So-net無料ブログ作成
検索選択

しゃーないやんかーその3 [社会]

(続き)ロードサービスを呼ぶ前に娘との面会もあったので電話した。いつもなら午後7時にはメールして待ち合わせ(暗黙の了解ぽいが)。既に午後8時を過ぎていた。

私「ゴメン、山道で車がパンクして・・・」

娘「もっと早く電話して欲しかった。」

(そりゃそうだよなぁ・・・と思いつつも)娘「外でずっと待っちょったんじゃけぇ」(ずっと待っていたの山口弁)

私「ゴメン、早くても10時頃になる・・・」と言った途端

娘「もう、いい!」と一方的に電話を切られる。

娘には【しゃーないやんか!】は通じそうにない。自分のせいで・・・と、心配していた息子に「これも、しゃーない」と伝えた。

そして自動車保険会社に電話した。(今は保険にロードサービス料が含まれているらしく、丁寧に対応してくれた。レッカー引き受け先でパンク修理出来るかどうかは聞いてみて下さいとのことだった。)

・・・30分後、レッカー車というか荷台に車を積むトラックが到着。私たち親子を救ってくれる救世主なので平身低頭で

私「ありがとうございます!」と言うと・・・

60代のおっちゃんだったが・・・つっけんどんな態度で「どうします?どこに持っていきます?」と言うので

私「えぇ?保険会社の人には、パンク修理出来るか聞いてみて下さいと言われたんですが・・・」

おっちゃん「うちはやりませんよ!」「うちで24時間は保管します。次の移動先が決まらないのであれば、それ以降は保管料をいただきます。」ということだった。そのやりとりを見ていた息子は「連休中だからしゃーない」と「しゃーない」の活用法をマスターした様子。

そこで連休中5日間も保管料が発生するのは困るので、車の修理会社を経営している高校の同級生に息子に隠れて半べそかきながら電話した。「こんな状況なんじゃけど、どうしよう!?」・・・と。

友人「えぇよ~その人と電話代わってくれる?」

この時点で「地獄に仏」という場面を垣間見た氣がする。

一通りやり取りが終わった後、高校時代から30年経つ今まで温厚な彼が・・・「何!?今の!?」とキレていた。今度は私が「しゃーない」を言う場面。連休前でくつろいでいたところ、当番で呼び出されたのだろう。

そこで車を荷台に乗せ・・・なんせ人生始まって初めてのことで・・・想像ではそのレッカー車の助手席に一緒乗せられて最寄の駅まで連れていってくれるのか?と思いきや・・・

私「私たちはどうなるのですか?」と聞くと・・・

おっちゃん「知りません」

私「ここでお別れなんですね?」と念をおして聞くと・・・

おっちゃん「そうです!」とのこと。

ようやく状況を飲み込んだ私たちはタクシーを呼ぶことになった(続く)。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しゃーないやんかーその2 [社会]

(続き)大阪ではこういう時、「しゃーない!」と言うことを伝えた。

起こったことは仕方無い。次のことを考えよう!・・・と。

まずは、スペアタイヤに交換。当然のことながらスペアタイヤは1個しかない。しかし、FR(後輪駆動)の車で前タイヤに付けるべきか?後輪に付けるべきか?考えてみて・・・と。私もこんなこと初めてなので、同時に考える。息子の結論は、山道を下る為、前輪に力が加わるし、後輪駆動とはいえ、ハンドルを切る際に前輪に付けたスペアタイヤで方向が安定するから、後輪はホイールの下にタイヤのゴムがクッションになるので損傷が最小限に防げる・・・さすが理系。「よし!じゃぁそれでいこう!」ということになった。私の考えは「車は前の方がエンジンがあって重いから前輪に付けよう」ということで一致。


息子はガソリンスタンドでアルバイトをしており、タイヤ交換はするらしいのだが、油圧式のジャッキアップがあり、電動でボルトを外す機械でやるので、手動のジャッキアップも足や手を使ってのボルトを外すのは初めてらしい。私は毎年の冬用タイヤへの交換は自分でするので何ということも無いが、息子にとっては新鮮そのもの。

タイヤを浮かしてしまうと、タイヤが空転してしまうのでボルトが外れない。それも自分やってみて初めて理解する。またジャッキを戻して、タイヤと地面を接地させて足で力を入れてレンチを踏み込む。対角線上に軽く外して、再びジャッキアップ。

職場のシステムがデジタルとしたら、こちらはアナログである。個人というのはいろんな面でアナログなのだ!

まぁそんなこんなでスペアタイヤに付け替えて、ゆっくりと下ることに。

今、振り返るとすぐにロードサービスを呼べば良かったのだが、自力で下山。裏道を使って(メイン道路だと他の車に迷惑を掛けるので)ガソリンスタンドかタイヤショップまで近い方に行こうということになった。

ガソリンスタンドに着いたのが午後7時40分。セルフ方式の24時間営業の店舗だったが、状況を見た上で「タイヤ交換は午後6時半までの受付なんですよね~」と自動車整備士のネームプレートをつけた人に言われた。

「どうすればいいですかね?」と聞くと・・・「1キロ先に別のガソリンスタンドがありますので、そこで聞いてみて下さい!」とのこと。

息子と「しゃーない!」ということになり、電話で聞いてみると・・・「うちは交換出来る人間がもう帰りまして出来ないんです!」と断られた。3キロ先のまた別のガソリンスタンド(実は息子が勤めているスタンドと同じチェーン店)に電話すると・・・「出来るんですけど、タイヤサイズを教えて下さい!」とのことで195/50R15と伝えると・・・「それ置いてません。本来ならタイヤメーカーに言えばそのサイズ持ってきてくれるんですけど、ゴールデンウィーク中で休みなんですわぁ・・・」と。(その時点でまだ午後8時前だったのでイエローハットとかにタクシーで行ってタイヤだけ持ち込めば良かった・・・と、次の朝にひらめいたが後の祭り)

自力回復は万事休す・・・ということでロードサービスを呼んでレッカー移動してもらうことに。(続く)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しゃーないやんか! [社会]

私が山口県人だが、大阪での4年間の学生生活中、大阪人の言う「しゃーないやんか!」に何度も救われたことがある。

「しゃーない」=「仕方無い」ということは日本人なら理解できるが・・・アメリカ人に「おおきに」=「ありがとう」を説明するのは苦労するぐらい、同じ日本人でも異質な文化を持つ大阪である。

今回、息子に「しゃーないやんかぁ!」を言う場面が我が人生で初めて出てきた。

息子が車の運転が上手くなりたい(右手はハンドル、左手はマニュアルシフトに手のまま)とのことで山道を登っていた。頂上を目指すのに、全く別の家庭菜園コーナーに行き着いた。今振り返ると・・・私が余計な事を言ってしまったのだ。「あそこの脇にある砂利の広場でターンして戻ろう!」・・・と。私と息子の中での「ターン」というのは普通のUターンでは無く、ハンドルを切りながら思いっきりサイドブレーキを引く・・・よく映画やドラマで180度クルっと向きを変えるスタント的なやつである。私は一度しか成功したことが無いが、息子はマスターしている。

しかし・・・そこでトラブル発生。脇の砂利の広場に入る際に(ハンドルを切りながらサイドブレーキを引く工程の為に、恐らく出来るだけ深く進入したかったのだろう・・・)数センチのズレで側溝に左タイヤ両輪が激突。バーストして停止。しかもよく見ると誰も通らない道の為、落ち葉で側溝を塞いでおり、地面のように見えたが、実は側溝だった。しかも角が鋭く尖っていた。それを左側の前輪と後輪が一瞬にしてえぐられたのだ。

私が「ターンで戻ろう!」と言わなければ、無理に進入しなかっただろう。私の責任である。

しかし、息子は「どうしよう?」とオロオロしている。(続く)

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アルコールの分解時間 [社会]

4ヶ月に一度の痛風の定期検査の結果を聞きに行った。

私は2013年に痛風を発症してから毎日薬漬けとなり、当初は二ヶ月に一度の血液検査だったが、昨年から薬も二日に一度の投薬で検査も4ヶ月に一度と緩和されている。

今回、医師から言われて勉強になったのでご報告である。

肝臓の機能を示す γ(ガンマ)-GTPが高い数値であり(標準は7~59)、お酒の飲む量や休肝日を設けているか聞かれた。よく会社にお勤めの方などは健康診断を受ける際に、「食事は前日の夜9時まで」「お酒は飲まないように」「朝食は抜いてきて下さい」と言われると思う。会社の場合は、勤務不適格者を一人でも出さない為かもしれないが、私の場合はありのままの日常を測るために「いつも通りの生活で」「朝食を抜いて」「薬を飲まずに」来て下さいとだけ言われる。

医師「検査の前の日お酒飲まれましたか?」

私「はい、結構飲みました。」

医師「アルコールが完全に分解できるには24時間掛かります!のでその影響でしょうか?」「次回もう一度様子を診ましょう!」とのこと。


ここで私が言いたいのは・・・会社の健康診断で数値を良く見せたい人や奥さんに仮の数値を見せたい人は検査前24時間はお酒を飲まないことである。


私のように所属する会社も無い、心配する伴侶も居ない人は、ありのままの日常でよいのだ。


ただし、大切な生命保険に入る際の検査は一度きりなので、入れないことも発生するから、この「24時間肝機能お酒分解システム」は頭に入れておいた方がいい!と加入しようとする本人だけでなく、保険担当者は必須な項目であろうから要注意!


※私なんかは残すものも何も無いから保険加入も「紙に書くだけの」告知枠でいけるから何の心配もない。つくづく背負うものが無くてよかった!と感じる今日この頃である。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乳粥(ちちがゆ) [社会]

2600年前の話、釈尊(お釈迦さま)とある農夫との禅問答の結果、感銘を受けた農夫が托鉢に訪れた釈尊に「っ乳粥(ちちがゆ)」(お米を牛乳と塩で煮込む)をボウル一杯差し出したという話を聞いた。


この乳粥を試してみたくなった。


土鍋で一晩水に漬けた玄米(1合)と牛乳の替わりに豆乳を250ml、塩小さじ1杯で煮込んでみた。


結果は・・・毎日玄米が食べたくて仕方無い私も、微妙な味で考えさせられた。


「お釈迦さまはこのようなものを食べて幸せを感じていたのか?!」・・・と。完食できなかった。


てか、お前の料理がまずいだけなのでは?と言われるかもしれない。まずは牛の乳では無い点。


しかし、味としては遠からず近いものではないだろうか?


現代の科学や技術でいかに美味しいお米や料理を食べさせていただいていることに、改めて氣付かされた。


食だけに関しても、私たちは素晴らしい時代に生きているのは間違いない。


技術の進歩に感謝しながら、生きていきたいものだ。


今度は圧力鍋で同じ原料で再度チャレンジしてみようと思います!(またご報告します!)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

偶然にも不思議な味「もち米玄米カレー」 [社会]

皆さんが食べているお米は品種はいろいろとあるが「うるち米」という分類である。


もう一つある分類が「もち米」という分類である。


今回間違って玄米を炊くのに「もち米」の玄米を炊いてしまった。なんかおかしいなぁ・・・と感じながらも、いつもの様にカレーである。私の場合ほぼ毎日カレーなのである(笑)。イチローではないが(小学生のイチローは毎日カレーで有名だが、メジャーのイチローもお昼は今でもカレーらしいですよ!)それだけカレーと玄米の組合せは最高なのに気付いたからであるが。ココイチの社長へのはがき(店内に置いてあるアンケートハガキ)にも書いたが未だ採用されていない、以前同じく書いた「スープカレー」は採用されたみたいだが(笑)。それだけ玄米を供給するのは難しいのである。


「もち米」は本来餅になるために存在するので玄米では無く、精米して・・・白くしてお餅になる。なので供給されているのは精米後の「もち米」しか見たことがないだろう。


しかし、農家では保存の効く玄米としてもち米を持っている。そこでいつもの「うるち米」の玄米と「もち米」の玄米を間違えて炊いてしまった。しかし、発明とか発見というのはこんな何かの間違いや偶然で見つかるものだ。


「もち米玄米カレー」が非常に相性がいいのだ!


もちもち感たっぷりのもち米とカレーが絶妙な組合せである。辛口カレー味も、もち米の甘みが出て、中辛になってしまうのが難点だが(笑)。


ただ残念なのは、もち米は需要が正月用の「餅」に限られるため、そんなに作っていない。だから高いし「茶色いもち米」は需要がないため流通していない。なので、農家かお米屋さんにしか置いていないので、これをご覧になられる方が「じゃぁ!私も、もち米玄米カレーを試してみたい!」と思っても味わえないのが残念である。これは米農家の特権と言わせてもらおう。


これは私的には「いける!」というのも人間の健康には「精米した白米」ではなく→「玄米」しかも→「雑穀米」がいい→「もち米」を「精白米」に替えて常食にするのは贅沢だが、腹持ちもいいので食べすぎ防止にもなり、もってこいで良いというのは聞いた話である。


これならば「もち米玄米カレー」もいけるのではないだろうか?


来年は休耕田(作っていない田んぼ)をもち米作りにするぐらい画期的なことかもしれない。


先月娘からもらった誕生プレゼントにカレー皿とカレー用スプーンに感動して嬉しくって毎日使っているが、この開発に残り少ないもち米だが精一杯試験用に使わせてもらうことにします。娘よ!ありがとう!

170417_2020~002.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「キツツキと雨」 [映画]

沖田修一監督作品「キツツキと雨」を観た。

キツツキと雨 通常版 [DVD]

キツツキと雨 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD

今まで氣にはなっていたが、コメディ映画という分類にあまり興味が無かったが、「モヒカン故郷に帰る」や「南極料理人」の世界が非常に面白く、評価の高い作品でもあり、監督繋がりで観ることになった。


主役はジャケットにある田舎の木こりの役所広司と気弱な映画監督 小栗旬という有名俳優のみかと思いきや、山崎努や伊武雅刀他実力俳優が脇を固めている。ゲラゲラと笑うことは無いが「クスクス」とか「ニヤニヤ」といった笑いが散りばめられている。今まで私が借りなかったのは「はぁ?ゾンビ映画?」という理由だけなのだが、そのゾンビ映画が役所広司はじめ、舞台となる村全体を変えることとなるし、製作するスタッフから俳優まで、最後は監督までも変えてしまう!という恐るべし想定外の展開なのである。


これぞ!日本映画!これぞ沖田修一の世界!とでも言うべきなのかもしれない。エンドロールで流れる星野源の主題歌「フィルム」まで驚かされる。


人間って結構いいもんだなぁ・・・と素朴に感じた不思議な作品でした。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「南極料理人」 [映画]

沖田修一監督作品のコメディ映画「南極料理人」を観た。

南極料理人 [DVD]

南極料理人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/02/22
  • メディア: DVD
沖田修一ワールド全開といったところだろうか?
と、言っても沖田作品は「横道世之介」と「モヒカン故郷に帰る」のみだが、シュールな笑いありの分かる人のみにわかるといったところだろうか。
物語はひょんなことから南極観測隊に加わることとなる海上自衛隊の隊員(料理人)を取り巻く八人のお話。皆究極の単身赴任であり、その中でいかに「食べる」ことの大事さや「食べる」ことに付随するちょっとした問題などが微妙に可笑しいのだ、私も農業というある意味食に関わる仕事に従事しているが、「食べる」ことの「楽しさ」や大事さを気づかせてくれた。気象学者、医師、車両担当、報道担当など約400と数十日、日本に帰れないのだから、食べることや家族との繋がりがいかに大事か。究極の遠距離恋愛の為、彼女に新たな恋人が出来、失恋の失意の中、電話を毎回取り次いでくれた交換手の女性に恋するのも分かる氣がする。そんないろんなスパイスが含まれるのが沖田修一ワールドなのだと・・・「横道世之介」「モヒカン故郷に帰る」の延長線で感じた面白い作品でした!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「モヒカン故郷に帰る」 [映画]

映画「モヒカン故郷に帰る」を観た。
モヒカン故郷に帰る [DVD]

モヒカン故郷に帰る [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD
映画「横道世之介」の監督というだけで(「横道世之介」は超オススメです)借りてみた。

コメディなんだが、スパイスが効いて心があったかくなる不思議な世界観の映画だった。


物語は、東京で売れないデスメタルバンドのボーカル永吉(松田龍平)、名前は矢沢永吉ファンの父(柄本明)が付けた。彼女(前田敦子)が妊娠したのをきっかけに故郷の離れ小島(広島)に二人で帰る。そこにある・・・普通にありそうだが、有り得ないような話で笑わせてくれる。が、親子の絆・嫁姑の良い関係・夫婦になるとは・地元には必要な頑固じじい・親たちの友達との関係・死別とは?いろいろと考え・感じさせてくれる。これこそが沖田修一監督の世界なのだろう。「南極料理人」にも興味が湧いてきました。


俳優つながりで映画を選ぶのもいいが、監督つながりもいいなぁと感じた余韻の残る不思議な映画でした。


ご参考までに、映画.comの取材に答えた前田敦子のインタビューも併せて読むと、沖田修一ワールドが垣間見れます→ http://eiga.com/movie/82074/interview/



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生涯の記念切符 [社会]

いつも何かお役に立てることを書こうと念頭に置いているのですが・・・今日は個人的な話題で。


昭和天皇が青年期に訪れたイギリスのロンドンの地下鉄で小銭を握り締めて買った:人生で一度きりの切符を大切に保管されていたお話を聞いたことがある。


昭和天皇様と日本の底辺で生きている私とではまさに雲泥の差の話ですが、私にとって忘れられない一生の思い出となる切符を公開します。


離婚して離ればなれに暮らす娘に、甲子園に連れて行って!と言われていました。というのも、実際に甲子園を目指して地方予選1回戦敗退の息子を「叶わなかった甲子園が観たい!」とのことで2年前に現実の甲子園(自分の高3最後の年の夏の大会)を連れて行った時、高1だった娘が自分の高校の応援をするべくチアリーダーに立候補して応援。翌年の高2は三回戦まで行った。進学校なので致し方ない。先月、自分の中学校の同級生が甲子園にレギュラーで出場するとのことで夏に行くのを前倒しで行った。結局予定していた観戦(同級生)は出来ず、その替わり早稲田の応援の凄さを見せつけられた。それはそれで娘の今後の人生のヒントになったと思われる。(世の中に偶然は無い)詳しくは観戦記を先月書きました。


この話を母にすると、私が大阪の大学の学生時代、下宿に尋ねてきたことがある。私の単位が足らずとかでは無く、何か母の息抜きのような感じだったと思う。そこで、甲子園球場に連れて行ったのだ。確か、阪神ー横浜戦だったが、覚えているとのことだった。座った席の場所まで覚えているという。今から27年前も昔の話なのに・・・。本人には口が裂けても言えないが・・・いい「冥途の土産」になったことだろう。これと同じことが私には言える。それだけの価値のある切符である。わかる人にはわかる・・・そんな世界で十分だ!


この切符は「父さんにとっては記念になるから駅員さんに言ってもらうけど、○○ちゃん(うちの娘)の分も要る?」と聞くと「要る」と答える。自動改札も初めての娘だったが、わざわざ駅員さんに時間をとってもらってもらった一生の宝物です!

記念切符.jpg




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感