So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本「病気にならない食と暮らし」 [本]

面白い時代になったものだ!スマホが普及し(といっても未だにスマホを持たないPHSな私)恐らく(笑)便利な世の中になった一方で、農業をしながら子育てもしながら診療所を営むお医者さんまでいる→アメリカでウイルスやワクチンの最先端を研究したお医者さんが書いた本「病気にならない暮らし事典」を出され、母に薦められて読み、私も感動し、いろいろな人に配った1年半前。

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

  • 作者: 本間真二郎
  • 出版社/メーカー: セブン&アイ出版
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: 単行本
商品の説明(amazonより)
内容紹介
著者・本間氏は北海道の大学病院勤めを辞め、2008年、那須烏山市に移住しました。
そして、
・人はなぜ病気になるのか?
・どうしたら健康になれるのか?
ということを研究するなかで、
その答えが「自然に沿った暮らし」にあることに気づき、みずから実践してきました。
現在は米、麦、雑穀、大豆、小豆といった穀物をはじめ、
40種類の野菜、みそ、しょうゆ、酢、みりん、納豆、甘酒などを手づくりしながら、
自給自足の生活を楽しんでいます。
その体験をもとに「病気にならない生き方」を伝える講演会ではいつも、
Q 生活を変えるのは、今からでも間に合いますか?
Q 子どものワクチンは、打たないほうがいいですか?
Q 放射能が気になるのですが、対処法はありますか?
といったさまざまな疑問・質問が、
幼い子どもを育てるお母さんを中心とした、幅広い世代の方から次々と寄せられます。
そして、それらひとつひとつに、著者は丁寧に答え続けてきました。
本書では、そんな著者による
・すべての病気の原因は、不自然な暮らしにある。
・自然に沿った暮らしをすれば、病気にならない。
という基本的な考え方を、その裏付けも含めて「総論」にまとめました。
さらに食、生活、環境、医療について、
今すぐ実践できる工夫を具体的に示した「各論」も、事典風に76項目まとめました。
話題の自然派医師、待望の初著書! 
「病気にならない暮らしの工夫」がすぐにわかる一冊です。
「自然に沿った暮らしは、実際にやってみるとそれほど難しくありません。
むしろ、少し手間ひまをかけたほうが楽しく、
喜びやありがたさを感じることが多いのです」
出版社からのコメント
ウイルス学の権威である小児科医が、那須烏山に移住して見つけた
健康に生きるための法則とは?
子どもからおとなまで、今すぐはじめられる!
内容(「BOOK」データベースより)
日本人は「和食」を自然食でとるのがいちばん。栄養豊富なうえ、解毒作用も強い玄米。深い呼吸と腹式呼吸・鼻呼吸が健康のカギに。日光にあたると死亡リスクが低くなる。シャワーのときの塩素の害は、飲むときの100倍。化学物質が経皮毒を引きおこし、環境も汚染する。アレルギーは対症療法ではなおらない。がん治療の基本は、生活習慣を根本的に改善すること…。ウイルス学の権威である小児科医が那須烏山に移住して見つけた、健康に生きるためのシンプルな法則。
著者について
本間真二郎(ほんま・しんじろう)
小児科医。1969年、北海道札幌市に生まれる。
札幌医科大学医学部を卒業後、札幌医科大学付属病院、道立小児センター、旭川赤十字病院などに勤務。
2001年より3年間、米国のNIH(国立衛生研究所)にてウイルス学・ワクチン学の研究に携わる。
帰国後、札幌医科大学新生児集中治療室(NICU)室長に就任。
2008年、栃木県那須烏山市に移住し、現在は同市にある「七合診療所」の所長として
地域医療に従事しながら、自然に沿った暮らしを実践している。一児の父。
「自然派医師のブログ」http://ameblo.jp/rutorl/
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
本間/真二郎
小児科医。1969年、北海道札幌市に生まれる。札幌医科大学医学部を卒業後、札幌医科大学付属病院、道立小児センター、旭川赤十字病院などに勤務。2001年より3年間、米国のNIH(国立衛生研究所)にてウイルス学・ワクチン学の研究に携わる。帰国後、札幌医科大学新生児集中治療室(NICU)室長に就任。2008年、栃木県那須烏山市に移住し、現在は同市にある「七合診療所」の所長として地域医療に従事しながら、自然に沿った暮らしを実践している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
そんな本間先生が来月の3月1日に続編を出されるのだそうだ!→「病気にならない食と暮らし」
病気にならない食と暮らし

病気にならない食と暮らし

  • 作者: 本間真二郎
  • 出版社/メーカー: セブン&アイ出版
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 単行本
商品の説明(amazonより)
内容紹介
著者・本間氏は、那須烏山市(栃木県)の診療所で地域医療に従事しながら、
みずから米や野菜を育て、調味料をつくり、春夏秋冬の自然を楽しみながら暮らしています。
著者の考え方は、とてもシンプルです。
・病気の原因のすべては、自然に反した生活にある
・自然に沿って暮らせば病気にならない
というもの。
そのため、診療所ではなるべく薬を使わない治療をすすめてはいるものの、
西洋医学を否定しているわけではなく、
西洋、東洋、自然のお手当などを取り入れた、総合的な医療を行っています。
「自然に沿って暮らす」ことを実践し続ける著者の暮らしを、
たくさんの写真とともにまとめたのが本書です。
本間家の四季の食事を中心に、自然農、麹づくり、調味料づくり、子育てなどにもふれています。
実際にやってみるからこそ、理屈だけではわからない、さまざまなことが見えてくるのです。
特別なことはしなくていい。完璧でなくていい。
本間家の暮らしを参考に、できることを、できる範囲で始めてみませんか。
【目次】
自分流の発酵生活/発酵食品は手づくりが楽しい/病気にならない食事/季節の味と暮らし
春夏秋冬の食卓/定番のおかず/干しのすすめ/ごはんのおとも/暮らしの道具
出版社からのコメント
月刊「クーヨン」「壮快」に連載中の、小児科医師の春夏秋冬。
こんなお医者さん、今までいなかった! 
「健康に生きるコツ」を見つける暮らし方が、この1冊に詰まっています。
我々アラフィフ世代の会話は「健康」についてがほとんどになってきたので興味深い1冊になりそうだ!
著者のブログはこちら→https://ameblo.jp/rutorl/

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本「病気にならない暮らし事典」 [本]

母に頼まれて、新聞広告に出ていた本を買いに行くも、売り切れ中で取り寄せとなった。新聞広告は以下の内容であった。半農半医者という珍しい著者のようなので、母が読んだ後に私も読ませてもらおうと思っている。また追ってご報告します。 

〔食のこと〕

  •  とるべき食材は「まごわやさしい」
  • ※ま:豆、ご:ごま、わ:わかめ、や:野菜、さ:魚、し:しいたけ、い:いも
  • 食はいのちを丸ごといただくこと
  • 牛乳はあらゆる病気の原因になる
  • 制限すべきは精製塩であり、塩分ではない
  • からだにいい油と悪い油がある
  • 砂糖は百害あって一利なし
  • 小麦は主食にしてはならない
  • 栄養はサプリメントで補わないこと

 

〔生活のこと〕

 

  • 日光にあたると死亡リスクが低くなる
  • 姿勢を正すことであらゆる不調が改善される
  • 深い呼吸と腹式呼吸・鼻呼吸が健康のカギ
  • 便秘は腸内環境が悪くなっているサイン
  • 自然治癒力を支えてくれるのは睡眠と休息
  • なんでも除菌、抗菌することが病気をうむ
  • 冷えは万病のもと。からだを温める工夫をすべし

 

〔環境のこと〕

 

  • 空気の影響は、子どものほうが大きく受ける
  • シャワー時の塩素の害は、飲むより100倍危険
  • 化学物質が経皮毒を引きおこす
  • 腸内細菌が放射能から身を守る

 

〔医療のこと〕

 

  • お母さんは家庭のお医者さん
  • かぜを薬でなおす人は、大病にかかりやすい
  • インフルエンザのワクチンやタミフルは効果なし
  • アレルギーは対処療法ではなおらない
  • 高血圧は、塩分よりストレスの軽減につとめて
  • がん治療の基本は、生活習慣の改善にある
  • 腸内細菌が元気であればうつも改善する
  • 抗生剤は大切な常在菌にもダメージを与える

 

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

  • 作者: 本間真二郎
  • 出版社/メーカー: セブン&アイ出版
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: 単行本


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本「穀菜食で病気にならない体をつくる」 [本]

昭和9年生まれの薬剤師の方が書かれた本「穀菜食で病気にならない体をつくる」を読み始めた。

裏表紙の内容紹介から~


いまは好きなものはなんでも食べられる時代である。しかし、私たちは、なんでも食べているから病気になるのだ。体内で「自然性をよみがららすことができる食べ物」、すなわち穀類と野菜に秘められた「自然の力」を引き出す「穀菜食」が、私たちの体を根本からつくり直してくれる。健康のカギは、栄養万点の副食ではなく、「穀菜食」を中心とした主食にある。五穀の恵みを、本書で体感してもらいたい。


まさに、おっしゃる通り!3年前、何でも食べて「痛風」になった。それからというもの「玄米菜食」を見直している。まぁ玄米菜食は早死にという説もあるから週に一度は「鶏肉」を食べるようにしているが・・・。

 

自分の身は自分で守るべく、「食」の勉強をしていきましょう!


穀菜食で病気にならない体をつくる (健康人新書)

穀菜食で病気にならない体をつくる (健康人新書)

  • 作者: 佐藤成志
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2009/03/26
  • メディア: 新書

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本「穀菜食で病気にならない体をつくる」 [本]

古本屋さんで見つけた本「穀菜食で病気にならない体をつくる」を読んでいる。

先日の夢を食べて生きていく・・・というのは恐らくアドレナリンが出て興奮作用が働き、小食・睡眠不足(逆に短時間で熟睡しているのかも)でもやっていけるぐらいの話である。夢の重要性を伝えたかった。現実には何も食べずに生きていけない。アンパンマンの主題歌では無いが「食べないと死んでしまう」

私は、基本的には玄米・菜食なのだが、このままだと晩年うつ病になるという話も聞いたことがある。それは独身だからかもしれないが(笑)、肉食も週に1、2度は必要なのだそうだ。その代わり、ミンチ肉は止めた方が良いとのこと。ブレンドしたり、ミックスするのは供給側の都合の良い話であり、何が入っているかわからないからである。

それ以前に、玄米・菜食がどんなものなのか実践よりも後付けで知識が欲しく、丁度よいので買って読んでいる。また追ってご紹介しますね! 


穀菜食で病気にならない体をつくる (健康人新書)

穀菜食で病気にならない体をつくる (健康人新書)

  • 作者: 佐藤成志
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2009/03/26
  • メディア: 新書

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本「あした死ぬかもよ?」 [本]

本「あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問」著者:ひすいこたろうを読み始めた。

(てか、まだ読んでないのかよ!ならわざわざ書くなよ!という声も聞こえてきますが・・・ブログ=日記なのでお許し下さい!)

冒頭から・・・(上記著書のp8より抜粋)


今日が、あなたの人生最後の日、そして最後の瞬間です。(ここからは、床に寝て、仰向けになりながらお読み下さい)


とある。なかなか面白い!死の瞬間をイメージしたいのだが、今日はまだまだやりたいことがあるので、本を閉じた。

毎月行く昭和風薬局で待っている間、貸出無料という棚1段があり、今月もお借りした。(毎月、痛風の薬を処方してもらうために通い早2年半。もはや常連で顔なじみで「一ヵ月後に返却でもいいですか?」との質問に「どうぞ!どうぞ!」と。昭和的サービスはいいですよ!心が和みます、癒されます、感謝したくなります!昭和的サービスを取り戻すのはいかがだろうか?少し、私なりに考えてみます。)

昭和的サービスで3店舗と事業拡大している同級生もいる(私のPC版ブログの読んでいるブログ一覧にあり)から今度秘訣とお客さんの効果効能を聞いてみたい!

私の同級生のご友人(なので私と同い年)も今年亡くなったらしいので、他人事では無い(知っている人も含めて6人目なので明日7人目になるとも限らない)。バイクに乗ると人格が変わる漫画「両さん」に出てくる後輩のホンダさん如く、人格が変わることもあるので・・・バイク事故で弱小ブロガー「はるかぜ」さん即死!なんてニュースになることも。(事故死は有り得るが、私の存在はニュースには成り得ない。笑)

「あした死ぬかもよ!」という心境で今を生きましょう!

あした死ぬかもよ?

あした死ぬかもよ?

  • 作者: ひすいこたろう
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2012/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感