So-net無料ブログ作成
検索選択

本「病気にならない暮らし事典」 [本]

母に頼まれて、新聞広告に出ていた本を買いに行くも、売り切れ中で取り寄せとなった。新聞広告は以下の内容であった。半農半医者という珍しい著者のようなので、母が読んだ後に私も読ませてもらおうと思っている。また追ってご報告します。 

〔食のこと〕

  •  とるべき食材は「まごわやさしい」
  • ※ま:豆、ご:ごま、わ:わかめ、や:野菜、さ:魚、し:しいたけ、い:いも
  • 食はいのちを丸ごといただくこと
  • 牛乳はあらゆる病気の原因になる
  • 制限すべきは精製塩であり、塩分ではない
  • からだにいい油と悪い油がある
  • 砂糖は百害あって一利なし
  • 小麦は主食にしてはならない
  • 栄養はサプリメントで補わないこと

 

〔生活のこと〕

 

  • 日光にあたると死亡リスクが低くなる
  • 姿勢を正すことであらゆる不調が改善される
  • 深い呼吸と腹式呼吸・鼻呼吸が健康のカギ
  • 便秘は腸内環境が悪くなっているサイン
  • 自然治癒力を支えてくれるのは睡眠と休息
  • なんでも除菌、抗菌することが病気をうむ
  • 冷えは万病のもと。からだを温める工夫をすべし

 

〔環境のこと〕

 

  • 空気の影響は、子どものほうが大きく受ける
  • シャワー時の塩素の害は、飲むより100倍危険
  • 化学物質が経皮毒を引きおこす
  • 腸内細菌が放射能から身を守る

 

〔医療のこと〕

 

  • お母さんは家庭のお医者さん
  • かぜを薬でなおす人は、大病にかかりやすい
  • インフルエンザのワクチンやタミフルは効果なし
  • アレルギーは対処療法ではなおらない
  • 高血圧は、塩分よりストレスの軽減につとめて
  • がん治療の基本は、生活習慣の改善にある
  • 腸内細菌が元気であればうつも改善する
  • 抗生剤は大切な常在菌にもダメージを与える

 

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

  • 作者: 本間真二郎
  • 出版社/メーカー: セブン&アイ出版
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: 単行本


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本「穀菜食で病気にならない体をつくる」 [本]

昭和9年生まれの薬剤師の方が書かれた本「穀菜食で病気にならない体をつくる」を読み始めた。

裏表紙の内容紹介から~


いまは好きなものはなんでも食べられる時代である。しかし、私たちは、なんでも食べているから病気になるのだ。体内で「自然性をよみがららすことができる食べ物」、すなわち穀類と野菜に秘められた「自然の力」を引き出す「穀菜食」が、私たちの体を根本からつくり直してくれる。健康のカギは、栄養万点の副食ではなく、「穀菜食」を中心とした主食にある。五穀の恵みを、本書で体感してもらいたい。


まさに、おっしゃる通り!3年前、何でも食べて「痛風」になった。それからというもの「玄米菜食」を見直している。まぁ玄米菜食は早死にという説もあるから週に一度は「鶏肉」を食べるようにしているが・・・。

 

自分の身は自分で守るべく、「食」の勉強をしていきましょう!


穀菜食で病気にならない体をつくる (健康人新書)

穀菜食で病気にならない体をつくる (健康人新書)

  • 作者: 佐藤成志
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2009/03/26
  • メディア: 新書

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本「穀菜食で病気にならない体をつくる」 [本]

古本屋さんで見つけた本「穀菜食で病気にならない体をつくる」を読んでいる。

先日の夢を食べて生きていく・・・というのは恐らくアドレナリンが出て興奮作用が働き、小食・睡眠不足(逆に短時間で熟睡しているのかも)でもやっていけるぐらいの話である。夢の重要性を伝えたかった。現実には何も食べずに生きていけない。アンパンマンの主題歌では無いが「食べないと死んでしまう」

私は、基本的には玄米・菜食なのだが、このままだと晩年うつ病になるという話も聞いたことがある。それは独身だからかもしれないが(笑)、肉食も週に1、2度は必要なのだそうだ。その代わり、ミンチ肉は止めた方が良いとのこと。ブレンドしたり、ミックスするのは供給側の都合の良い話であり、何が入っているかわからないからである。

それ以前に、玄米・菜食がどんなものなのか実践よりも後付けで知識が欲しく、丁度よいので買って読んでいる。また追ってご紹介しますね! 


穀菜食で病気にならない体をつくる (健康人新書)

穀菜食で病気にならない体をつくる (健康人新書)

  • 作者: 佐藤成志
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2009/03/26
  • メディア: 新書

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本「あした死ぬかもよ?」 [本]

本「あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問」著者:ひすいこたろうを読み始めた。

(てか、まだ読んでないのかよ!ならわざわざ書くなよ!という声も聞こえてきますが・・・ブログ=日記なのでお許し下さい!)

冒頭から・・・(上記著書のp8より抜粋)


今日が、あなたの人生最後の日、そして最後の瞬間です。(ここからは、床に寝て、仰向けになりながらお読み下さい)


とある。なかなか面白い!死の瞬間をイメージしたいのだが、今日はまだまだやりたいことがあるので、本を閉じた。

毎月行く昭和風薬局で待っている間、貸出無料という棚1段があり、今月もお借りした。(毎月、痛風の薬を処方してもらうために通い早2年半。もはや常連で顔なじみで「一ヵ月後に返却でもいいですか?」との質問に「どうぞ!どうぞ!」と。昭和的サービスはいいですよ!心が和みます、癒されます、感謝したくなります!昭和的サービスを取り戻すのはいかがだろうか?少し、私なりに考えてみます。)

昭和的サービスで3店舗と事業拡大している同級生もいる(私のPC版ブログの読んでいるブログ一覧にあり)から今度秘訣とお客さんの効果効能を聞いてみたい!

私の同級生のご友人(なので私と同い年)も今年亡くなったらしいので、他人事では無い(知っている人も含めて6人目なので明日7人目になるとも限らない)。バイクに乗ると人格が変わる漫画「両さん」に出てくる後輩のホンダさん如く、人格が変わることもあるので・・・バイク事故で弱小ブロガー「はるかぜ」さん即死!なんてニュースになることも。(事故死は有り得るが、私の存在はニュースには成り得ない。笑)

「あした死ぬかもよ!」という心境で今を生きましょう!

あした死ぬかもよ?

あした死ぬかもよ?

  • 作者: ひすいこたろう
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2012/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本妖怪大全 [本]

「ぬえ」という妖怪を教えてくれた後輩から『図説 日本妖怪大全』なるものをお借りした。あの水木しげる氏のペンによるものである。


あとがきから抜粋

南方熊楠(みなかた くまぐす)などは、生命現象、すなわち、生と死を一つのセットと考えていたようだ。生の間は物質化しているから、見たりさわったりできるが、死のときは”霊”とか”妖怪”にかかわりのあるものに化するわけだ。それを”見る”には”脳力”という純粋な知覚力を高めないと見られないという。すなわち、邪心をもって見るとだめで、宇宙と一体化するような純粋な気持ちが大切らしい。もっともな説だ。

※南方熊楠 (菌類学者・民族学者)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%86%8A%E6%A5%A0


私が住む限界集落は”いもり”というのだが、その名の妖怪も居るらしい。隣の町では、今も秋にお祭りがある”狐の嫁入り”という奇祭があるが、それも紹介されている。他にも知りたかった”件(くだん)”や”八咫烏(やたがらす)”もある。1日1妖怪読んでも428日かかる。

純粋な気持ちで、目に見えないことも大事にして生きましょう!

図説 日本妖怪大全 (講談社+α文庫)

図説 日本妖怪大全 (講談社+α文庫)

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/06/14
  • メディア: 文庫



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感