So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

玄米と白米の成分一日推奨量対比 [健康]

米1合で茶碗2杯分である。その茶碗2杯でも玄米2杯と精米した白米2杯との違いを過去に調べたのだが、その基となるデータを紛失。手元にあるのは、エクセルデータでパーセンテージ(%)のみ残っているのだが、信憑性に欠けるかもしれないが、一人暮らししている娘に一日の目安として渡したいので、メモとしてこのブログにも保存。調べた際のデータの推奨量は30代女性で計算してあった。


【茶碗2杯 成分一日推奨量対比】
・カロリー(白米20%:玄米20%)
・炭水化物(白米20%:玄米24%)
・銅   (白米14%:玄米42%)
・マンガン(白米12%:玄米16%)
・亜鉛  (白米12%:玄米12%)
・タンパク質 (白米 7%:玄米 8%)
・パントテン酸(白米 7%:玄米18%)
・リン  (白米 5%:玄米20%)
・マグネシウム (白米 4%:玄米25%)
・ビタミンB1(白米 3%:玄米20%)
・ビタミンB6(白米 0%:玄米25%)
・ビタミンE  (白米 0%:玄米 9%)
・ナイアシン  (白米 0%:玄米31%)
・食物繊維(白米 0%:玄米12%)
・鉄   (白米 0%:玄米 8%)
・葉酸  (白米 0%:玄米 6%)
・カリウム(白米 0%:玄米 5%)
・脂質  (白米 0%:玄米 3%)


パントテン酸や葉酸が体の中でどんな役割をするのかも文系の私には分からないが、成分が多いだけで白米よりお得に感じるのは私だけだろうか?

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

玄米と白米 [健康]

昨日は月に一度の娘との面会日。

娘は大学生となり、一人暮らしをしているので1ヶ月前に私が作る米を玄米5キロ、白米5キロの併せて10キロ持っていった。玄米の炊き方(①5時間水に浸ける②その水は毒素を含むので捨てる③研がずに炊飯器で炊く④1時間蒸らす)と玄米と白米の成分比較表を渡した。(玄米の方が胚芽および皮に栄養素が含まれるので、白米より栄養含有データ多い数値である。玄米1合(茶碗2杯)で成人女性が一日に必要なビタミン・ミネラルの約1/4が摂れる。)

私の予想では、今まで玄米を食べつけない中で、消費割合は玄米3:白米7かなぁ・・・と予想していた。


すると・・・前日に「これだけ減った」という写真がメールで送られてきた。結果は玄米5:白米5で両方ともほぼ完食していた。白米といっても精米時に糠(ぬか)を70%付けた状態で精米したので見た目は今まで娘が元嫁と暮らしていた頃の市販の米と変わらないが、成分は市販の100%精米(糠0%)よりも70%あるので、親として「健康に生活して欲しい」願いが込められている。

昨日はサッカー日本代表の試合をラジオで聞きながら(運転しながら)帰ったが、正直言って、日本が勝ったことよりも嬉しかった。玄米の良さが分かってくれて・・・分かったのか、分からずに白米が無くなりそうだから仕方なく食べたのかは聞いていないが・・・。

これで益々今年の米作りに精が出せる。白米と玄米の成分比較はまた近いうちにお伝えします!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薄毛を考える [健康]

4歳年上の兄は、頭髪が後退し始めている。私の祖父はツルツルだったので、隔世遺伝も有り得るのは私も覚悟している。それもあり、2000年頃から気を付けていることがある。それはシャンプーで頭を洗わないことである。何かの勉強会でシャンプーの裏の成分を見てみてください…と。洗剤の成分や保存料なんかが含まれており、これが禿げる原因と学んだ。あれから18年、まだ後退していない。てか、これから後退するのかもしれない。


先日、朝何気なくテレビを見ていたら、夫の薄毛を考える番組があり、メモをした↓。

1万人の薄毛治療をしてこられた形成外科医の方が・・・「シャンプーは洗剤ですから、2・3日に一度でいいです。」とおっしゃっておられた。私の場合、シャンプーを使わずに石鹸を使っているのだが、石鹸も良い石鹸と悪い石鹸があるらしいから、今後は石鹸を買う際も氣をつけようと思う。ちなみに私の場合、シャンプーを使わずに、石鹸で泡立てて髪を洗い、保湿効果を考えてリンスはしている。


頭皮マッサージは髪によい?→×
皮脂が毛穴に詰まると薄毛になる?→×
頭が蒸れると薄毛の原因になる?→×
タバコは薄毛の原因になる?→△
ストレスは薄毛の原因になる?→△
酒は薄毛の原因になる?→△
睡眠不足は薄毛の原因になる?→△
海藻を食べると髪が太く丈夫になる?→×
男性の薄毛対策と女性の薄毛対策はホルモンの関係で違うらしいから要注意らしい。

何かのヒントにどうぞ!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

玄米に塩こしょう [健康]

最近、玄米に七味だけで食べる習慣が続いていた。ただ、この場でご紹介するには至らず、何か足らない感じだったのだ。コンビニでもシンプルな白米に塩だけの塩むすび100円が定番人気商品であることを考えると…「やっぱり塩かな?」とは感じていた。そこで近くにあった〔塩こしょう(荒挽き黒こしょう)〕を振って食べてみた!「これだ!」という感じでおかず無しで玄米に〔塩黒こしょう〕をふるだけで何杯もいける!まさに究極の幸せを発見!上杉謙信が敵将(武田信玄)に塩を送る逸話ではないが、塩が無いと人間生きていけない。自分の体内にも米と塩を与えればそれだけで満足します!まさにシンプル 伊豆 ベスト。伊豆方面はハワイからの地下マグマ連動に注意らしい。余計なお世話ですが。こちらも南海トラフの四国沖地震に要注意である。

話が反れたが、素材に感謝!素材を生み出した人々に感謝!料理を作る人に感謝、そして食べれる平和な日常に感謝である。若い頃は早く自分の役割を全うして出来るだけ早く死にたい!と思っていたが、今は日々生きるのが楽しい。特に食の発見がいろいろあるからだ!(いろいろと言っても、玄米に七味とか、玄米に塩こうじとか、玄米に塩コショウとか、玄米かソバで試行錯誤しているだけなのだが・・・)いろんなことを経験した一休和尚でさえ、臨終間際に「まだ、死にとうない!」と言ったのだとか。私もまだまだ死にとうはない!シンプルな食をまだまだ追究したい!まだ生かしてもらってるのには意味があるのだろう、ありがたい。「生かしてもらってありがたい」


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

塩こうじ [健康]

最近、母が「塩こうじ」にハマッているというので、その味を確かめた。

魚に塩こうじを塗ってしばらく置いてから焼く。ただ、それだけなのに…今まで食べたことのない、焼き魚だった!


塩こうじのパックに書いてあることを転記…

素材の旨みを引き出す塩こうじ。焼き物、煮物、和(あ)え物、炒め物などお塩の代わりに使うだけでお料理がよりおいしく仕上がります。こうじ菌が作る酵素の働きで出来た塩こうじ。酵素の力が素材の味を引き出します。
〔塩こうじの使い方〕<魚>周りにうっすら塗って30分~一晩漬け込み、軽くぬぐって調理します。<肉>周りにうっすら塗って20分~30分漬け込み、軽くぬぐって調理します。塩こうじの目安量(肉・魚)食材の重さの10%(例:100gの肉・魚に対して10g(小さじ2))、<野菜>100gにつき大さじ1~2、切った野菜にまぶし、揉みこんだ後15分程度漬けおきます。※加熱せず、そのままでもお召し上がりできます。


至って簡単!ただ、まぶした後しばらく置くのがポイントのようだ。私の場合、炊きたての玄米に塗って試してみた!もうおかずが要らない!と感じた。simple is best! まさに玄米の素材の味が楽しめる!

しばらく私もハマりそうだ…「幸せ」ってものすごく身近にあるんだなぁ…


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感