So-net無料ブログ作成
検索選択

敵に塩を送る [教育]

うちの高1になる娘がチアリーダーに立候補したらしく、甲子園への切符を賭けた予選が始まった応援席で、選手とは違う戦いをしていることだろう。

高3になる息子の高校の応援を最初から最後まで応援団に混じってしたのだが(TVにも写っていたらしい、笑)、高校野球の良さは日本の伝統文化の継承にある・・・と感じた。

戦国時代の合戦は、まずは・・・「我こそは、どこぞの国の何がし」であると双方が名乗り、合図をもって戦いに挑む。 

また、戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から、敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。。。という「敵に塩を送る」という言葉もある。

試合開始前に双方の応援団が挨拶をし、応援を披露し合い、エールの交換をする。

試合中は攻撃の際のみ応援団やチアリーダー、吹奏楽が自陣の応援をし、守りの時はおとなしく見守る。

5回のグランド整備の間に、相手チームの健闘を称えるエールの交換を行う。

そして試合終了後は、勝ったチームは相手チームの健闘を称え、負けたチームは勝ったチームの栄誉を祝し、再びエールを送る。

これは素晴らしい学びである。

高校によっては全校生徒で応援に来る場合もあれば、1年生は強制的に、その他は任意という場合もある。戦国時代は教科書しか知らなくても、似たことを体験しているのである。

選手だけでなく、応援団も共に喜び、悲しみ、苦しみ、楽しんでいるのである。しかも負けたら終わり。

そして3年生は引退。まさに引導を皆で渡すのである。

負けたうちの息子も応援団へ整列してからの一礼の後、泣いていた。

負けたチームにとっては葬式の儀式である。しかし新チームとして生まれ変わる出産の儀式でもあるのだ。

実に素晴らしい日本的な伝統文化である。

47都道府県の代表校が出場する甲子園大会でも、全然知らない高校や生徒なのに、自分の県の高校だけは気になるし、応援してしまう。戦国時代の遺伝子が残っているのかもしれない。

今年は高校野球大会が始まって100年ということらしいが、戦国時代から考えると400年の歴史のある高校野球ともいえる。

夏は始まったばかり、歴史ある高校野球を今年も楽しみましょう!


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高校野球100年 [教育]

今年は、高校野球が始まって100年。しかし、今回は第97回大会というのは、戦時中は開催出来なかったからである。改めて平和の有り難さをこの「-3」に感じる。高3の息子が甲子園を目指す最後となる夏を迎えるにあたって、約7年前に私が住む地元で行われた「人間魚雷 回天」の歴史を親子で臨海学校で学んだ(当時:息子 小4)経緯から、さりげなく伝えた。

昨日、生まれて初めて甲子園予選の開会式に参加させていただいた。選手宣誓も各会場によって異なるので、それぞれの参加者が唯一無二の体験となる。

緊張の面持ちで、「イッチ、ニッ!」と手の振りや足並みを揃えての入場行進に感動した。オリンピックの入場のようにダラダラと、周囲に手を振りながらのリラックスした雰囲気では無い、この伝統が100年の日本の歴史を感じた。

何でも新聞やテレビで聞くだけのことと、その場の体験というものは全く違う。

ユダヤ人の3歳から始めるわが子への教えの一つに・・・「結果より過程」というのがあるらしい。

開会式直後のわが子の第1試合で、5-0で敗退したが、遅ればせながら親子共にその体験を出来たことに喜びを感じた。節目の100年にふさわしい感動体験であった。今年も熱い夏が始まるが、私たち親子は既に終え、新たな次元に突入する。


nice!(0)  トラックバック(0) 

初心忘るべからず [教育]

息子のチームの試合を見に行きました。一回戦突破ならず、三年生の夏は終わり、泣いていました。もらい泣きしてしまいました。息子にとっては来年に向けて最後の夏が始まったとも言える。パンフレットの山口県高校野球連盟会長の話からちょっとした目からウロコがありました。以下は会長のあいさつ文より抜粋。

 


「初心忘るべからず」という格言があります。今から600年以上も前の室町時代、我が国の「能楽」を大成した世阿弥が遺した言葉と言われています。一般的には、「物事をはじめた時の素直な気持ちを忘れずに何事も励みなさい。」という意味に使われがちですが、本当は多少違うようです。初心とは、物事を始めたばかりの未熟で不慣れな状態のことだけでなく、上達したり大成しても、それ以前の未熟な状態のことを世阿弥は初心と言っているようです。単なる初心者という意味ではないようです。「何かを始めて上達していく過程のその時々に味わった惨めな思いや悔しさ、さらにそれらを克服するために努力したことの一つ一つを決して忘れるな」という意味だそうです。


やはり、人生はその過程に意味があり、努力が大事のようです。また結果の厳しさも味わいますが、それもいい思い出に変わっていくことでしょう。青春っていいなぁ。私たちも年齢に関係なく、初心を忘れずに青春していきましょう!息子が三塁コーチャーに出た途端にタッチアップを判断する重要な場面に。彼も大舞台で大きな役割を担った。春の甲子園に向けてがんばって欲しい。父さんもがんばるぞ[手(グー)][わーい(嬉しい顔)][手(グー)]
nice!(0) 

よく遊ぶ子は賢くなる [教育]

NHKニュース【よく遊ぶ子は賢くなる】は勉強になったが時既に遅し!と悔やんでいる親も多いだろう。以下はその内容である。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140213/k10015207301000.html


「よく遊ぶ子は賢くなる」調査まとまる

2月13日 5時30分
 
いわゆる「難関大学」に合格するなどした経験がある人は、そうでない人に比べて、小学校に入学する前に思い切り遊んだり好きなことに集中したりしていた割合が高いとする調査結果がまとまりました。調査に当たった専門家は、「遊びのなかでさまざまな力を身につけることがその後の学習意欲を育む」と指摘しています。

この調査は、発達心理学が専門のお茶の水女子大学の内田伸子名誉教授らが20代の社会人の子どもを持つ保護者1000人余りを対象に行いました。

この中で、「小学校入学前の子育てで意識していたこと」について尋ねたところ、偏差値68以上のいわゆる「難関大学」に合格するなどした子どもの保護者の35.8%が「思いっきり遊ばせること」と回答したのに対し、そうでない子どもの保護者では23.1%にとどまっていました。

また、難関大学合格者などの保護者の24.1%が「好きなことに集中して取り組ませること」と回答したのに対し、そうでない子どもの保護者は12.7%となっていました。さらに、「子どもの遊ばせ方」について、難関大学合格者などの保護者の28.8%が「自発性を大切にした」と回答したのに対し、そうでない子どもの保護者は16%となっていて、小学校入学前の時期に遊びを通じて自発性や集中力を養うことがその後の学力向上につながる傾向を示す結果となっています。

内田名誉教授は、「小学校入学前は五感を使うことで脳が発達する大事な時期で、関心を持ったことをすぐ吸収できる力があります。遊びのなかで楽しみながらさまざまな力を身につけることがその後の学習意欲を育むことにつながる」と話しています。


記事に登場する偏差値68以上の大学というのは東大、京大、早稲田、慶應レベルである。私の高校(偏差値63)からこの四つの大学に進学した同級生が何人も居るが、同じクラスになった時のことを今思い出すと・・・がり勉かというとそうではなく、ひょうきんな明るい子だった。恐らく幼児期の親の教育が良かったのだろう。調査した教授がラジオで語っておられたが、絵本の読み聞かせ一つでも全く違うのである。ある親はまるで何かの試験のような読み方、ある親は子供の想像力を膨らませる読み方。幼児期次第で子供は探究心を持って自発的に勉強していくのだとか。。。

私は子供に好きなことをやらせて来たから後悔は無いよ~。やはり三つ子の魂百までも・・・は本当だったのだ!


タグ:子育て 教育
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

豊かな体験を [教育]

地域のコミュニティ誌を見ていて共感しましたので抜粋します。


豊かな体験を

子どもの頃の体験が、その後の人生にどんな影響を与えるのかを調べた結果がここにあります。

(時事通信社刊『内外教育』)

その調査対象は子ども時代を終えた20代から60代までの大人だからとてもひきつけられます。

〇子どものころ海や川で遊んだりする「自然体験」を多くもっている者ほど、大人になった今、物事に対する「意欲・関心」が高い。

〇「友達との遊び」の経験のある者ほど、大人の今「規範意識」が強い。

〇「地域活動」の経験が多い者ほど大人の今「職業意識」が高い。

 このことは当然仕事にも影響するらしく、年収も高くなるという結果が出ており、おもしろいです。

 問題は、大事とされる「自然体験」や「友達との遊び」が、大人であっても年代が下がるごとに減っているということ。今の子どもではもっと少ないと思われます。

 学校では今本年度のまとめをしていますが、子どもの多種多彩な体験活動を強力に進めていただいている〇〇地域の諸団体が児童の育成に大きく貢献していることに思いを致し、深く敬服、感謝しているところです。


この記事は地元小学校校長先生が寄せておられます。

内外教育:http://www.jiji.com/service/senmon/educate/index.html

私(40代)の小学校の同級生男女二人が引きこもりでいると聞いている。当時は賢い二人という印象しか残っていないが一緒に遊んだ記憶がない。もしかして親御さんが厳しくて「勉強!勉強!」と言ってきたのだろうか?

「自然体験」「友達との遊び」や「地域活動」が少なかったのだろうか?

子どもたちに「体験」が少なく、「勉強!勉強!」とばかり今言っていると、40になっても親が面倒をみないといけないことになって、年老いても死ぬに死ねない状況を自ら作り出すことになってしまいますよ。

だから、子どもたちには(小学校6年間ぐらいは)「外に出てよく遊べ!」でいいんではないだろうか?

私の場合、「自然体験」豊富すぎて、大人になった今でも物事に対する「意欲・関心」が高すぎて、世の中の陰謀・未来予測・宇宙の不思議・UFOの不思議を今も探求中である(笑)。

「友達との遊び」も豊富すぎて、「規範意識」が強く、お店でもルールを守らないお客さんに正面からぶつかりよくトラブルになる(笑)。

「地域活動」の経験が全くなかったので大人の今「職業意識」が低く年収も低いままである(苦笑)。

DCF_0009.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感