も読んでみたくなりました。


マイガール 1 (BUNCH COMICS)

マイガール 1 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 佐原 ミズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/04/09
  • メディア: コミック


マイガール 2 (BUNCH COMICS)

マイガール 2 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 佐原 ミズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/03/08
  • メディア: コミック


マイガール 3 (BUNCH COMICS)

マイガール 3 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 佐原 ミズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/06/09
  • メディア: コミック


マイガール 4 (BUNCH COMICS)

マイガール 4 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 佐原 ミズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/10/23
  • メディア: コミック


マイガール 5 (BUNCH COMICS)

マイガール 5 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 佐原 ミズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/11/09
  • メディア: コミック

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミック「うせもの宿」 [コミック]

コミック「うせもの宿」(穂積 作、小学館)①②③を読んだ。非常に考えさせられる内容であった。というのも・・・

その宿に行けば、失くしたものが必ず見つかる。大切な物であり、記憶であり、人であり・・・

しかし、その門をくぐる者は「あの世」であり、死者として今世の失くしたものを見つけて旅立っていくのである。

「この世」があれば「あの世」があってもおかしくない。昼があれば夜があるように表裏一体なのかもしれない。

私はあの世で迷わず生きていけるのだろうか?そんな生き方をこの世でしているのだろうか?ふとこの世でも「私は何のために生きているのだろうか?」と迷ってしまうことがあるから、難しいだろうなぁ・・・

序盤は1話完結の話で、さまざまな今生に未練のある人たちの「失くしたもの」探しの話で、中盤は「うせもの宿」でお世話をする人たちの話になり、後半は「うせもの宿」の女将さん(といっても小学生ぐらいの女の子)と宿までの道先案内人の話になる。後半はひとつの映画でも観ているかのような展開で、感動した。ドラマ化や映画化されると面白いなぁと思う。

「死生命有り 富貴天に在り」

作中に論語の一節が出てくるのだが、まさにこの通りの内容である。同級生がもう既に何人も亡くなっているが、生きるも死ぬも恐らく「天寿」というものが決まっているのかもしれない。その中で個人の小さな努力で少しだけ、寿命を伸ばしたりすることが出来るのかもしれない。五十歳生きようが、百歳まで生きようが、地球にとってみれば五十歩百歩なのではなかろうか?それでも命ある限り、努力して目の前の探し物を見つけ、あとは天にお任せ・・・といったところだろうか?

大事なものに気付かせてもらえるいい漫画でした。 


うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)

うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)

  • 作者: 穂積
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/10/10
  • メディア: コミック


うせもの宿 2 (フラワーコミックスアルファ)

うせもの宿 2 (フラワーコミックスアルファ)

  • 作者: 穂積
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/05/08
  • メディア: コミック


うせもの宿 3 (フラワーコミックスアルファ)

うせもの宿 3 (フラワーコミックスアルファ)

  • 作者: 穂積
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: コミック

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミック「人間交差点-ヒューマンスクランブル」 [コミック]

1980年作品 矢島正雄作、弘兼憲史画「人間交差点-ヒューマンスクランブル」第1巻(小学館)を読んだ。

1980年といえば、まだ私は小学生。昭和のまさに古き良き時代、その裏でドロドロした人間劇も当然あっただろう。1話完結の短編集だが、一気に読むというより、一話一話立ち止まって考えさせらる・・・そんな作品である。「生きる」とは?「死ぬ」とは何か?「欲望」とは何か?「愛する」とは何か?ヒューマンスクランブル。我が町に唯一あるスクランブル交差点。もうさびれてすれ違うのに肩がぶつかるようなことも無い。都会では日常茶飯事かもしれないが、そんなさびれた田舎でも人が出会い、別れ、生まれ、離別、死別していく貴重なこの世の中。何か大事なものを呼び覚ましてくれるような感じがしたのでこれかも読み進めていくことにする。

第27巻まであり、同じ弘兼憲史氏の「黄昏流星群」と交互に読んでいこうかな?

いろんなものに出会って、別れて、感じて、人生をより深めて生きたいものです。


人間交差点名作集 あの日川を渡って (My First Big)

人間交差点名作集 あの日川を渡って (My First Big)

  • 作者: 矢島 正雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/08/26
  • メディア: ムック

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミック「黄昏流星群」 [コミック]

コンビニコミック「黄昏流星群」というのを買って読んだ。

コミックはレンタルと決めていたのだが・・・余命一年と宣告をされた中小企業のワンマン社長が、これまでの人生を振り返る旅に出る!という表紙の文言と「高校の恩師」「学生時代の親友」「初恋の女性」と三人に会いに行く旅という絵に惹かれ買ってしまった。

私が余命一年と宣告されたら何をするだろうか?誰に会いに行くだろうか?を考えさせられた。しかも、好きなこと(ドキドキワクワク)をすることで寿命が延びる話なのだ!

作者の弘兼憲史氏のことも全く知らず・・・「島耕作」シリーズの人で「東京ラブストーリー」の柴門ふみのご主人なのだとか。しかも我が山口県ご出身で、なんと私の住む周南市の唯一の大学、徳山大学で客員教授までされているのだとか。公開講座とかあれば行ってみたいなぁ・・・と思った。漫画の余命宣告をされた社長が東京の会社を突然、辞めて出身の山口県に向けて旅に出るのだが、どこかで見た風景が描かれるのだ。あぁ・・・これは岩国かな?これは長門(美祢)かな?とか。

コミックもどんどん続く作品は次が気になって仕方が無い。が、この作品のように一話読みきり完結だと、スッキリするし、私もアラフィフを迎えて、この作品の良さがようやく分かる年齢になってきた。というのも・・・


四十歳を越え多くの大人達は、死ぬまでにもう一度、燃えるような恋をしてみたいと考える。それはあたかも黄昏の空に飛び込んでくる流星のように、最後の輝きとなるかもしれない。この熱い気持ちを胸に秘めつつ、落ち着かない日々を送る大人達を我々は・・・黄昏流星群と呼ぶ-  


らしいからである。

 

しかし、レンタルコミック店で初めて気付いたのだが、何と52巻まである。頭文字D48巻で懲りたはずだが、一話読みきりならいいかも!?とあっけなく陥落。早速読み始めることにした。これで秋の夜長も、おひとりさまの私も十分楽しめるものを見つけた。1週間に1冊でも1年間はこれで「何を読もうか?」悩まずに楽しめる。ドキドキハラハラの高校生ものの恋愛漫画もそれなりに楽しかったが、人生後半を迎えている人向け(?)の示唆に富んだ、少しアダルトな大人の領域に足を踏み入れることにした。同じく弘兼憲史・画の「人間交差点」というのも借りてみた。

いろんなカタチで残された人生を楽しみましょう! 


黄昏流星群 52 (ビッグコミックス)

黄昏流星群 52 (ビッグコミックス)

  • 作者: 弘兼 憲史
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: コミック

 


人間交差点(1) (ビッグコミックス)

人間交差点(1) (ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1981/08/28
  • メディア: Kindle版


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミック「おやこっこ」 [コミック]

コミック「おやこっこ」(武田一義 作、講談社:イブニングコミックス)上下巻を読んだ。


おやこっこ 上巻 (イブニングKC)

おやこっこ 上巻 (イブニングKC)

  • 作者: 武田 一義
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/03/23
  • メディア: コミック


おやこっこ 下巻 (イブニングKC)

おやこっこ 下巻 (イブニングKC)

  • 作者: 武田 一義
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/03/23
  • メディア: コミック 

 

 

 

絵を見てもらえればわかるが、精巧な描写というよりも、あきらかに漫画という世界である。

が、しかし、内容はシリアスで、私も息子と離れ離れの生活をしばらくしているので感情移入して涙してしまうほどだった。

この作品も・・・いつも行くレンタル屋さん(GEO)で「読むならコレ!」的なコーナーであった作品。

自分の出産と同時に母親が死んでしまい(私の親戚に母子共に亡くなってしまい、上のお兄ちゃんだけ残ったハトコがおり、しかもうちの息子と同学年。うちも離婚して息子には不憫な思いをさせたが、その子よりまだ幸せなのでは?と自分に言い聞かせている。)ショックのあまり、真面目な父親が酒に溺れ、子供は児童施設に入る。子供は高校卒業と同時に父親に見切りをつけて北海道から東京に出る。「もう、二度と会うものか!」という決意で10数年。「意識不明」の連絡を受け、妻と共に看取る覚悟で故郷へ向かう・・・。

表紙の絵(上巻)は他人の親子の「キャッチボール」のシーンなのだが、それを見て、自分が自分の父親とキャッチボールしたシーンを走馬灯のように思い出すのだ。ここから劇的に自分が変わっていく。自分が忘れているだけで、自分に注がれた愛情を少しづつ思い出していく。テーマは「三つ子の魂百まで」である。本作に名言や格言があったのだが、返却してしまったので・・・うろ覚えになるが・・・「親と離れて一人で生きていくために、三つ子の魂(それまでに注いでもらった愛情)を忘れるものなのかもしれない」「でも注がれた愛情だけは一生消えない」・・・あれほど嫌いだった父親を少しずつ受け入れていくのである。

相変わらず、極端な表現で申し訳ないが・・・全人類の内、息子を持つお父さんは必読の書である! 

※上巻の絵:左・・・幼い自分、右・・・現在の自分。下巻の絵:左・・・昔の父親、右・・・現在の父親。だと思う。 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - コミック ブログトップ