So-net無料ブログ作成

戦前と戦後の食べ物 [健康]

「つけ麺大盛」と「牛乳」を飲んだ時だけ、お腹がゆるくなるという知人がいる。


そこで議論している中で、「小麦」「牛乳」も戦後食べ始めた訳ですからね~という話になった。

武田教授の話によると体内で新規の食べ物を分解する酵素を作るのに1万年かかるという話もあった。なので私たちがアメリカ人やヨーロッパ人なら「パン」と「牛乳」を飲んでも食べても大丈夫なのだろうが、私たちは日本人なので「お米」「お茶」なのだ。

小学校の給食の時、ご飯と牛乳が出て「どういう組み合わせなんや?」とその知人は感じていたそうな。私の親は戦前生まれ戦後育ちである。だから親の食べ物は参考にならなかったりもする。何故なら戦後、日本人の食は大きく変わり、糖尿病患者が右肩上がりに増え続けているからだ。

私が6年前に痛風になった際、70代医師より「昭和30年代の食べ物にしなさい!」と言われたが、もうその時代の食べ物も戦後の食べ物で参考にならないと思われる。

祖父母の時代に何を食べていたのか?飲んでいたのか?米・野菜・味噌・漬物・卵・大豆・そば・そば湯・お茶・甘酒・日本酒・焼酎…etcと思いを馳せてみる。

それプラスの知識として、戦後、肉を食べるようになり長生きになったらしいから「鶏肉」「豚肉」を追加したい。「牛肉」は私は極力ノーサンキューだ。理由はまたいつか説明したい。それと我が家で最近見直されているのが「豆乳」だ。牛乳を飲みたいと思ったら、その時は豆乳。牛乳にカルシウムが多く含まれるが、骨を作るのにはそれプラス、マグネシウムが必要なんだとか。豆乳には両方含まれるので切り替えた。恐らく豆乳も戦前からの飲み物なのではないだろうか?それに比べ牛乳は戦後普及した???


この70年で日本人の食は大きく変わり、それと共にいろんな病気も出て来たのではないだろうか?三度三度の食事は十分に気をつけたい!と知人との会話で改めて感じた次第である。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

未来に楽しみを設定する [健康]

ベトナム人は「明日は今日よりもきっと明るい!」と信じている民族なのだそうだ。


終わってしまった昨日までの出来事でクヨクヨしたり、後悔するのではなく、明日が明るいと想像することで、今が明るくなるし、今日ががんばれる。今週末山口県で1日あたり2万人規模の音楽フェスが3日間開催されるが、それに家族で参加する知り合いは、その楽しみがあるから今週仕事ががんばれる!とおっしゃっておられた。

2カ月後に友人とヘビメタライブに行くことになった!1年半ぶりのヘビメタライブで、もう今から楽しみで楽しみで仕方ない。それまでセットリストを予想したり、今まで発売された楽曲を予習したりと、日々も充実してくるので辛い仕事も苦にはならない。


私の父は競艇をやるのだが(目の前が競艇場)、最終日のレース結果を次の開催日(だいたい1週間後とか)まで知らずに待つのが楽しみらしい。私なら、すぐに結果を知りたいし、今のご時世ネットでレース後には結果を知ることが出来る。しかし、次の開催日初日の出走表(前回最終日のレース結果記載)をもらうまで楽しみに待つらしいのだ。それまでの1週間・・・「当たってたら配当はいくらだろうか?」「当たってたら何しようかな?」とかワクワクしながら日々過ごせる。数年前に病気になった父が今でもこうして元気に過ごせるのは、そんな競艇のお陰だと私は信じている。まさに武田教授の推進する「ギャンブル礼賛、医者知らず」番組の通りだ。


音楽も競艇もお金が掛かる一方だが、それで楽しみや寿命を買うのだから安いものだ!


未来はきっと明るい!私もそう信じたい!

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

熱中症対策 [健康]

熱中症の疑いで昨日も全国で21人が亡くなったそうな。


水分をこまめに取りましょう!というが、対策としては優先順位の第3番目らしい。


まず①水(冷たい)を浴びる、出来なければ、冷やしたペットボトル二本を脇に抱えるだけでも効果あり。血流を冷ますのが先決らしい。体温が36度とかなのに、接する空気が35度とか(車内は50度とかなるのに、赤ちゃんを放置させて死なせた事件もおとといあり、自分が無知であることを知ることである!「無知の知」これこそが人生最大の目的であるとも聞いたことがある。)何が今、身の回りで起きているのか?察知するべきである。これこそ、動物的感覚の復活。今こそ覚醒せよ!私も過去に経験がある、このままでは死ぬな!?とにかく冷たいシャワーを浴びよう!とか直観で感じるのである。まさに「フォースを信じるろ!」である。


②は何もしない。木陰やエアコン下で休むとか横になる。


③がやっとこさ、水分を摂るという動作らしい。水分をこまめに摂っていても熱中症で死んだら、NHKやTV局は責任をとってくれるのか?そんなことを日本人なら要求や裁判も起こさないが、TVの言うことだけを信じていては昨年の豪雨災害(山口県でも死者あり)の二の舞になる。


日々学んでいきましょう!


やはり死んだら即、終わりである。健康で元気で長生きして、お金の範囲内でしたいことをして生きましょう!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

栄養学とガン [健康]

やはり、栄養学は大事だなぁ…と感じた。私の身近な人ががんになった。以下の話を聞いてもらいたいなぁと思った。抗がん剤は増がん剤!低体温・ブドウ糖・食事(栄養)が原因にあるとのこと。何回も聞かないと頭に入らなくなってきたが・・・【玄米】【にんじん】が大事、甘いものを避ける!…が今日の私の頭の中を支配している。汗をかくぐらい体温を上げる!熱い風呂に入る。やはり、以前から武田教授が科学的解説をされておられた話に行き着くのだなぁ・・・。現代医学のベルトコンベアーに乗らない乗せられないようにしたい。

宗像久男先生【ガン患者の本当の治し方】https://www.youtube.com/watch?v=h2lypOfWr_8

宗像久男先生【薬はなくてもがんは消える!~食事と習慣で治すがん】https://www.youtube.com/watch?v=gnYj_FEp7BU

宗像久男先生【病は気から!治療も気から!?~メンタルからがんを治す】https://www.youtube.com/watch?v=_EbBXUgts6Y

この先生は30代で病気をされ栄養学を学ばれ、47歳でお医者さんになったのだとか!?武田教授がおっしゃる現在の医者は栄養学を学ばずに医者になるのとは真逆なので興味深い経歴をお持ちである。二人に一人ががんに成り、三人に一人ががんで亡くなる日本社会。とにかく自分で学んでいきましょう!

その生活がガンなのです

その生活がガンなのです

  • 作者: 宗像久男
  • 出版社/メーカー: トランスワールドジャパン
  • 発売日: 2017/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ガンは5年以内に日本から消える! ー症状を抑える「対症療法」から原因を治す「原因療法」へー (経済界新書)

ガンは5年以内に日本から消える! ー症状を抑える「対症療法」から原因を治す「原因療法」へー (経済界新書)

  • 作者: 宗像 久男
  • 出版社/メーカー: 経済界
  • 発売日: 2012/12/15
  • メディア: 新書

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

花粉症は治るのか? [健康]

周囲の花粉症の人が「鼻がムズムズしてきた!」「そろそろ来たかも?」という話を聞いた。私は今のところ花粉症では無いのでどこ吹く風なのだが、「ある日突然なるよ!」と毎年脅されてきたので、検索してみたら面白いものに出会ったので以下ご紹介。とどのつまりは「食べ物」によるとのことである。


【なぜ花粉症になるの?病院、製薬会社が知られたくない花粉症の原因と対策】


【2週間で花粉症が改善!誰でもできる超簡単で超効果的できる】



①小麦②乳製品③トランス脂肪酸を取らないという結論である。トランス脂肪酸は「マーガリン」が代表的だが、植物油脂とかショートニングというものが含まれる加工物は要注意らしい。菓子パン、ポテトチップス、カップ麺、ファーストフードには含まれている。これらはわかりやすく言うとプラスチックが体内に入ってくるので排泄しにくくなる。花粉の排泄まで間に合わないらしい。それを薬で排泄を抑えるので悪循環になる。

花粉症の人に聞くと…パンは食べるし、牛乳も飲むし、ポテチも食べる。「そりゃぁなるわぁ…」というのが上記のyoutubeを聞いた上での感想である。長年の習慣を変えるのは難しいとは思うが、花粉症と付き合うなら現状維持の食生活でもその人の人生だし、花粉症に悩まされないなら挑戦するしかない。すべては自分が何を食べるかで人生は決まっている!

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感