So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「三月のライオン」(前編)(後編) [映画]

映画「3月のライオン」(前編)(後編)を観た。将棋の場面ではどのような手なのか!?一時停止しながら観たし、涙も流す場面もあり、非常に面白い映画だった。→http://www.3lion-movie.com/





しかし、私の知り合いの姪っ子さんが中学校でいじめられているらしく、その子は将棋もするし、とても明るい子ということで「この映画が彼女の手助けになることは出来ないだろうか?」という理由で観たのだ。というのも、登場人物の女の子(中学生)が学校でいじめられている話が出てくるという情報を目にしたからだ。原作のコミックを読んでいる人にも話を聞いたが、コミックはめちゃめちゃ面白い!とのこと。でも、映画は何か暗く感じた。原作は暗いストーリーと明るいストーリーを織り交ぜているようだが、映画では暗いというか真剣な場面のみをピックアップして作ったのかもしれない。なので、その知り合いのいじめられている中学生のいじめの解決策のヒントにはならないからお薦めできない、という私なりの結論に至った。その後、私も甥っ子(中学生男子)たちと将棋を指し、将棋の奥深さを見直し、しかも、藤井6段が羽生竜王に勝った一局というのをyoutubeで観、羽生竜王(47歳)が中学生棋士(15歳)に『負けました』と頭を下げる場面では、私は涙を流してしまった。こんな現実のyoutubeの閲覧をいじめられている中学生女子に薦める方が良いのではないだろうか?という結論に至った。架空より現実の方が面白い、というか何か役に立つ。

今のいじめは私が中学生の頃の30年前とは大違いらしいから何とも言えない。いじめの問題は当事者同士だけでなく、学校側やスマホ環境やいじめる側の親まで含めた難しい問題だが、その子自身が、『天上天下唯我独尊』で生きていって欲しいと私は願うばかりである。

やっぱり原作が一番面白いものだから、漫画の原作も読んでみようかなぁ・・・?氣になるシリーズの一つです。


3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

  • 作者: 羽海野 チカ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2008/02/22
  • メディア: コミック
3月のライオン【前編】 DVD 通常版

3月のライオン【前編】 DVD 通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD
3月のライオン【後編】 DVD 通常版

3月のライオン【後編】 DVD 通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」 [映画]

映画「スター・ウォーズ」三部作のエピソード8「最後のジェダイ」を観た。


yahoo映画などの批評サイトでは賛否両論らしかったが、観終えた正直な感想としては…「展開が凄過ぎて、何が否なのか分からない!」テレビでやっていた直前作のエピソード7を三回も観て予習していったのもあってか、期待し過ぎても期待を裏切られる展開ばかりで(良い意味で!恐らく期待した展開を望んだ人の評価が否定的なのだろう。)映像美もあってかしばらく経過しても脳内で余韻が続いている。

光と闇、善と悪、信頼と裏切り、強さと弱さ、見えるものと見えないもの、仲間なのか敵なのか…もうお腹いっぱいで消化不良をおこしそうな2時間半である。字幕を読んでいて「えっ?今のどういうこと?」と頭で考えていたら次の展開になっており、私のようなお馬鹿さんには日本語吹き替えがあったらもう一度観てみたいなぁ~と思ってしまった。

6月の終わりにはハン・ソロ(ハリソン・フォード演じていた)の若き日のエピソードのスピン・オフ映画もあり、また、今回の三部作が終わっても、次の新3部作も製作が決定したとのこと。アニメ版では「反乱者たち」という(エピソード3と「ローグ・ワン」の間の)エピソードも続いている最中で、世界のクリエイター達の手に掛かれば、宇宙が膨張しているのと同じく、無限に世界観は拡げることができる。

私たち自身のエピソードは私と内面のフォース(内在する大いなる力、存在)だけが知っている。スター・ウォーズの映画のように、自分自身の世界観を:自分と内面の力を信じて拡げていきたいものです。シリーズを全く観ていなかった人も、今更・・・と諦めるのではなく、エピソード7「フォースの覚醒」さえ、観ていれば今回の話はなんとなく分かるので、踏み入れて欲しい世界観である。つい2年前まで、「スター・ウォーズ!?」「それがどうしたん!?」という人間だったし、似たような人たちが身近で増殖中だから、この映画に「触れる」か「触れない」かぐらいの違いである。フォースはジェダイの中にあるだけでなく、人類全員の中に存在すると感じるのは私だけだろうか?そう考えるだけでも、今後の残された少ない人生が楽しく感じられる。フォースと共にあらんことを!


May the FORCE be with us!



スター・ウォーズ/最後のジェダイ  オリジナル・サウンドトラック

スター・ウォーズ/最後のジェダイ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「メッセージ」 [映画]

2017年公開の映画「メッセージ」を観た。


メッセージ [DVD]

メッセージ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD

1998年発行の中国系移民アメリカ人の「あなたの人生の物語」というSF短編小説が原作らしい。

劇場公開された時、観に行こうと思っていたが、見逃した作品だったが、「観に行かなくて良かった!」というのが、観た直後の感想である。(なら、紹介するなよ!となるのですが、重要なテーマを後の検索で知ることになるのでご紹介します。)

お菓子の「ばかうけ」の形をした謎の物体が世界各地で同時多発的に現れる。各国は相互に協力しながら、この物体の存在の解明を続けるのだが・・・見終えた時は「う~ん・・・」だった。yahoo映画で3.64(5点満点)の評価でまさに「微妙」な評価の通りに感じた。しかし、とあるコメントで「これは『ルッキング・グラス』の話」というのを発見した瞬間に腑に落ちた。

都市伝説であるが・・・アメリカが宇宙人技術を元に開発したという「ルッキング・グラス・テクノロジー」。未来を見通すことが出来るという装置があるという。内部者からのリークによると(リークした人は殺されている)未来の地球は今後の核戦争で人類が住めない状況になっているという。

もしも、今後この映画「メッセージ」を観られるならば、この知識を入れて、実話のようなSF映画として観られることをお薦めする。私はこの事を思い出し、映画を思い出すと・・・深い深い世界に浸ることが出来る貴重な映画として☆☆☆☆4つは付ける。

マイナス☆1つは、あの知的生命体はないだろう!という評価である。

後付の情報で脳内で繰り返し楽しめる映画というのも珍しい。先のリークした人の話によると「スターゲイト」も開発済らしいよ!信じるも信じないも「あなた」次第です!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「ディア・ドクター」 [映画]

2009年公開の映画「ディア・ドクター」を観た。

第33回日本アカデミー賞でなんと10部門受賞している。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

ただ単に井川遥が出ているというだけで観たのだが、肝心の井川遥は最後の方しか出て来ない(笑)(が、重要な役で相変わらず、いい顔していた)


先日の武田教授(さんまのホンマでっかTVなどご出演の物理学者)の音声ブログでも言っておられたが、医師は本来、修理工であって、患者の人生設計の手助けをするだけである・・・と。例えば、血圧に関しても本来は年齢+90が血圧目安であった(年齢と共に血圧も高くなる、若い頃は血管も柔らかいので血圧も高くないが、年齢と共に血管も硬くなるので、そりなりの圧が必要となる為)のに、いつのまにやら、年齢に関係なく一律130と線引きして降圧剤を飲まされる。

ここで受診者に決めてもらわなければならない。決めるのは医者では無い。人生設計をする受診者本人なのである。

降圧剤を飲めば長生き出来るかもしれないが、認知症などのリスクも伴う。

ぽっくり死ぬので良ければ降圧剤は処方しない。それを患者本人に決めてもらうべきであると・・・。


例えていうならば、身長160センチの人もいれば身長180センチの人もいる。平均身長が170センチだから、身長180センチの人は足を10センチ切りましょうね!と言うのと同じである!・・・と。

確かに人それぞれの適正血圧というのがあるのだろう・・・それに見合った医療というのがあってしかるべきである。うちの母も市の健康診断で「血圧が高いから病院に行って下さい!」と市の職員が自宅まで訪問して来てから言われて病院に行くべきか迷っている。私はこの話をして、本人に考えてもらっている。「そうよね!ちょっと前まで年齢+90だったよね!」「何でこうも変わったのかしら?」と聞くから・・・私は「薬で儲けたいだけ!」と答えた。


鶴瓶主演ということで笑いながら観れるのか?と思いきや、非常にシリアスな内容で、武田プロフェッサーのおっしゃる、一人の人や周囲の人の人生に関わる非常に重たい内容で、ある程度ネタバレレビューを見た上でも、何故かドキドキハラハラさせられた。アカデミー賞10部門受賞も納得の作品である!映画のエンディングで流れる曲は、流れからいって、てっきり鶴瓶が歌っているのかと思ってしまいました。→https://www.youtube.com/watch?v=nprKaLsk4jY

ディア・ドクター [DVD]

ディア・ドクター [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/01/07
  • メディア: DVD

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」 [映画]

第40回日本アカデミー賞で6部門を受賞した映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を観た。ちなみに受賞は以下の通り。【優秀作品賞】【優秀監督賞】【優秀脚本賞】【最優秀主演女優賞】【最優秀助演女優賞】【新人俳優賞】

それを知った上で期待して観たが、「文句無し」の期待以上の作品だった。


湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD
余命2ヶ月と宣告された銭湯の女将さんのシリアスな闘病記か!?と思いきやコメディのような・・・しかし熱いドラマで何度も泣ける、とにかく不思議な映画だった。
熱い情熱を持った、厚い人間味のある、篤い人情と暑い空間の銭湯。これらが段々と少なくなる中で、人知れず悲しみを背負って生きている人に観てもらいたい。
母というか女は強し、男は弱し・・・。
我が子を含めた他者の為に私たち人間は生きている。
誰かにおススメしたくなるし、もう一度観たくなりました。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感