So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

久々にスタジオ [音楽]

2年前、息子が高校の硬式野球部を引退し、軽音部に入部した。その際にベースを演りたいということで、私がドラムスティックを持って、二人でスタジオに入った。大音量で掻き鳴らす快感を覚えた模様。その後は一緒にスタジオ入りすることは無かったが、みるみるうちに上達したようだ。

それ以来のスタジオとなる。今回は私がギターを大音量で掻き鳴らすストレス発散になった。一人カラオケに行く人も居るというが、それと似た経験である。

スタジオというのは空いていれば、二人までは個人練習料金で1時間500円~800円(一人あたり)で入れる。00分~のカウントとなるので例えば12時15分に入っても次の13時までの1時間分を支払う必要がある。今回2時間入ったが、アッという間に過ぎた。機材は持ち込みとなる。弾き慣れた自分の所有する楽器が一番だが、何も無くてもギターやベースやコード(シールド)は貸してくれる。ピックやドラムスティックは持参要。ベースを弾いたり、ギターの音を歪ませたり、ドラムのリズムを刻んで大音量を楽しんだ。


60の手習いという言葉があるが、60歳になって文字を習い始めることから。 学問や習い事をするのに年齢制限などなく、たとえ晩年に始めても遅すぎるということはないという意味が込められている。 年をとってから習い事や学び事を始める(晩学)という意味で、「六十」は「七十」「八十」でもよい。

楽器を始めたい方は、一人個人練習スタジオをおすすめする。まずは本物の楽器に触れてみて、生(アンプを通した)の大音量の音を楽しんでもらいたいので、何かのヒントにどうぞ。スタジオは予約一杯の場合もあるから、事前電話予約が当然おすすめです。

今回、久々に楽器店内のスタジオを訪問したが・・・大人のカルチャースクール募集のポスターが笑えた。「本性が出ます!」とのこと。

他人に迷惑となるような本性なら勘弁して欲しいが、一人が楽しむなら、それもいいのではないだろうか?今回の私の本性は・・・やっぱりヘビメタ好きということに尽きる。大音量のディストーションの効いた歪んだ「ギョ・ギョ・ギョ」という音はやっぱり最高に気持ちいい!

 


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久々にワンオク [音楽]

今や日本を代表し、世界で活躍するバンドとなったONE OK ROCK(ワンオクロック)の2016の静岡県の渚園での野外ライブDVDを観た。なんと二日間で11万人も集めたのだとか。(1日に55,000人の観衆を上空から撮影した絵は圧巻だった。)山口県で毎年夏フェスが行われるが10数バンドで1日22,000人の集客だから、彼らがどれ程凄いバンドになったかが分かる。数年前に大学の後輩と一緒に広島の小さなライブハウス(恐らく300人ぐらいのキャパ)の最後尾で彼らを観たことがあるが、酸欠状態で場外に運び出される女の子多数を目撃したのが懐かしい。もうあんな身近なライブを観ることも出来ないんだなぁ~と、残念ではあるが、応援してBIGになったのもファンとしては嬉しい次第である。ゲームやアニメが輸出されるのと同じように、日本のロックが世界に輸出される日が来たのだから・・・。セットリストは以下の通りです。1stアルバムから「カゲロウ」とか東日本大震災の事を歌った「Be the light」とか息子が好きな「キミシダイ列車」とか楽しませてもらいました。

それと・・・今までは、Amazonが最安値と思っていたが、商品によってはコンビニのネットショッピングの方が安い時代になったのに気付きました。もしかして、ヤマト運輸の値上げで配送料が高くつくからなのか?Amazonで買う前に、合い見積もりをした方が良いかもしれませんね~。 


「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」

01.Re:make

02.じぶんROCK

03.Cry out

04.Clock Strikes

05.20 years old

06.Deeper Deeper

07.Let's take it someday

08.カゲロウ

09.Always coming back

10.the same as...

11.Be the light

12.C.h.a.o.s.m.y.t.h.

13.Take me to the top

14.アンサイズニア

15.taking off

16.The Beginning

17.Mighty Long Fall

18.Nobody's Home

19.Wherever you are

20.キミシダイ列車

21.完全感覚Dreamer

 
LIVE DVD『ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN』

LIVE DVD『ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN』

  • 出版社/メーカー: アミューズ
  • メディア: DVD

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

音楽「明日はきっといい日になる」 [音楽]

昨日は娘と月に一度の面会日。カラオケに行った。音楽も映画と同じく星の数ほどある。自分以外の人間から「これ!いいよ!」と教えられるのもいいもんだ。

Rihwa「明日はきっといい日になる」というのを娘が入れて歌っていた→

https://www.youtube.com/watch?v=jFWDf-Zpyqk

家に帰ってyoutubeで検索すると・・・作詞作曲者の高橋優の監督作品のPvがあって結構よかったのでご紹介→

https://www.youtube.com/watch?v=cpIa89_rZoA

このブログは「今日もいい日だなぁ」というタイトルだが、もしかして娘も読んでいるのかな?(笑)

高橋優演奏バージョンはこちら→

 https://www.youtube.com/watch?v=HxHY7V34Cbc

ポジティブシンキングの訓練になるような「いい言葉」のリフレイン。明日はいい日になる氣がしてきた!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中村耕一withレイニーウッド [音楽]

先週、山口県周南市のお寺のお堂で開催されたコンサートに参加した。vol.中村耕一withレイニーウッド(key.上綱克彦・bass.ミッキーヤマモト)というものだったが、サポートメンバーでギタリストとドラマーもいた。

革ジャンを着たご住職が前説で「これは私の餅まきなんです!」とおっしゃっておられたが・・・一人2000円のチケットだが、恐らく3000円分ぐらいをこのお寺が負担していると思われる。このメンバーの他のライブは5000円~だからこのコメントからそう感じた。お堂の中は300人~400人ぐらいだろうか?立ち見もあり別のお部屋でモニター鑑賞もあったらしいからもっと居たのかもしれない。世代層は私(40代)から私の親世代だろうか?でも20代の若い男女もいる。私は元J-walkの「中村耕一」目当てだったが、上の世代は柳ジョージ&レイニーウッドの楽曲目当てだったようだ。そりゃぁそうだ・・・J-walkの中村耕一も北海道の「小柳ジョージ」と言われたぐらいで、先輩と後輩の格付けである。

開演が15分遅れた理由を説明された・・・「私たちも何十年も音楽やっていますが、こんなこと初めてで、ドラマーが楽屋前で倒れて入院したんです!」

ここからが凄いと思った。

「さて、どうしようか?と思って近く(広島)で連絡がついて来てくれたのが・・・『吉川晃司』の同級生で彼のバンドにも居たんです!」という紹介で、観ている方もヒヤヒヤでしたが、さすがプロです!始まりキッカケや終わりキッカケはベースとの目線で上手く合わせていました。バンドメンバーも「彼すごいでしょ!『口合わせ』しかしていないんですよ!」とのこと。職人というのは経験をフル活用して『空気』を読む技術がすごいんだろうなぁ・・・と感心した。

私の中では『中村耕一』の衰えていない復活ライブも嬉しかったが、そのドラマーとのメンバーとの暗黙の会話みたいな副産物も楽しめた。楽器演奏は円熟が増すが、声は生身から生み出されるものなので衰えも避けられない。が、彼(中村氏)の場合、円熟さが増して更にセクシーな感じがした。他のメンバーに対して凄く謙虚で謙遜して、65歳ということだが・・・私もヒゲをはやしながらこんな歳の取り方をしたいなぁ・・・と。私も罪を犯したことが無いと言えば嘘になるが、何かの罪を犯してもちゃんと更生できる証明として今後もがんばってもらいたい存在である。まさにASUKAの真逆を行く感じである。

柳ジョージも素晴らしかったのだろうが、私にとっては元J-walkの中村耕一を追っかけていきたい!と思う。彼のソロ作品に触れてみてくなった。やっぱり好きな人の声はいつまで経っても好きなんだなぁ・・・元J-walkのvo.中村耕一は健在でしたよ!「Just because」最高でした。前から二列目で大きなスピーカーの前で聴いていて涙が出たほどです。やはり2万ヘルツ以上で聴くと心地良いと感じることも体験しました。

https://www.youtube.com/watch?v=RXtrIRtMAB4

単純なコメントで申し訳ありませんが「音楽は最高です!」「ライブはもっと最高です!」「好きな人や好きなアーティストを『好き!』ということは変わらない・・・」 


かけがえのないもの

かけがえのないもの

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Majix
  • 発売日: 2013/02/27
  • メディア: CD


Song Bird

Song Bird

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: narabiya
  • 発売日: 2015/01/07
  • メディア: CD


JAYWALK SUPER BEST

JAYWALK SUPER BEST

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2004/11/25
  • メディア: CD

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

音楽「竹原ピストル」 [音楽]

今、話題(?)の・・・というか私の中で話題の「竹原ピストル」氏にハマっている。

あるブログで「LIVE in 和歌山」という歌詞の素晴らしさを知り、youtubeで検索した結果、ハマってしまいました。あと・・・ある方のブログでご紹介のあった吉本新喜劇の黄色いスーツを来たヤクザのあんちゃんの「いいよ~」もお気に入りでございます(笑)。ブログというのは素晴らしい世界です!私も何か良いことや役立つことをお知らせ出来るように、その末席というか一端を担っていければ幸いです。

※私は自称メタラー(ヘビーメタルが好きな人たち:METALerという日本語の造語)だが、長渕のギター一本の時代の頃が私の音楽のスタート時期でその頃の彼が今でも大好きです。)

「LIVEin和歌山」→目の前の髪の長い女性が最前列に居られ、そのファンさ加減に非常に好感が持たれます。https://www.youtube.com/watch?v=IglkpAaV02s&list=PLr24ODac6SSINlZHshxQOARQ5lmK4L4Sr&index=17

「よー、そこの若いの」→https://www.youtube.com/watch?v=G9YgNxMB9Uo

どうやら、玉置浩二の目に留まったらしい→https://www.youtube.com/watch?v=mJLtjVDu9Tg

今田・東野とライブトーク→https://www.youtube.com/watch?v=2lS7t7Nigyc

中島みゆきカバー「ファイト」→https://www.youtube.com/watch?v=hO9gx3Vj84Q

3.11はライブで福島で被災したらしい→https://www.youtube.com/watch?v=LqwOd8mnITg 

youtubeには「竹原ピストルを一日中聞きたい。」というコーナーもあるので激しく同意です!

お笑いの天才:松本人志が自身の映画作品に起用したという「さや侍」も観たくなりました!

追伸:彼の前身バンド:野狐禅まじウケました→ https://www.youtube.com/watch?v=trvSg5JIacg


 


さや侍 [レンタル落ち]

さや侍 [レンタル落ち]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD


父から娘へ~さや侍の手紙~

父から娘へ~さや侍の手紙~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日: 2011/07/06
  • メディア: CD

BEST BOUT

BEST BOUT

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2014/10/22
  • メディア: CD

 

 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感