So-net無料ブログ作成

何かに挑戦すること=この世に生まれた使命 [社会]

先日、娘との月に一度の広島での面会日。娘が通う自動車学校に送り迎えした。その際(三時間教習のため約3時間待機)、バイクの教習を炎天下の中、飽きもせず(笑)ずっと3時間観ていた。教習の人や、卒業検定の人、10代の高校生風な男子やヤンキー風な女性、50代の作業員服装の男性、まさに老若男女がバイクという乗り物にチャレンジしている。私も40代でバイク免許を取得(といっても原付2種(125cc)だが)したが、卒険の緊張は半端ないので125ccでいいと思っている。てか、欲にキリなしで、125cc→400cc→750ccとかキリがない。大型免許を取得しようとしている女性はkawasakiの400ccを乗って来た女性なので上を目指すのはいいのだが、その今まで乗っていた400ccバイクはどうするの?売って、新しい750ccに乗り換えるの?彼氏を捨てて、新しい出会いを求めるの?とか勝手に教習を見ながら想像していた。

卒業検定では、いきなりエンスト、急制動やりなおり、一本橋脱輪。教習では、S字転倒、スラローム転倒、坂道発進エンストなどしながらも、皆、目の前のことを必死に挑戦している。

「これだ!」と感じた。私たちが生まれた理由までさかのぼる・・・。

思うようにならない現実があっても(失敗しても)、最後まで(検定終了まで、教習終了まで、人生終えるまで)「挑戦し続けること!」これが神さま(Something Great:私たちがこの世に生まれ出ることを切望し、審査許可してくれた大いなる存在)に対する、ありのままを見せている瞬間なのだ!・・・と。

卒険は減点方式で100点満点でたしか70点以下が不合格だったと記憶。でも一本橋脱輪は一発不合格。脱輪したからといって、次の検定に再チャレンジすればいいだけのことで、人生に脱輪したからといって自殺する必要もない。安易に逃げている人も世の中に多いのでは?ゲーム社会(リセットすれば全て済む)がそうさせるのか?

何かに挑戦すること!

これを老若男女のバイクを免許取得を目指す人たちを三時間見て感じたことです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぽっくり死ぬ仮説 [社会]

奈良県には「ぽっくり寺」というのがあるらしく、参拝者がぽっくり死ねるようにモクギョウを「ぽっくり」「ぽっくり」叩くのだとか。

高齢者の話を聞くと、これが最高の死に方なのだとか。

家族や他人の手を煩わせたくない死に方。

先日、私の祖母の家系のおばさんがぽっくり亡くなった。

誰にも言えないが、「いい死に方」だったと感じた。

私が小さい頃、小学校や中学校通学時に、よく声を掛けてもらったのを思い出す。

もう30年~40年前のことになるのだが、今で言う「見守り隊」のような存在で、その頃の記憶がふと甦ってくるのも不思議だ。

私の中の仮説だが、良い人は「ぽっくり死ぬ」のではないだろうか?

近所で・・・嫁をいびって出て行かせた結果、息子も事故死で亡くし、自分は寝たきりで10年以上も長生きしている姑を逆説的例としてあげておく。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱中症対策(体験談) [社会]

こちらは、来週の田植えを前にして、トラクター及び耕運機を使った代掻き(シロカキ)という作業中である。

日中は27度の夏日の中の作業となり、水分補給は頻繁にするも、頭がボーッとしてきて(2年前には近所の田んぼ作業中に倒れて亡くなった方もおられる)これは熱中症になる!と感じた。

そんな時は「口からの水分補給」より→「皮膚からの水分吸収」の方が早いのだとか。そんな事を聞いていたので、早速、山から引いてきている湧き水(10年間試行錯誤の上、ホースで引くことに成功)を頭から全身かぶった。するとどうだろう・・・頭のボーっとするのが無くなり、同じ炎天下ではあるのだが、その後快適に作業が進んだ。あのまま、水を飲むことだけで対処していたら、田んぼの中で倒れて死んでいたかもしれない。やはり、①知ること②実践すること(見た目を気にせず)の大切さを感じた。びしょ濡れになったのを見られたら恥ずかしい!とか(まぁ、私の場合、山の中で一人で作業しているから、誰にも見られることはないのだが、倒れて誰にも気付かれない方が悲しい)人目を気にせず、自分の命を守って生きましょう!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目指せ!生涯現役 [社会]

母の兄は90歳代であるが、今年もトラクターに乗って田んぼを耕されているのだとか。運転免許証は早々に返納されたらしいが、トラクターは乗る。まさに尊敬に値する。

私は40歳代だが、同じようにトラクターに乗るが、怖いと身の危険を感じることもある。毎年のようにトラクターが横転して、下敷きになる死亡事故があるのもよく理解できる。

しかし、私もあと、40年間トラクターに乗り続け、母の兄のように米作りが出来るのだ!と想像すると、勇気が湧いてくる。人生100年時代。年金生活でゴロゴロするのではなく、生涯現役で働き続けるというのは素晴らしいことである。しかも、先日観たドラマ「ブラックペアン」ではないが、「お米がこんなに美味しいなんて!」とか「日本人の体は米で出来てるらしいぞ!」とかあったが、自分が作った美味しい米を食べられるのは幸せなことである。母の兄にも子供さんやお孫さんがおられるので、「彼らの為にうまい米を!」というその為の生きる原動力もあるのだろう。身近なところに良いお手本が居られるので、私も生きる原動力になる。息子や娘にも、日本人なんだから、パンでは無く、米を食べて欲しい!

嵐のニノ宮主演の「ブラックペアン」は実に面白い!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

欲にキリなし、霧は深し [社会]

お釈迦さんだったか、イエスキリストだったか忘れたが「欲というものは、砂漠の砂に水を注ぐようなもの」と表現をされたらしい。

今朝は霧が深い朝で幻想的でしばらく眺めていた。

私は今だにPHSという方式の携帯電話で、ガラケーでもない。折りたたみ式ではない棒状の携帯電話である。

スマホを操作している人を見ると・・・「欲しいなぁ・・・」と思うこともある。

かといってスマホを持ったことが無い訳でもない。水に濡らして(初期モデルだった為、防水では無かった)使えなくなったのでそのまま。便利さを知っているが、このままでもいいか!とPHSに逆戻り。というか二台持っていたのでPHS1台のまま。

タブレットも使っていたが、ノートパソコンの方が使い勝手がいいので、そのままホコリをかぶっている。なのに電器店に行くと・・・「こんなタブレットなら欲しいなぁ・・・」と思ってしまう。

車も既に持って乗っているのにパソコンに表示される広告を見ると「欲しいなぁ・・・」とその広告に乗っかり、検索してしまう。バイクも持っているのに冬場は寒くて半年間も乗っていなかったのに、暖かくなると・・・パソコンに表示される広告を見ると「欲しいなぁ・・・」とその広告に乗っかり、検索してしまう(笑)。

知人は車の免許も持っているが、自転車だけで十分満足して用が足りている様子。

今日に限らずいつもで申し訳ないのですが、支離滅裂な内容で「欲にはキリが無い」ということでした。同じことの繰り返しで、日々反省しながら生きております。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感