So-net無料ブログ作成

徳山 [歴史]

私は山口県周南市(旧 徳山市)に住んでいる。

徳山の風景はこちら

眺望.jpg

奥田民生のライブに昨年行った(周南市文化会館にて)が、彼曰く・・・「周南?徳山でしょう?」と。 

その徳山に住んで昨日、衝撃的な事実を知ることとなった・・・

フリーペーパー「月刊まるごと周南vol.21」を何気なく読んでいて知った歴史の真実!

ここ、徳山藩は「三本の矢」で知られる毛利元就のひ孫 就隆が初代藩主である!

実はその父親 輝元が家臣の美しい嫁さんを家臣(杉 元宣)の留守の間に奪ってしまったのだという事実。

家臣である杉 元宣は九州でこの事態を知り、怒って急いで帰ろうとしたが輝元の叔父 小早川隆景(元就の三本の矢に出てくる息子)の手によって討ち果たされてしまった。しかも・・・表向きには船が沈んで溺死したことになっているという・・・。陰謀(歴史)というのは恐ろしい!所詮勝った者の歴史に書き換えられるのだ!しかも!討ち果たされた場所が私が住んでいる地名なのだ!

恐らく怒り心頭の元宣は九州から陸路を選ぶより、海路の方が早いと判断し船で徳山に向かったのだろう。そしてうちの近くの浜辺で情報を先取りしていた(スパイがいたということになるが)三本の矢の主人公 小早川隆景(または家臣)が待ち構えて水際で斬首に・・・。

知らなかった!

住んでいる近くの海岸で悲劇があったことなど・・・。

殺された元宣の霊が杉家の菩提寺に夜ごと白馬にまたがって出没したという・・・。

なんとこの寺の門は昭和の初めまで約300年間以上この供養のため「あかずの門」だったとか。

しかも徳山藩初代藩主就隆は輝元と奪った元宣の妻に出来た子どもであるという事実!

なんと2代萩藩主「秀就」も同じく奪った妻の子どもらしい!

なんだかなぁ・・・

今も昔も人間そんなに進歩していないのかなぁ?

まぁ殺さないだけ進歩したのかな?

地元では「毛利さま」といろんな場面で藩主の歴史はあがめられるが・・・そんな藩主の誕生秘話を知ると大したことないな!と思ってしまった・・・。

お殿様ってそんなに偉くないもんだな!

逆に傲慢で物欲・性欲・征服欲・名誉欲のかたまりだったのかも・・・

5978271.jpg

近くの海岸からの風景

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日曜に丑?うなぎ? [歴史]

本日は土用の丑の日だそうな。

この日に「うなぎ」を食べる習慣がいつからか始まったそうな。

私は仕事柄この一件について調べてみた。

「土用とは何?」

「丑の日?」

「丑とうなぎの関係は?」

私が小学生なら「今日は日曜日なのになんで土曜なの?」

「牛の日なのに何故、うなぎなの?」という素朴な疑問を持っただろう・・・実はアラフォー間近になってもこの疑問は持ち続けていた。重い腰を上げてやっと調べた。

◆古代中国の自然哲学「陰陽五行説」の万物は、木・火・土・金・水の5種類の元素から成るという説の内、土は植物の芽が地中から発芽する様子から、万物を育成・保護する性質を表し『季節の変わり目』の象徴。土用とはその季節の終わりの約十八日間のこと。その間で日の十二支が丑である日のことを指す。

◆江戸時代、讃岐出身のあの平賀源内がうなぎ屋から相談を受けて発案。「丑の日に『う』のつく物を食べるとバテない」という民間伝承からヒントを得たらしい。うなぎにはビタミンBが豊富に含まれ、夏バテや食欲減退防止の効果が期待できるから結果オーライだったのかな?。今でいうバレンタインにチョコみたいな話かな?

まぁ騙されたと思って今日この日にうなぎを食べてみると何か歴史のロマンとか感じるのかな?

人間というより生きものは「食」が全ての根本だから、うなぎのような精のつくものを食べるのは季節の変わり目に体調管理のためにも実はいいのかもしれない。

「物事は全て結果オーライ!」

Image179.jpg

うなぎの霊のような雲(死んでくれたうなぎさん!ありがとう!)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人は二度死ぬ [歴史]

 またしても偶然の一致から記事を書かせていただきます。昨日のブログのある方へのコメントとして「人は二度死ぬ」ことを書きました。そして本日メールマガジンをチェックしたところ、その記事の中に「人は二度死ぬ」というタイトルと内容があり、驚きました

 吉田松陰先生の歴史に学び、ああ人は二度死ぬんだと思ったばかりだったのです。一度目は肉体の死(安政6年10月27日、陽暦1859年11月21日処刑される)、その数年後志士たちが維新に向け動き始めるのです。松下村塾の門下生第一号の久坂玄瑞は17歳で入門、20歳の時に松陰先生の死、その後25歳で禁門の変で自刃。久坂玄瑞にとってはそこで松陰先生と共に死を迎えることとなるのでしょう。

 しかし、松陰先生死後約150年経つ今も「吉田松陰」は我々の中に脈々と生きています。(私の中では復活したという方が良いのですが)私が死ぬ時に私の中の吉田松陰も死ぬのでしょう。ということは彼はまだまだ生き続けるのです。

 魂や残した言葉は永遠のような氣がいたします。

 話は変りますが、私の祖父母4人はもう亡くなっています。しかし、ふとした時に思い出したりします。まだまだ生きているのです。思い出す度に何か勇気や応援のメッセージをもらうような氣もします。永遠につながる命や魂。

 昨日訪れた松陰先生のお墓には「二十一回猛士墓」と刻まれていました。受講したセミナーは第二十一回・・・というタイトル。主催者側も閉会の挨拶の際、偶然とおっしゃっておられました。初めて参加した私にとっては決して偶然ではなかった。

吉田松陰〈1〉

吉田松陰〈1〉

  • 作者: 山岡 荘八
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1987/07
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歴史体験~吉田松陰 [歴史]

 維新胎動の地、松下村塾があった萩に於いて2泊3日の歴史体験セミナーに参加させていただきました。幕末から明治維新の時代から帰ってきた浦島太郎のような状態です。研修の内容は以下の通りでした。

テーマ『時代の先覚者・吉田松陰~維新の道をひらいた松下村塾』

  • 明治維新と吉田松陰(下田踏海、東北遊歴、佐久間象山との出会い)
  • 吉田松陰と松下村塾(久坂玄瑞、高杉晋作との書簡)
  • 萩における吉田松陰、高杉晋作、久坂玄瑞
  • 松陰の言葉をしのぶ
  • 女台場見学~男なら
  • 吉田松陰の母、杉瀧子に学ぶ~妹千代への手紙から
  • 孝明天皇の祈りと吉田松陰
  • 久坂玄瑞生誕地、高杉晋作生誕地、野山獄岩倉獄、吉田松陰生誕地、松下村塾、松陰幽囚の旧宅、松陰神社参拝
  • 吉田松陰の尊皇思想(黙霖との往復書簡)
  • 萩城跡見学
  • 前原一誠 留魂の心(萩の義挙)
  • 和歌創作

 地元でありながら知らないことばかりで恥ずかしくなりました。非常に奥深くまで掘り下げた内容だったので大変勉強になりました。また本物に触れることも出来、なんだか遺伝子が目覚めたような氣もします。一級品の資料をいただいたので、これから一年吉田松陰について学んでいこうと感じました。

 吉田松陰から久坂玄瑞への手紙から、現代の私に・・・己の立場で何を為さんとするのかを問われた氣がいたします。研修の中で偶然の一致をいくつも経験しました。自宅に帰ると違うところから講演会の案内がありそのテーマがなんと『吉田松陰』またしても偶然の一致。やはり今の私に学べというメッセージなのでしょうね。

吉田松陰〈2〉

吉田松陰〈2〉

  • 作者: 山岡 荘八
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1987/07
  • メディア: 文庫


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

八つの耳の王子の話 [歴史]

 今から約千四百年前、日本の国は大和の国(近畿地方)を治める天皇を中心に段々と開けていきました。その大和時代といわれるころのことです。用明天皇の子どもに聖徳太子というきだてのやさしい、かしこい王子がいました。

 太子が六つのときです。

 太子が他の王子たちと遊んでいるうちに、とっくみあいのケンカになりました。「えい、また、ケンカをしておるか!」おとうさまの天皇はおこってこらしめるために、むちを持って出て行きました。「わぁ、たいへん、たいへん。」他の王子たちは、あわてて逃げ出しました。

 ところが、太子だけは逃げません。それどころか、天皇の前にひざまずいて頭を下げました。「これ、太子。お前は、なぜ逃げぬ? どうして頭をたれておる?ケンカをしかけたのは、お前か。」天皇が尋ねました。

「いいえ。ケンカはわたくしがしかけたのではありません。なぐられたので、なぐりかえしただけです。でも、みんなと同じように、逃げようと思えば逃げられますが、いくら逃げても、天の上や地の底までは逃げれません。いつかはつかまってしまいます。それにケンカをしたのですから、ムチで打たれても仕方がないと思います。」

「ふうむ。なんと、正直な子じゃろう。いや感心、感心。」天皇は太子の素直な言葉にしかるどころか、反対にほめてしまいました。

 太子が八つになった時のことです。日本中を驚かす大変なことが起こりました。関東地方に住んでいて、たいそう勢いの強いエゾの人たちが天皇の言いつけに従わずに背き始めたのです。「ふとどきなエゾめ。すぐさま、退治してしまえ。」天皇は家来たちに言いつけましたが、その前に皆の考えを聞こうと、家来たちを集めて尋ねました。すると皆と一緒に、話を聞いていた太子もそばにいたので、「これ、太子。お前の考えはどうじゃ?話してみよ。」と天皇は太子に言いました。


「はい。わたくしは、まだ子どもですので、そのような難しいことはよくわかりません。けれど、戦いとなると、必ず人がケガをしたり、殺されることでしょう。エゾといっても、同じ日本の国に住んでいる人たちなのですから、出きることなら、そのかしらを呼んで、よく相談してみたらいかがでしょう。」太子は思っていることを答えました。

 天皇や家来たちは、太子のやさしい心、皆仲良くしようという平和への願いにつくづく胸を打たれました。そして太子の言う通り戦いよりも、まず、相談をしようとエゾの頭を呼んでいろいろと話し合いを進めました。

 やがて、太子が十九歳になった時、天皇の仕事を助けて政治を行うことになりました。それにはまず、大勢の人の言うことを聞いて、それを元にすることだと考えて毎日、朝早くから役所に出かけました。すると、早速、一人の人が太子の所へ来て、いろいろと困ったことを訴えました。ところが、その後から、続いて二人、三人と続けざまに八人の人がやってきました。
「太子さま。まず、わたくしの話をお聞き下さいませ。」
「いえ、太子さま、私の方が先でございます。実は太子さま」とみんなが我先に自分の言いたいことをいっぺんにしゃべりたてました。がやがや、わやわや、何の話か、聞き取れないほどの騒がしさです。けれど太子は少しもいやな顔をしません。それどころか、八人の話を全部聞き終えると、「うむ。よくわかった。では、あなたはこうしなさい。」「あなたは、これこれのことをしなさい。」とてきぱきと訴えに答えてあげました。これには八人の人はみんなびっくりしました。「おどろいたお方だ。八人の話をいっぺんに聞くとは、とても人間技では出来ない。太子さまは頭がよいだけでなく、八つの耳を持っていらっしゃる。」とすっかり感心してしまいました。そして、このことがあってから、太子のことを八つの耳のある八耳王子と呼んで、いよいよ うやまうようになりました。

 こうして、八耳王子の聖徳太子は、それからも、いろいろとすぐれた政治の働きをしました。聖徳太子は、中国から伝わった仏教を広め、盛んにし、また、天皇を中心にした政治を行って日本国内をしっかりとまとめました。さらに、進んで外国と交わって、外国の良いところを、どしどし取り入れました。日のいずる国『日本』という国の名前は、この頃から使われたと言われています。(おしまい)

 この話を読んで、聖徳太子は8ヶ国語を話せたのではないかと思うのですが、どうでしょう・・・正倉院にはシルクロードを伝っていろいろな宝物が持ち込まれていますが、様々な民族の人々が日本に渡ってきたのではないでしょうか?


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感