So-net無料ブログ作成

強気は最大の罠 [精神世界]

我が県(山口県)我が街(周南市)の高校:南陽工業が甲子園で久しぶりに初戦を突破した。2009年春以来の7年ぶりの初戦突破とか。2009年の時は、現在阪神タイガースの59番 岩本輝投手の時である。

「弱気は最大の敵」

あの広島カープの炎のストッパー:津田恒実(1960-1993)の母校である。周南市のスタジアムも「津田恒実メモリアルスタジアム」となっている。

この言葉は今の私にピッタリの名言である。何をやってもうまくいかない、こんな時、当然のことながら弱気になる。

そこで、真逆な言葉を考えてみたが・・・「強気は最大の罠」・・・これも有り得るのではないか!まさにピノキオ的・裸の王様的生き方!

もしも、自分の中に気力 アナログメーターがあるとしたら・・・弱気メーターが左、強気メーターが右。どちらに振り切っても危険ということだろうか?弱気過ぎるとエンジンが止まるし、強気過ぎても血管がぶち切れて即死。

(私は先代バイク(デジタルメーター車)が故障で廃車になった際、次のバイクはアナログメーター有りを前提に探した。しかも、スピードメーターとエンジン回転数の併用。複眼思考をするためである。これからの時代はアナログ且つ複眼思考だと思うからである。複眼思考というのは、トンボ的見方である。田んぼに居るトンボを観察するとわかるのだが、右目と左目が独自に動いている。しかも・・・それぞれの目には恐ろしい程の細胞数で観察した内容を分析しているのである。)

その自分のメーターの中庸(ちゅうよう:中間点)が大事だということが、この歳になってやっと分かった。

離婚して子供には不安にさせた点では申し訳なかったが、「人生を楽しむ」という良かった探しでいうと私自身かなり楽しんでいる部類である。本当にこの歳まで・・・生かしていただいて、ありがとうございます! 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感