So-net無料ブログ作成
検索選択

しゃーないやんかー最終 [社会]

(続き)翌日、ゴールデンウィーク初日で修理工場が休みにも関わらず、ご家族(小さいお子さんが居られる)を置いて、出勤してお店を開けて、昨日の感じの悪いおじさんが運ぶ、私のパンクした車を受け入れてくれる「地獄に仏」の友人。

自宅に居ても立ってもおられず、私も立ち会うことにした。

私「昨日のあのおじさんが持って来るんかな?」

友人「あの人は昨日の当番だから、今日は違う人が来ると思うよ!」

私「そうなんか!良かった!」と業界の仕組みも知らないので少し安堵した。

到着したのは、ホンジャマカの石塚のような屈託の無い笑顔のおじさんだった。

私「わざわざ搬送ありがとうございます!」

オンジャマカ石塚似のおじさん、汗を拭きふき「昨日は大変でしたね!」「山の中腹までうちのが行ったんですか?」

私「いえいえ、自力で下山して、ガソリンスタンドでも対応出来ないとのことで、お呼びしました。助かりました。」

ホンジャマカ石塚似のおじさん、汗を拭きふき「私らぁ、これが仕事ですから!」

ポカリスエットを差し上げると、汗を拭きふき「ありがとうございます!」とあの似た笑顔。「また何かありましたら、よろしくお願い致します!」と言われた。

友人と見送った後・・・「同じ会社でも人によって対応が大違いなんやねぇ・・・」と私が言うと。「人の振りみて我が振り直せ!・・・じゃね!」ということになった。

同じお店を利用しても人によってサービスが大違いということも多々ある。同じお店を利用するのに、快適に心地よく感じる場合もあれば、不快に感じる時もある。損保会社に電話した際は1回目の人は非常に良い対応で救われたが、2回目に掛けた際の人は何か突き離されるようで不安に感じた。同じ会社でも人それぞれなのである。

しばらくして、息子に「無事受け入れが終わったよ!」とメールを送ったところ・・・いつもは一言メールしか返事を返さないが、「失敗の中でたくさんのことを学んだ。これからもがんばる」と返ってきた。何か大事なものを学んだようだ。アルバイト先のガソリンスタンドでもいろんな人がいると思う。人が困っている際には「いい人」か「そうで無い人」が居るとすれば、その困っている人に自分は何が出来るか考えて「いい人」に成って欲しい!・・・そんなニュアンスのメールをした。(人間万事塞翁が馬)おしまい。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しゃーないやんかーその4 [社会]

(続き)タクシーを呼んだ。

私「防府駅までお願いします!」

運転手さん「はい、かしこまりました!」

私「大変な一日でした・・・」

運転手さん「ほぉ・・・聞きましょう!」

(話かけられたくない運転手さんも居ると思うが、明るい人で救われた)

私「息子と大平山に車で上っていたんですが、途中でパンクしてしまって・・・」

運転手さん「ほぉ・・・そりゃあ大変でした。でも、スペアタイヤがありますよね?」

私「それが、二本同時にパンクしてしまったんですよ!」

運転手さん「そんな事があるんですね!」

私「運転手さんはパンクとかありますか?」

運転手さん「もうかれこれ、40年はパンクしたことが無いですね。最近はほとんどが舗装道路ですから・・・」「そりゃぁ、40年前は舗装されていない道がたくさんありましたから、パンクはありましたけどね~」

私「さすが、プロは違いますね!」

それを聞いていた息子もプロの凄さを感じたのではないだろうか?


駅で息子と別れた。ロードサービス会社は仕事だから連休は関係無いが、休みの日にも関わらず出勤して、息子の車を受け入れてくれる人も居ることに感謝しないといけないね~と伝えた。(続く、てかまだ続くのかよ!?)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しゃーないやんかーその3 [社会]

(続き)ロードサービスを呼ぶ前に娘との面会もあったので電話した。いつもなら午後7時にはメールして待ち合わせ(暗黙の了解ぽいが)。既に午後8時を過ぎていた。

私「ゴメン、山道で車がパンクして・・・」

娘「もっと早く電話して欲しかった。」

(そりゃそうだよなぁ・・・と思いつつも)娘「外でずっと待っちょったんじゃけぇ」(ずっと待っていたの山口弁)

私「ゴメン、早くても10時頃になる・・・」と言った途端

娘「もう、いい!」と一方的に電話を切られる。

娘には【しゃーないやんか!】は通じそうにない。自分のせいで・・・と、心配していた息子に「これも、しゃーない」と伝えた。

そして自動車保険会社に電話した。(今は保険にロードサービス料が含まれているらしく、丁寧に対応してくれた。レッカー引き受け先でパンク修理出来るかどうかは聞いてみて下さいとのことだった。)

・・・30分後、レッカー車というか荷台に車を積むトラックが到着。私たち親子を救ってくれる救世主なので平身低頭で

私「ありがとうございます!」と言うと・・・

60代のおっちゃんだったが・・・つっけんどんな態度で「どうします?どこに持っていきます?」と言うので

私「えぇ?保険会社の人には、パンク修理出来るか聞いてみて下さいと言われたんですが・・・」

おっちゃん「うちはやりませんよ!」「うちで24時間は保管します。次の移動先が決まらないのであれば、それ以降は保管料をいただきます。」ということだった。そのやりとりを見ていた息子は「連休中だからしゃーない」と「しゃーない」の活用法をマスターした様子。

そこで連休中5日間も保管料が発生するのは困るので、車の修理会社を経営している高校の同級生に息子に隠れて半べそかきながら電話した。「こんな状況なんじゃけど、どうしよう!?」・・・と。

友人「えぇよ~その人と電話代わってくれる?」

この時点で「地獄に仏」という場面を垣間見た氣がする。

一通りやり取りが終わった後、高校時代から30年経つ今まで温厚な彼が・・・「何!?今の!?」とキレていた。今度は私が「しゃーない」を言う場面。連休前でくつろいでいたところ、当番で呼び出されたのだろう。

そこで車を荷台に乗せ・・・なんせ人生始まって初めてのことで・・・想像ではそのレッカー車の助手席に一緒乗せられて最寄の駅まで連れていってくれるのか?と思いきや・・・

私「私たちはどうなるのですか?」と聞くと・・・

おっちゃん「知りません」

私「ここでお別れなんですね?」と念をおして聞くと・・・

おっちゃん「そうです!」とのこと。

ようやく状況を飲み込んだ私たちはタクシーを呼ぶことになった(続く)。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しゃーないやんかーその2 [社会]

(続き)大阪ではこういう時、「しゃーない!」と言うことを伝えた。

起こったことは仕方無い。次のことを考えよう!・・・と。

まずは、スペアタイヤに交換。当然のことながらスペアタイヤは1個しかない。しかし、FR(後輪駆動)の車で前タイヤに付けるべきか?後輪に付けるべきか?考えてみて・・・と。私もこんなこと初めてなので、同時に考える。息子の結論は、山道を下る為、前輪に力が加わるし、後輪駆動とはいえ、ハンドルを切る際に前輪に付けたスペアタイヤで方向が安定するから、後輪はホイールの下にタイヤのゴムがクッションになるので損傷が最小限に防げる・・・さすが理系。「よし!じゃぁそれでいこう!」ということになった。私の考えは「車は前の方がエンジンがあって重いから前輪に付けよう」ということで一致。


息子はガソリンスタンドでアルバイトをしており、タイヤ交換はするらしいのだが、油圧式のジャッキアップがあり、電動でボルトを外す機械でやるので、手動のジャッキアップも足や手を使ってのボルトを外すのは初めてらしい。私は毎年の冬用タイヤへの交換は自分でするので何ということも無いが、息子にとっては新鮮そのもの。

タイヤを浮かしてしまうと、タイヤが空転してしまうのでボルトが外れない。それも自分やってみて初めて理解する。またジャッキを戻して、タイヤと地面を接地させて足で力を入れてレンチを踏み込む。対角線上に軽く外して、再びジャッキアップ。

職場のシステムがデジタルとしたら、こちらはアナログである。個人というのはいろんな面でアナログなのだ!

まぁそんなこんなでスペアタイヤに付け替えて、ゆっくりと下ることに。

今、振り返るとすぐにロードサービスを呼べば良かったのだが、自力で下山。裏道を使って(メイン道路だと他の車に迷惑を掛けるので)ガソリンスタンドかタイヤショップまで近い方に行こうということになった。

ガソリンスタンドに着いたのが午後7時40分。セルフ方式の24時間営業の店舗だったが、状況を見た上で「タイヤ交換は午後6時半までの受付なんですよね~」と自動車整備士のネームプレートをつけた人に言われた。

「どうすればいいですかね?」と聞くと・・・「1キロ先に別のガソリンスタンドがありますので、そこで聞いてみて下さい!」とのこと。

息子と「しゃーない!」ということになり、電話で聞いてみると・・・「うちは交換出来る人間がもう帰りまして出来ないんです!」と断られた。3キロ先のまた別のガソリンスタンド(実は息子が勤めているスタンドと同じチェーン店)に電話すると・・・「出来るんですけど、タイヤサイズを教えて下さい!」とのことで195/50R15と伝えると・・・「それ置いてません。本来ならタイヤメーカーに言えばそのサイズ持ってきてくれるんですけど、ゴールデンウィーク中で休みなんですわぁ・・・」と。(その時点でまだ午後8時前だったのでイエローハットとかにタクシーで行ってタイヤだけ持ち込めば良かった・・・と、次の朝にひらめいたが後の祭り)

自力回復は万事休す・・・ということでロードサービスを呼んでレッカー移動してもらうことに。(続く)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しゃーないやんか! [社会]

私が山口県人だが、大阪での4年間の学生生活中、大阪人の言う「しゃーないやんか!」に何度も救われたことがある。

「しゃーない」=「仕方無い」ということは日本人なら理解できるが・・・アメリカ人に「おおきに」=「ありがとう」を説明するのは苦労するぐらい、同じ日本人でも異質な文化を持つ大阪である。

今回、息子に「しゃーないやんかぁ!」を言う場面が我が人生で初めて出てきた。

息子が車の運転が上手くなりたい(右手はハンドル、左手はマニュアルシフトに手のまま)とのことで山道を登っていた。頂上を目指すのに、全く別の家庭菜園コーナーに行き着いた。今振り返ると・・・私が余計な事を言ってしまったのだ。「あそこの脇にある砂利の広場でターンして戻ろう!」・・・と。私と息子の中での「ターン」というのは普通のUターンでは無く、ハンドルを切りながら思いっきりサイドブレーキを引く・・・よく映画やドラマで180度クルっと向きを変えるスタント的なやつである。私は一度しか成功したことが無いが、息子はマスターしている。

しかし・・・そこでトラブル発生。脇の砂利の広場に入る際に(ハンドルを切りながらサイドブレーキを引く工程の為に、恐らく出来るだけ深く進入したかったのだろう・・・)数センチのズレで側溝に左タイヤ両輪が激突。バーストして停止。しかもよく見ると誰も通らない道の為、落ち葉で側溝を塞いでおり、地面のように見えたが、実は側溝だった。しかも角が鋭く尖っていた。それを左側の前輪と後輪が一瞬にしてえぐられたのだ。

私が「ターンで戻ろう!」と言わなければ、無理に進入しなかっただろう。私の責任である。

しかし、息子は「どうしよう?」とオロオロしている。(続く)

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感